人生にゲームをプラスするメディア

スマホで5億ダウンロード『Candy Crush Saga』のKing.com、上場は来年か

日本国内でのテレビCMも開始され、ますます人気を高めそうなパズルゲーム『Candy Crush Saga』。

ゲームビジネス 市場
Candy Crush Sageのゲーム画面
  • Candy Crush Sageのゲーム画面
  • King.comのウェブサイト
日本国内でのテレビCMも開始され、ますます人気を高めそうなパズルゲーム『Candy Crush Saga』。

2012年4月にFacebookで登場した後、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンでもリリース。同じ色の宝石を3つ繋げて消していく、中毒性の高いスリーマッチパズルとして世界中を席巻。これまでのダウンロード数は5億回を超えているといいます。

本作を開発したのは英国のKing.com。同社は2003年に設立され、PCブラウザで遊べるブラウザゲームサイト「Royal Games」を運営していましたが、Facebookのオープン化の波に乗りソーシャルゲームに参入。2012年の『Candy Crush Saga』で一躍世界的なデベロッパーとなりました。

これだけの成功を収めている同社ですから、次は上場か? というと少し慎重なです。英国のテレグラフは年内上場はなく、来年になると報じています。その理由として挙げられているのは『Candy Crush Saga』の異常なまでの成功。

同じくFacebookのソーシャルゲームで成功し上場した米ジンガは、『ファームビレ』や『シティビレ』に続くヒットを生み出せず、赤字から抜けだせず株価も低迷したまま。ヒット作に依存するゲーム会社が上場し評価を受けるためには、安定的にヒット作を生み出す能力を示す必要があります。1タイトルのみで上場するのは危険という判断のようです。

King.comではFacebookで提供中の『Farm Heroes Saga』を来年にもスマートフォンでも展開すると発表。『Candy Crush Saga』に続くヒットとなるか、注目されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  2. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

    プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  3. 『マインクラフト』生みの親、VRとボクセルアートを組み合わせた「Unmandelboxing」を発表

    『マインクラフト』生みの親、VRとボクセルアートを組み合わせた「Unmandelboxing」を発表

  4. ゲームソフト売り上げ速報 ピクミン2が9.5万本で首位!

  5. 任天堂、ロゴを変更?

  6. e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表

  7. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  8. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

  9. 任天堂ミュージアム−任天堂オブアメリカ総本山の博物館

  10. 『スペランカー』『ロードランナー』などのTozaiが日本法人を設立・・・『みんなでスペランカー』をアイレムから移管

アクセスランキングをもっと見る