人生にゲームをプラスするメディア

ピアノで奏でる『ニーア』『無限回廊』『FF』の調べ、作曲家自らが演奏を行った「ピアノレストラン 2nd Concert」レポート

その他 全般

ピアノで奏でる『ニーア』『無限回廊』『FF』の調べ、作曲家自らが演奏を行った「ピアノレストラン 2nd Concert」レポート
  • ピアノで奏でる『ニーア』『無限回廊』『FF』の調べ、作曲家自らが演奏を行った「ピアノレストラン 2nd Concert」レポート
  • ピアノで奏でる『ニーア』『無限回廊』『FF』の調べ、作曲家自らが演奏を行った「ピアノレストラン 2nd Concert」レポート
  • ピアノで奏でる『ニーア』『無限回廊』『FF』の調べ、作曲家自らが演奏を行った「ピアノレストラン 2nd Concert」レポート
  • ピアノで奏でる『ニーア』『無限回廊』『FF』の調べ、作曲家自らが演奏を行った「ピアノレストラン 2nd Concert」レポート
  • ピアノで奏でる『ニーア』『無限回廊』『FF』の調べ、作曲家自らが演奏を行った「ピアノレストラン 2nd Concert」レポート
  • ピアノで奏でる『ニーア』『無限回廊』『FF』の調べ、作曲家自らが演奏を行った「ピアノレストラン 2nd Concert」レポート
  • ピアノで奏でる『ニーア』『無限回廊』『FF』の調べ、作曲家自らが演奏を行った「ピアノレストラン 2nd Concert」レポート
  • ピアノで奏でる『ニーア』『無限回廊』『FF』の調べ、作曲家自らが演奏を行った「ピアノレストラン 2nd Concert」レポート
2083は、ランドーマークホールにて「ピアノレストラン 2nd Concert」を開催しました。

「ピアノレストラン」とは、シンプルながら楽曲本来のメロディやハーモニーをはっきりと感じられる「ピアノ」を主体としたゲーム音楽コンサートシリーズ。第1回では、シンセサイザー、エレクトーン、ハモンドオルガン、ピアノという4種類の鍵盤楽器が一堂に会する演奏会が行われました。

第2回となる今回は、ゲーム音楽の作曲家である谷岡久美氏、坂本英城氏、数多くのゲーム音楽の演奏や編曲に携わる中山博之氏の3名がピアノを披露。それぞれの活動にスポットライトをあて、3幕形式のクラシカルな演奏会となりました。

トップバッターは赤いドレス姿の谷岡氏です。緊張感ある静けさのなか、情緒豊かに『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』の「Memories of Ring of Fates(ピアノメドレー)」がスタート。作:岡部哲一氏、編:谷岡久美氏という『ピアノ・コレクションズ ニーア ゲシュタルト & レプリカント』の「光ノ風吹ク丘」では、岡部氏が作る楽曲に感銘を受けた谷岡氏はすぐさまサウンドトラックを購入し、その後にピアノアレンジの依頼が来たという話も飛び出しました。

二部の坂本氏は、ヴァイオリンの尾池亜美さんとチェロの内田佳宏さんを加えてのトリオで登場。まず披露されたのは『無限回廊』から「Prime #7」でした。バロック調の技巧的な曲だけあって、それぞれが持つ音がしっかりと噛み締められる空間が広がっていたのがトリオならでは。中間部からは音が寄り添い3人とは思えない見事なハーモニーが広がっていました。インストでは初演となる『TIME TRAVELERS』の「The Final Time Traveler」について坂本氏は、「自分が作っているのに曲と出会っている感覚がある、それがこの曲」と感慨深く語り、今回の演奏を務めるにあたって初めて聞いた尾池さんも「弾きながら泣いちゃったらどうしよう」と語ります。

トリを務めるのは、すべて『FINAL FANTASY』からの楽曲をチョイスした中山博之氏。コンサートホールでピアノ一台という状況に非常に緊張されていた中山氏はMC中、「坂本さんはいいなあ」とぽつりともらし会場の笑いを誘っていました。話は『FF』といえばの作曲家・植松伸夫氏とのコンサートツアーにわたり、最後には「……ですが、今日はひとり。きっとどこかで植松さんも見守っていてくれていると思います(※植松氏はホノルルにて自身のバンドのLIVEツアー中)」としみじみとつぶやき再び会場をドッと笑わせていました。

とはいえ、シッカリとした旋律とタッチが印象的な中山氏のピアノ。ゲーム音楽といえばのメロディを重視した編曲も印象的です。ピアノは変わらずとも三者三様、ひとつひとつの音の長さやタッチ、和音のバランス、それらすべてが合わさって奏者の表情として現れるため、ここにきて3幕それぞれ受ける印象がまったく違うことを感じるばかり。「魔導師ケフカ」での高音部では、ピアノとは思えない音が飛び出しケフカらしさが見事に表れていました。

アンコールでは、椅子を持った谷岡氏と中村氏がトテトテと入場してきたものだから会場は「?」状態。が!そのあとすぐ会場からドッと笑いが。2人に続いて出てきたのは角とマント姿の坂本氏、「僕も」という感じでピアノに近づくも中山氏になだめられすごすごと帰っていく姿に哀愁が漂います。「見なかったことにしてください」と中山氏が言うと、谷岡氏と中山氏による連弾で『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』の「勇者の挑戦」がスタート。再び現れた坂本氏によるゾーマ戦パフォーマンスが加わりスペシャルバージョンでおくられました。途中からは3人6手の連弾となり、そのまま「そして伝説へ」が演奏され、惜しみない拍手が続くなか終演となりました。

■セットリスト
第一部:谷岡久美(Piano)
・Memories of Ring of Fates(ピアノメドレー)/『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル・リングオブフェイト』
・メインテーマメドレー、You Always Make Me Happy!/『ラグナロク オデッセイ エース』
・光ノ風吹ク丘/『ピアノ・コレクションズ ニーア ゲシュタルト & レプリカント』
・星月夜/『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』
・Awakening/『FINAL FANTASY XI』

第二部:坂本英城(Piano)、尾池亜美(Violin)、内田佳宏(Cello)
・Prime #7/『無限回廊』
・手紙/『428 ~封鎖された渋谷で~』
・怪獣が出る金曜日・ラストテーマ/『怪獣が出る金曜日』
・ウタカタ、鬼討ツモノ/『討鬼伝』
・The Final Time Traveler/『TIME TRAVELERS』

第三部:中山博之(Piano)/『PIANO OPERA FINAL FANTASY』から出演
・トロイア国/『FINAL FANTASY IV』
・街メドレー/『FINAL FANTASY I~III』
・グルグ火山/『FINAL FANTASY I』
・魔導士ケフカ、幻獣を守れ!/『FINAL FANTASY VI』
・はるかなる故郷、ビッグブリッヂの死闘/『FINAL FANTASY V』

アンコール1:中山 博之
・プレリュード~オープニング・テーマ/『FINAL FANTASY』
アンコール2:谷岡久美、坂本英城、中山 博之
・勇者の挑戦~そして伝説へ/『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『星のカービィ スターアライズ』無料アップデート第2弾決定、『モンハン:ワールド』「絆を深めよう! 粉塵セット」配信、Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース…など(5/18)

    【昨日のまとめ】『星のカービィ スターアライズ』無料アップデート第2弾決定、『モンハン:ワールド』「絆を深めよう! 粉塵セット」配信、Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース…など(5/18)

  2. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】旦那のゲームがじゃますぎる

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】旦那のゲームがじゃますぎる

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』「一番好きな日本刀使いは誰?」結果発表、 『スプラトゥーン2』「ハローキティ vs シナモロール」インサイド読者はキング派多め、ファミコン、メガドラ、NEOGEOなど「あなたが欲しい“ミニ”は?」…など(5/19)

  4. ゲーム機に特化した便利ラックが発売!収納、排熱、配線管理全てこれ1台で解決

  5. 最新情報を公開する「NEOGEO mini オンライン発表会」を開催! 気になる質問の募集も開始

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. アメトーーク!で「HUNTER×HUNTER芸人」実現! キスマイ宮田俊哉ら魅力を熱弁

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る