人生にゲームをプラスするメディア

ソニー、ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T3」シリーズを11月23日に発売 ― 8日から予約開始

その他 全般

上位モデルでディスプレイ部とプロセッサー部がワイヤレスの「HMZ-T3W」
  • 上位モデルでディスプレイ部とプロセッサー部がワイヤレスの「HMZ-T3W」
  • 下位モデルの「HMZ-T3」
 ソニーは7日、ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T3」シリーズの発売を11月23日から行うと発表した。予約受付は8日から開始する。

 「HMZ-T3」シリーズは、ヘッドマウントディスプレイ部とコンテンツを供給するプロセッサー部とで構成。上位モデルでワイヤレスモデルの「HMZ-T3W」はWireless HD対応で、このディスプレイ部とプロセッサー部とをワイヤレスで接続する。下位モデルの「HMZ-T3」は有線となる。予想実売価格は「HMZ-T3W」が100,000円前後、「HMZ-T3」が80,000円前後。

 ディスプレイ部は1,280×720ピクセルの有機ELパネル×2を搭載。750型相当の仮想ワイドスクリーンでスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器と接続して、インターネット動画などのコンテンツを楽しめる。今回新たにバッテリユニットが追加され、外出先などでも動画を楽しめるようになった。バッテリは、満充電の場合で連続動作時間は約3時間(MHLケーブル接続時)。

 本体サイズはディスプレイ部が幅189mm×高さ148mm×奥行270mm、バッテリユニット部が幅80mm×高さ26mm×奥行119mm、プロセッサユニット部が幅150mm×高さ31mm×奥行107mm。

ソニー、ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T3」シリーズを11月23日に発売……8日から予約開始

《関口賢@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  2. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

    【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

  3. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

    バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  4. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  5. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  6. 「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. どのシチュが好み?「#イーブイとデートなうに使っていいよ」が開催中―抽選50名にしっぽクッション、内1名はイーブイが直接手渡し!

  9. 『FGO』ジャンヌ・ダルク、気高き聖女をフィギュア化! 高潔、可憐な姿を1/7スケールで

アクセスランキングをもっと見る