人生にゲームをプラスするメディア

ガンホー、平成26年3月期第2四半期決算を発表 ― 営業利益が2741%増となるものの、PCオンライン事業は減少傾向に

ゲームビジネス その他

ガンホー・オンライン・エンターテイメント
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント
ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、平成26年3月期第2四半期の業績を明らかにしました。

モバイルコンシューマ事業は『パズル&ドラゴンズ』が順調に推移し、『ケリ姫スイーツ』や『ディバインゲート』など『パズル&ドラゴンズ』に続くゲームタイトルが揃ってきました。またコンシューマ向けには、『マインド/ゼロ』『Killer is Dead』『ラグナロク オデッセイ エース』をリリースしました。

■業績
営業利益:685億1500万円(前年同期比 2,741.1%増)
経常利益:686億7100万円(同 2,673.8%増)
当第3四半期連結累計期間の売上高:116,261百万円(前年同期比893.7%増)
四半期純利益:42,617百万円(同1,412.5%増)

■セグメントの状況
・PCオンライン事業
売上高:47億2200万円(前年同期比21.6%減)
セグメント損失(営業損失):2億6200万円(前年同期はセグメント利益(営業利益)11億9900万円)

・モバイルコンシューマ事業
売上高:1116億8200万円(前年同期比1,804.8%増)
セグメント利益(営業利益):697億4500万円(同3,787.2%増)


一方でPCオンライン事業では、『ラグナロクオンライン』『エミル・クロニクル・オンライン』を中心に事業を展開。しかし、スマートフォン市場の急拡大や、携帯型家庭用ゲーム機のオンライン化が進むとともに、ゲームユーザーのライフスタイルの変化。それにより、前四半期に引き続いてユーザーがPC以外の端末へ移行する動きが見られ、売上高は減少傾向にあるようです。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

    日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  3. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  4. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  5. 2017年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  7. 【GDC 2013 報告会】初のサミット開催、ストーリーとナラティブの違いとは?・・・簗瀬洋平氏

  8. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  9. モブキャスト、水口哲也氏のエンハンス・ゲームズに追加出資

  10. VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

アクセスランキングをもっと見る