人生にゲームをプラスするメディア

アンリアル・エンジン4、次世代モバイルへの対応・・・「Unreal Japan News」第75回

2013年7月に開催されたSIGGRAPH2013において、Epic GamesはNVIDIA製次世代モバイルプロセッサー「Logan」上で稼働するアンリアル・エンジン4を発表しました。

ゲームビジネス その他
アンリアル・エンジン4、次世代モバイルへの対応・・・「Unreal Japan News」第75回
  • アンリアル・エンジン4、次世代モバイルへの対応・・・「Unreal Japan News」第75回
  • アンリアル・エンジン4、次世代モバイルへの対応・・・「Unreal Japan News」第75回
  • アンリアル・エンジン4、次世代モバイルへの対応・・・「Unreal Japan News」第75回
2013年7月に開催されたSIGGRAPH2013において、Epic GamesはNVIDIA製次世代モバイルプロセッサー「Logan」上で稼働するアンリアル・エンジン4を発表しました。

Loganプロジェクトの注目すべきポイントは、元々は最新PC向けGPUで使用されていたグラフィクス・アーキテクチャーであるKeplerをベースにしているという点です。

これまでに発表されてきた「エレメンタル」や「インフィルトレーター」といったアンリアル・エンジン4の技術デモは、Keplerアーキテクチャーの上で2.5テラフロップスというハイパフォーマンスを活用して制作されてきました。
さらにKeplerはOpenGL 4.4フィーチャーセットをサポートしているため、PCゲームや次世代ゲーム機で見られるようなDirectX11準拠のハイエンド・グラフィックを可能にするハードウェアパフォーマンスをモバイルデバイス上にもたらすことになります。

この結果、ゲーム開発者はハイエンドゲームの制作・頒布を行う際、今まで以上の選択肢が考えられるようになりました。その対象はタブレットからスマートフォン、Windows、Mac、PlayStation4やXbox Oneと、非常に多岐に渡ります。NVIDIAのハードウェア・テクノロジーにより、最新のアンリアル・エンジンを使用している開発者にとってマルチプラットフォーム戦略の一部に「モバイルデバイス」という選択肢が加わります。

アンリアル・エンジン3がPCやコンソール、モバイル向けに既に多くのハイクオリティ・ゲームの開発に使用されている一方で、アンリアル・エンジン4はそのパワフルかつスケーラブルなツールセットを通じ、次世代機向けの未来のゲーム開発のために一層の進化を遂げています。

NVIDAとEpicがLoganとアンリアル・エンジン4によって提供する技術は、ハイエンドPCゲームとモバイルゲームのギャップを埋める存在となるでしょう。PCゲームの開発に使用されている技術やパワフルなツール類を使用してモバイルゲームが制作される時が、近い将来訪れるはずです。

今年のSIGGRAPHでは、Epic Gamesのシニア・グラフィック・プログラマーBrian Karisが2K GamesやAutodesk, Pixar Animation Studios, Ready at Dawn Studios, Sony Picture Imageworks, Treyarch Studios, Ubisoft Entertainmentの技術者とともに 「物理ベースシェーディングの理論と実用」と題した講演を行いました。
講演のスライド(英文)はunrealengine.com/resourcesでご覧いただけます。

最後にEpic Gamesからの動画コンテンツのお知らせです。
Epic GamesではTwitch TV上に専用のチャネルを設け、アンリアル・エンジンの技術に御興味をお持ちの方がご覧いただけるコンテンツの配信を開始しました。

twitch.tv/unrealengine では、ライブでのチュートリアル、ツールのウォークスルー、新機能デモ等々をご提供してまいります。
Epic Gamesのシニア・テクニカル・ライターであるZak Parishによる「UDK: An Introduction to Level Streaming」と「Creating Mobile Games With UDK」等のプログラムが既に公開されています。

アーカイブ化されたコンテンツは、上記のTwitchチャンネルの他、youtube.com/unrealengineでもご覧いただけます。
これらのビデオコンテンツのうち、「インサイド・アンリアル」と呼ばれるものには日本語字幕つきもご用意しております。下記をご参照ください。
《編集部》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【GDC2010】「物理演算によるアコースティックレンダリング」で音を作り出す挑戦・・・『ファイナルファンタジーXIII』

    【GDC2010】「物理演算によるアコースティックレンダリング」で音を作り出す挑戦・・・『ファイナルファンタジーXIII』

  2. USJのVRジェットコースター「XRライド」がヤバ過ぎる…レールのない空間を走り、前振りなく急落下する

    USJのVRジェットコースター「XRライド」がヤバ過ぎる…レールのない空間を走り、前振りなく急落下する

  3. 【CEDEC 2011】存在感が高まるソーシャルゲーム

    【CEDEC 2011】存在感が高まるソーシャルゲーム"パブリッシャー"~6wavesが語る

  4. テイクツー、第1四半期は『マックスペイン3』など苦戦・・・デジタル分野を強化へ

  5. モブキャスト、第3四半期は新作効果で好調・・・スポーツゲーム専門プラットフォームを強化

  6. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  7. 【GDC 2015】『サマーレッスン』などのVRを体験できる、SCEの「Project Morpheus」発売は2016年上半期に…新型試作機も発表

  8. バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入

  9. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  10. 【CEDEC 2010】『金色のコルダ2f(フォルテ)』の多面展開とは?コーエー園部氏が語る成功の理由

アクセスランキングをもっと見る