人生にゲームをプラスするメディア

『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』、Wii U含むマルチプラットフォームでKickstarter開始

あの下品なレトロアクションゲーム『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』が、PS4、Wii Uなどマルチプラットフォームリリースを目指すKickstarterを開始しています。

任天堂 Wii U
『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』、Wii U含むマルチプラットフォームでKickstarter開始
  • 『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』、Wii U含むマルチプラットフォームでKickstarter開始
  • 『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』、Wii U含むマルチプラットフォームでKickstarter開始
  • 『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』、Wii U含むマルチプラットフォームでKickstarter開始
  • 『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』、Wii U含むマルチプラットフォームでKickstarter開始
あの下品なレトロアクションゲーム『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』が、PS4、Wii Uなどマルチプラットフォームリリースを目指すKickstarterを開始しています。

『ブーガーマン』は海外のメガドライブ「GENESIS」の横スクロールアクションゲーム。タイトルのブーガー(booger)というのは「鼻くそ」という意味があり、ジャンプ攻撃のほかに、鼻くそやゲップ、オナラを武器にして戦うことができます。下品でおバカな世界観ながらゲームプレイ自体の評価は高く、『Fallout』や『Earthworm Jim』などを手掛けるInterplayが開発をつとめていました。

その20周年記念リメイク作となるのが『Boogerman 20th Anniversary』。ゲームは「鼻くそ村」「鼻腔の洞窟」「膿の宮殿」などの名がついた全18ステージで、36のボーナスエリアと6体のボスが登場。オリジナル版のスタッフが集結し、グラフィックは当時の面影を残しながらも、滑らかなで現代風にHD化。サウンドは『パーフェクトダーク』などで知られるGrant Kirkhope氏が新しく書き下ろすということです。



最低目標額は375,000ドルで、期間は10月16日から11月20日まで。対象プラットフォームはPS4、PS Vita、Wii U、PCとなっています。Kickstarterキャンペーンはまだ開始されたばかりで、ストレッチゴールは殆ど開示されていませんが、資金援助の進捗も含めて更新が楽しみです。
《Ami》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

    『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  2. 『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

    『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

  3. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  4. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  6. 「とびだせ どうぶつの森 amiibo+ どうぶつずかん」20日発売!『ポケ森』にも登場するどうぶつたちが大集合

  7. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  8. このピンボールはセクシーかつストイック!?スイッチ『PEACH BALL 閃乱カグラ』プレイインプレッション

  9. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  10. 『スマブラSP』に『ペルソナ5』のジョーカーが追加コンテンツとして参戦!【TGA 2018】

アクセスランキングをもっと見る