人生にゲームをプラスするメディア

『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』、Wii U含むマルチプラットフォームでKickstarter開始

あの下品なレトロアクションゲーム『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』が、PS4、Wii Uなどマルチプラットフォームリリースを目指すKickstarterを開始しています。

任天堂 Wii U
『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』、Wii U含むマルチプラットフォームでKickstarter開始
  • 『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』、Wii U含むマルチプラットフォームでKickstarter開始
  • 『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』、Wii U含むマルチプラットフォームでKickstarter開始
  • 『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』、Wii U含むマルチプラットフォームでKickstarter開始
  • 『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』、Wii U含むマルチプラットフォームでKickstarter開始
あの下品なレトロアクションゲーム『ブーガーマン』のHDリメイク作『Boogerman 20th Anniversary』が、PS4、Wii Uなどマルチプラットフォームリリースを目指すKickstarterを開始しています。

『ブーガーマン』は海外のメガドライブ「GENESIS」の横スクロールアクションゲーム。タイトルのブーガー(booger)というのは「鼻くそ」という意味があり、ジャンプ攻撃のほかに、鼻くそやゲップ、オナラを武器にして戦うことができます。下品でおバカな世界観ながらゲームプレイ自体の評価は高く、『Fallout』や『Earthworm Jim』などを手掛けるInterplayが開発をつとめていました。

その20周年記念リメイク作となるのが『Boogerman 20th Anniversary』。ゲームは「鼻くそ村」「鼻腔の洞窟」「膿の宮殿」などの名がついた全18ステージで、36のボーナスエリアと6体のボスが登場。オリジナル版のスタッフが集結し、グラフィックは当時の面影を残しながらも、滑らかなで現代風にHD化。サウンドは『パーフェクトダーク』などで知られるGrant Kirkhope氏が新しく書き下ろすということです。



最低目標額は375,000ドルで、期間は10月16日から11月20日まで。対象プラットフォームはPS4、PS Vita、Wii U、PCとなっています。Kickstarterキャンペーンはまだ開始されたばかりで、ストレッチゴールは殆ど開示されていませんが、資金援助の進捗も含めて更新が楽しみです。
《Ami》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

    『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

  2. 仕事が早い!海外DIY系YouTuberが「クッパ姫」改造Amiiboの制作ムービーを披露

    仕事が早い!海外DIY系YouTuberが「クッパ姫」改造Amiiboの制作ムービーを披露

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  5. 『オクトパストラベラー』公式小説集の企画進行中─ツイッターで「読みたいペア」を募集!?

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  8. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る