人生にゲームをプラスするメディア

【ノーコン・キッドのゲームを現行機で遊ぼう!】第3回に出てきた『パックマン』はGoogleさえ食べ尽くした

その他 全般

パックマン
  • パックマン
  • 有名なポーズの「パックマン」
  • ファミコン版『パックマン』パッケージ
話題沸騰中のテレビ東京系ドラマ「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」。その第3回に登場したゲーム『パックマン』は、現行のハードでも手軽にプレイすることが可能です。

『パックマン』は、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)より1980年にアーケードに登場したアクションゲームです。方向レバーのみで操作するカジュアル性と、迷路上のすべてのクッキーを食べ尽くすというシンプルなルール、かわいいキャラクターが性別問わず世界中で人気を呼び、あの『スペースインベーダー』に続く、ゲームセンターでの大ヒットタイトルになったとも言われています。

1984年にファミコンに移植された以外にも、数々のハードに移植版が登場。オリジナルの移植版やアレンジ版、「パックマン」をモチーフにした新作ゲームや、「パックマン」が登場するゲームは今も尚発売され続けています。

移植タイトルの数は、第1回でご紹介した『ゼビウス』以上。誰でも必ずプレイできる『パックマン』が見つかるはずです。2013年現在において現役と言えるすべてのハード、更にはスマートフォン、あるいはもっと手軽な形でもプレイすることが可能なので、興味がある方はぜひ以下の一覧を参考にしてみてください。


【Wii U】
■『パックマン』(Wii U バーチャルコンソール)
価格:500円(税込)
形態:ダウンロードソフト
配信サービス:ニンテンドーeショップ
公式サイト:http://www.nintendo.co.jp/wiiu/software/vc/farj/index.html

ファミコン版を再現。Wii U GamePad単体でのプレイも可能です。



【ニンテンドー3DS】
■『パックマン』
価格:500円(税込)
形態:ダウンロードソフト
配信サービス:ニンテンドーeショップ
公式サイト:http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/vc/ta6j/

ファミコン版を再現。切り替え機能によって1台で2人プレイも可能です。

■『パックマン&ギャラガ ディメンションズ』
価格:5,040円(税込)
形態:パッケージソフト
公式サイト:http://p-g.namco-ch.net/

3D立体視で当時の筐体を再現した『パックマン』や、アレンジバージョンなどを収録。



【Wii】(Wii Uでもプレイ可)
■『パックマン』(バーチャルコンソール)
価格:500Wiiポイント
形態:ダウンロードソフト
配信サービス:Wiiショッピングチャンネル
公式サイト:http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/vc_pm/index.html

ファミコン版を再現しています。



【PlayStation 3】
■『ナムコミュージアム.comm』
価格:1,200円(税込)
形態:ダウンロードソフト
配信サービス:PlayStation Store
公式サイト:http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/download/ps_home/

ナムコの往年の名作を収録したバラエティソフト。アーケード版『パックマン』が収録されています。また、PlayStation Homeとの連動機能もあります。



【PSP / PS Vita】
■『ナムコミュージアム』
価格:パッケージ版 2,800円(税込) ダウンロード版 2,500円(税込)
形態:パッケージソフト/ダウンロードソフト
配信サービス:PlayStation Store
公式サイト:http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/nm_psp/index.php

ナムコブランドのアーケードゲームやアレンジタイトルを収録したバラエティソフト。アーケード版『パックマン』が収録されています。ダウンロード版は、PlayStation Vitaでもプレイすることができます。



【Xbox 360】
■『ナムコミュージアム バーチャルアーケード』
価格:4,179円(税込)
形態:パッケージソフト
公式サイト:http://namco-museum-va.namco-ch.net/

ナムコブランドのタイトルを合計32本収録したバラエティソフト。アーケード版『パックマン』が収録されています。



【iOS】
■『NAMCO ARCADE』
価格:基本プレイ無料アイテム課金制
形態:ダウンロードソフト
公式サイト:http://www.bandainamcogames.co.jp/mobile/app.php?id=766

ナムコブランドの往年のアーケードゲームを9タイトルの中から1日1回好きなタイトルを無料で遊ぶことができます。別途課金することで何度もプレイすることが可能になります。アーケード版『パックマン』が収録されています。




【Android】
■『パックマン』
価格:「auスマートパス」月額390円(税込)
形態:ダウンロードソフト
公式サイト:http://www.bandainamcogames.co.jp/mobile/app.php?id=788

アーケード版『パックマン』が再現されているほか、スマートフォンならではの操作体系にも対応しています。



【Kindle Fire】
■『PAC-MAN -LITE-』
価格:基本無料 追加課金式
形態:ダウンロードソフト
公式サイト:http://www.bandainamcogames.co.jp/mobile/app.php?id=883

アーケード版『パックマン』が再現されているほか、タブレットならではの操作体系にも対応。無料で2ステージプレイすることができ、ゲーム内で製品版を購入することで全ステージがプレイできるようになります。



【Kindle Fire HD】
■『PAC-MAN HD (Kindle Tablet Edition)』
価格:250円(税込)
形態:ダウンロードソフト
公式サイト:http://www.bandainamcogames.co.jp/mobile/app.php?id=884

アーケード版『パックマン』が再現されているほか、タブレットならではの操作体系にも対応しています。



また、オリジナルとはちょっと違う方向でこんな『パックマン』も存在します。


【PCブラウザ】
■『30th Anniversary of PAC-MAN』
価格:無料
形態:ブラウザゲーム
公式サイト:https://www.google.com/doodles/30th-anniversary-of-pac-man

2010年5月『パックマン』30周年を記念して2日間限定でGoogleのロゴが実際に遊べる『パックマン』になりました。しかし、2日間限定公開の声を惜しむ声が世界中から寄せられ、その後も公開の続行が決定。上記URLから現在もプレイすることが可能です。


ドラマ「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」と一緒に登場ゲームを楽しめば、ドラマの面白さもゲームの面白さも倍増すること間違いなし。世界中から愛されているキャラクター『パックマン』の原点をぜひプレイしてみてくださいね。

(C)NBGI
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信日決定、『FGO』サーヴァント達の現代風ファッション、スイッチ版『Skyrim』海外レビューハイスコア…など(11/20)

    【昨日のまとめ】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信日決定、『FGO』サーヴァント達の現代風ファッション、スイッチ版『Skyrim』海外レビューハイスコア…など(11/20)

  2. スクウェア・エニックス社長が明かす今後の展望─今年度末からE3にかけて大型タイトルを順次発表、Nintendo Switchにも意欲

    スクウェア・エニックス社長が明かす今後の展望─今年度末からE3にかけて大型タイトルを順次発表、Nintendo Switchにも意欲

  3. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】手を舐めるやつがボードゲーム会に来る

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】手を舐めるやつがボードゲーム会に来る

  4. 11月21日(イーブイの日)に「プロジェクトイーブイ」発足! 可愛いぬいぐるみがもらえるキャンペーンもスタート

  5. あなたと相性ピッタリの“どうぶつ”は?「どうぶつの森 ポケットキャンプ占い」が“いいね”7千超えで人気沸騰

  6. グッスマ、『FGO』フィギュア展示会を11月24日より開催―「マンガで分かるFGO マフィア梶田」を限定販売

  7. 【レポート】「日本におけるeスポーツの夜明け」を目指して─AMDが「闘会議」に賞金1,000万円を拠出すると発表

  8. 【特集】「デスクトップアーミー」×「フレームアームズ・ガール」コラボ第1弾「KT-321f 轟雷」フォトレビュー

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  10. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】妻から「息子のためにゲームをやめろ」と宣告される

アクセスランキングをもっと見る