人生にゲームをプラスするメディア

『難攻不落三国伝~蜀と時の銅雀~』パラレル三国が舞台の防衛ゲームが3DSで発売 ― 名作STG『Karous』復活か

任天堂 3DS

パラレルな三国時代を舞台にした防衛ゲーム
  • パラレルな三国時代を舞台にした防衛ゲーム
  • ストーリーモードには32ステージ
  • 陣形や・・・
  • 計略を駆使して・・・
  • 敵軍を撃退せよ!
  • ストーリーデモも充実
  • 『難攻不落三国伝~蜀と時の銅雀~』パラレル三国が舞台の防衛ゲームが3DSで発売 ― 名作STG『Karous』復活か
  • 『難攻不落三国伝~蜀と時の銅雀~』パラレル三国が舞台の防衛ゲームが3DSで発売 ― 名作STG『Karous』復活か
クロンは、ニンテンドー3DSソフト『難攻不落三国伝~蜀と時の銅雀~』を発売すると発表しました。

『難攻不落三国伝~蜀と時の銅雀~』は、パラレルワールドの三国時代を舞台に繰り広げる「新感覚防衛バトルゲーム」です。プレイヤーは軍師となって「兵士」や「武将」を戦場に配置し、ルートに沿って侵攻する敵軍を撃退、拠点を防衛します。兵士を強化する「陣形」や、局面を一転する「計略」など、様々な要素がバトルを盛り上げます。

メインとなるストーリーモードは全32ステージ。クリアしていくことで主人公「キョウ」と劉備軍を中心とした三国志のストーリーが展開します。ステージ間にはストーリーデモも用意されているほか、バトルのみのステージも含めると、全部で40以上のステージを収録しています。

戦闘の前には「武将選択」や「成長」、「装備」などを確認します。能力の異なるさまざまな武将からメンバーを選んで出撃させましょう。

戦闘中、配置したユニットはいつでも移動可能なので、敵の侵攻ルートに合わせて臨機応変に対応しましょう。また、武将が持つ強力な必殺技「計略」を駆使したり、武将の陣形範囲内に兵士を配置して兵士の能力がアップさせたりすることで、戦闘を有利に進めることが可能です。「計略」発動時のカットインとボイスにより派手な演出も見逃せません。

防衛ゲームが好きな人、三国志の世界観が好きな人はぜひチェックしてみてください。


また、クロンにてニンテンドー3DS向けに『Karous The Beast Of Re:Eden』というゲームを開発していることが明らかになりました。現在、同ゲームにてユーザー参加型の企画を展開中です。『Karous(カラス)』というタイトルから、2006年にアーケードに登場したマイルストーン開発のシューティングゲームを連想させますが、本作がこれの関連作品であるかは現在のところ不明です。

■─カラスの中心で、何か叫べ。
応募締切:2013年11月1日24時まで

『Karous The Beast Of Re:Eden』のゲーム中に登場するアイコンイラスト、一言コメントを募集中です。詳細や投稿方法は以下の公式サイトを必ずご確認ください。

公式サイト:http://www.klon.co.jp/product/karous_bor/index.htm


興味がある方はぜひこちらにも応募してみてはいかがでしょうか。。


『難攻不落三国伝~蜀と時の銅雀~』は、2013年11月28日発売予定で価格は5,800円(税込)です。

『Karous The Beast Of Re:Eden』は、2014年1月発売予定で価格は6,090円(税込)です。

(C)2013 Klon Co.,Ltd.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『Nintendo Labo』キットの個別販売が開始―マイニンテンドーストアではセット販売も実施予定

    『Nintendo Labo』キットの個別販売が開始―マイニンテンドーストアではセット販売も実施予定

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 新感覚音楽制作ゲーム『KORG Gadget for Nintendo Switch』が4月26日に配信決定!

    新感覚音楽制作ゲーム『KORG Gadget for Nintendo Switch』が4月26日に配信決定!

  4. 『Nintendo Labo』Amazon限定「ダンボー」パーツセットの写真が公開―まさかお金で動くのか…?

  5. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  6. 『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

  7. 『魔界戦記ディスガイア Refine』発売日が7月26日に決定―初回限定版の内容も公開!

  8. 『Nintendo Labo』最初は“鼻をほじる”コントローラーだった!? 開発者インタビュー「試作・開発編」公開

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 『クローズド・ナイトメア』理不尽な実験からの脱出を実写で描く、ホラーアドベンチャー

アクセスランキングをもっと見る

1