人生にゲームをプラスするメディア

ブラジルではPS4がPS3ローンチ価格のほぼ2倍となる約18万円で発売へ

ソニー PS4

PlayStation 4
  • PlayStation 4
ついに11月から北米・欧州地域にて発売が開始されるPlayStation 4ですが、公式PlayStation.Blogにてブラジル地域でのローンチ価格が発表され、3,999レアル、1レアル45円で日本円に換算すると約18万円で発売されることが明らかとなりました。

2010年にブラジルで初めて正式発売されたPS3であるSlimモデル120GBのローンチ価格は1,999レアル(約9万円、国内では2万9,980円)、これに対し今年発売のPlayStation 4は3,999レアル(約18万円、国内価格3万9.980円)です。ブラジル地域におけるPlayStationのローンチ価格は約2倍の跳ね上がりとなっており、公式PlayStation.Blogでは価格に対し700以上ものコメントで意見が寄せられています。

ブラジルは自国の産業を保護するため輸入を抑えるという政策を取っており、南アメリカ諸国の関税同盟メルコスールの加盟国以外からの輸入品には高い関税を設けています。実際に今年5月にはソニーがPlayStation 3のブラジルにおける現地生産を発表し、1599レアルから1099レアルへと値下げすることを発表していました。日本とブラジルでPlayStationの価格が大きく異る理由はここにあります。またブラジルではPS3がローンチされた後となる2012年末より、100品目を対象にした大幅な関税の引き上げが行われていました。

一方でPS4と共に11月に発売されるXbox Oneのブラジルローンチ価格は、海外メディアDual ShockersやDestructoidが調査したところ2,199レアル(約9万9千円)。現行機Xbox 360は各種タイトルを同梱したプレミアムパッケージが2,999レアル(約13万5千円)でリリースされていました。

なお共に発表されたPlayStation 4のタイトル標準価格は179レアル(約8千円)となっており、海外メディアDual ShockersはPS3の179レアルから199レアルと比較するとゲームソフトの標準価格は低い水準になっていると指摘しています。

ブラジルではPlayStation 4がPlayStation 3ローンチ価格のほぼ2倍となる約18万円で発売へ

《ishigen》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4向け『地球防衛軍4.1 WTS』配信開始―「とにかく避ける」「とにかく撃つ」「すべて破壊する」縦STG!

    PS4向け『地球防衛軍4.1 WTS』配信開始―「とにかく避ける」「とにかく撃つ」「すべて破壊する」縦STG!

  2. 『FINAL FANTASY XII TZA』世界累計出荷+DL販売数が100万本突破―記念トレーラーの公開や専用テーマ・パッチも配信

    『FINAL FANTASY XII TZA』世界累計出荷+DL販売数が100万本突破―記念トレーラーの公開や専用テーマ・パッチも配信

  3. PS4『龍が如く 極2』体験版が配信開始―第2章の一部がプレイ可能!

    PS4『龍が如く 極2』体験版が配信開始―第2章の一部がプレイ可能!

  4. 【事前レビュー】シリーズ最新作PS4『アイドルマスター ステラステージ』アイドル界の頂点目指す!我那覇響と共にレジェンドアイドルへの一歩を踏み出してみた

  5. 姫育成&戦略アクションゲーム『あなたの四騎姫教導譚』キャラクターや育成要素の最新情報が公開

  6. PS Storeで使える10%オフクーポンが配布中―「ニコデ、ハンガク」セールと併用可能!

  7. 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』新キャラ3体の海外ゲームプレイ映像!

  8. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  9. 『仮面ライダー クライマックスファイターズ』豪華ゲストと贈る生放送が決定―キバやウィザードなどの詳細も公開

  10. 『PUBG』に続け!PS4やスマホでプレイできるサバイバルゲーム4選

アクセスランキングをもっと見る