人生にゲームをプラスするメディア

ブラジルではPS4がPS3ローンチ価格のほぼ2倍となる約18万円で発売へ

ソニー PS4

PlayStation 4
  • PlayStation 4
ついに11月から北米・欧州地域にて発売が開始されるPlayStation 4ですが、公式PlayStation.Blogにてブラジル地域でのローンチ価格が発表され、3,999レアル、1レアル45円で日本円に換算すると約18万円で発売されることが明らかとなりました。

2010年にブラジルで初めて正式発売されたPS3であるSlimモデル120GBのローンチ価格は1,999レアル(約9万円、国内では2万9,980円)、これに対し今年発売のPlayStation 4は3,999レアル(約18万円、国内価格3万9.980円)です。ブラジル地域におけるPlayStationのローンチ価格は約2倍の跳ね上がりとなっており、公式PlayStation.Blogでは価格に対し700以上ものコメントで意見が寄せられています。

ブラジルは自国の産業を保護するため輸入を抑えるという政策を取っており、南アメリカ諸国の関税同盟メルコスールの加盟国以外からの輸入品には高い関税を設けています。実際に今年5月にはソニーがPlayStation 3のブラジルにおける現地生産を発表し、1599レアルから1099レアルへと値下げすることを発表していました。日本とブラジルでPlayStationの価格が大きく異る理由はここにあります。またブラジルではPS3がローンチされた後となる2012年末より、100品目を対象にした大幅な関税の引き上げが行われていました。

一方でPS4と共に11月に発売されるXbox Oneのブラジルローンチ価格は、海外メディアDual ShockersやDestructoidが調査したところ2,199レアル(約9万9千円)。現行機Xbox 360は各種タイトルを同梱したプレミアムパッケージが2,999レアル(約13万5千円)でリリースされていました。

なお共に発表されたPlayStation 4のタイトル標準価格は179レアル(約8千円)となっており、海外メディアDual ShockersはPS3の179レアルから199レアルと比較するとゲームソフトの標準価格は低い水準になっていると指摘しています。

ブラジルではPlayStation 4がPlayStation 3ローンチ価格のほぼ2倍となる約18万円で発売へ

《ishigen》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

    『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  2. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

    『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  3. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

    『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  4. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  5. 『ウイイレ 2019』にはサッカー好きの夢が詰まっていた―新要素も交えて紹介するプレゼンレポ【E3 2018】

  6. 全世界5万台限定「PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition」予約がAmazonでスタート【UPDATE】

  7. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  8. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  9. 通常版PS4でもヌルヌル動くオープンワールドサバイバル『Conan Exiles』ゲームプレイ映像が公開!

  10. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

アクセスランキングをもっと見る