人生にゲームをプラスするメディア

お店を引き継ぎ、ハートフルなスローライフが満喫できる『ホームタウンストーリー』 ─ 公式サイト公開

任天堂 3DS

『ホームタウンストーリー』公式サイト公開
  • 『ホームタウンストーリー』公式サイト公開
  • 公式サイトにはムービーも
スパイク・チュンソフトは、ニンテンドー3DSソフト『ホームタウンストーリー』の公式サイトをオープンしました。

『牧場物語』シリーズを手掛けた和田康宏氏が企画プロデュースを行う『ホームタウンストーリー』は、お店の経営を主軸に、村人との触れ合いから始まっていく物語を描く、ハートフルアドベンチャーゲームです。またキャラクターデザインをにしだあつこ氏が、音楽は植松伸夫氏とドッグイヤー・レコーズが担当するなど、開発陣にも錚々たる面子が揃っており、期待の一作となっています。

これまで、E3トレーラーや発売日の決定などが明かされてきましたが、このたび本作の公式サイトがオープンとなりました。まだ公開されていないコンテンツもありますが、「お店から始まるハートフルストーリー」にて、物語の導入や本作のポイントが紹介されています。

物語が始まるきっかけは、一通の手紙。それは、誰が書いたかも分からない、しかも決して上手ではない字で「ばあばがいなくなってしまいました…ばあばの店を手伝ってください。お願い、はやく来て!」との切実な訴えが綴られていました。その手紙に書かれていた村の名前が、幼い頃自分が過ごした村だったこともあり、主人公がその村へと足を運ぶと、そこで待っていたのは妖精「ポチカル」と「ばあばのお店の経営」でした。

こうして幕を開ける『ホームタウンストーリー』は、多彩な特徴でユーザーを楽しませてくれます。まずは、主軸でもあるお店の経営。行商人から仕入れたり、村を歩き回ったりして入手した商品を並べ、あとは値段を決めれば自分だけのお店が完成。しかも店内のレイアウトも思い通りにできるので、個性を出すにはうってつけ。

また、村ではたくさんの出会いが待ち受けています。お店が大きくなるにつれ、村には大勢の人が訪れるように。そのため、様々な出会いが主人公を待ち受けています。しかも村の住人たちと親交を深めることで、物語は新たな展開も見せてくれます。

さらに村人たちは、色々な悩みや夢を持ち、シリアスな話からちょっぴり笑えるやりとりまで、多くのドラマが楽しめ、心温まるエピソードの数々がその胸を暖かくしてくれることでしょう。

加えて、主人公の見た目は自由にカスタマイズできます。性別から表情、髪型、服装など、多様性に富んだ組み合わせが用意されているので、本作の物語をお気に入りのキャラクターでじっくり楽しむことが可能です。

このたびの公式オープンだけでも、本作の魅力が確かに伝わってきますが、明かされていない情報もまだまだある模様。嬉しいサプライズになってくれそうな新たな続報を、今から期待しつつ待ちましょう。

『ホームタウンストーリー』は、2013年12月12日発売予定で価格は4,800円(税込)です。

(C)2013 TOYBOX Inc. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

    『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

  2. 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』「リンク」のキャラクター情報が公開―今作はデザインや技も一新!

    『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』「リンク」のキャラクター情報が公開―今作はデザインや技も一新!

  3. 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』公式HPにて「トキメキ☆ボムラッシュ」の試聴が可能に!

    『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』公式HPにて「トキメキ☆ボムラッシュ」の試聴が可能に!

  4. 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』「全員登場」の中で嬉しかったコラボファイターは?【読者アンケート】

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. スイッチ『スマブラSP』アシストフィギュアにボンバーマンが登場!お馴染みの十字爆発で強力サポート

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. ラケット型のJoy-Con用アタッチメントが登場―スイッチ用テニスゲームで抜群の臨場感が楽しめる!

  9. 任天堂、フォロワー数100万人突破記念イラストを公開―コワモテなクッパも思わずニッコリ

  10. 『OCTOPATH TRAVELER』で描かれる“旅”とは―スクエニ・髙橋氏&アクワイア・宮内氏インタビュー【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る