人生にゲームをプラスするメディア

ポケモン最強の座に「王手」!「ポケモン竜王戦」開催決定 ─ 予選は2014年1月から

任天堂 3DS

『ポケットモンスターX』パッケージ
  • 『ポケットモンスターX』パッケージ
  • 『ポケットモンスターY』パッケージ
  • ポケモン竜王戦 ロゴ
株式会社ポケモンは、ニンテンドー3DSソフト『ポケットモンスターX・Y』の新たな大会を開催すると発表しました。

「竜王」とは、将棋の世界で使われている称号です。毎年、読売新聞社主催による「竜王」を決定する大会「竜王戦」が開催されており、数ある将棋の大会の中でも最高峰のものとされています。この大会で優勝した棋士のみが、前年の「竜王」に挑戦する権利を与えられ、その戦いの勝者こそが新たな年の「竜王」となるのです。

『ポケモン』が持つ、誰もが楽しめるシンプルなゲームながらも容易には極められない奥深さと、互いのプレイヤーが先を読み合う高い戦略性が、将棋「竜王戦」主催の読売新聞社及び日本将棋連盟の理解を得て、同じ「竜王戦」の名を冠する新たな大会となる「ポケモン竜王戦」の開催が、このたび決定されました。

この発表に伴い、ポケモン総合プロデューサーの石原 恒和氏と、初代竜王である島 朗氏からのコメントが届いています。公表された大会概要と共にご覧ください。

■ポケモン総合プロデューサー 石原恒和氏からのご挨拶
ポケモンが、輝かしい歴史のある棋戦である「竜王戦」の名を冠する大会を主催できることを非常に光栄に感じています。
「ポケモン竜王戦」は、ポケモン・プレイヤー達の新たな真剣勝負の場を作りたいという思いで実現しました。
将棋の世界で数あるタイトル戦の中でも、最高峰の戦いとして位置づけられる「竜王戦」の名にふさわしい、熱い戦いが繰り広げられることを、期待しています。

■初代竜王 島 朗氏からのご挨拶
ポケモンのバトルには、プレイヤーそれぞれに異なる戦略、相手の次の一手に対する深い読み合い、といった、将棋の世界にも通じる、高度な頭脳戦という一面があります。
今回、そんなポケモンバトルの一面に共感し、「ポケモン竜王戦」を共に開催させていただくことになりました。
ポケモンは、若手棋士にも多く親しまれているゲームです。
「ポケモン竜王戦」では、将来将棋の竜王になるかもしれない、若き才能たちの頭脳バトルを、楽しみにしています。


■大会概要
名称:「ポケモン竜王戦」
対象商品:
ニンテンドー3DSソフト『ポケットモンスターX・Y』
「ポケモンカードゲーム」
対象:小学生以下
スケジュール:
予選大会 2014年1月~
決勝大会 2014年3月
主催:株式会社ポケモン
共催:読売新聞社、日本将棋連盟


『ポケモンX・Y』の発売日を迎えたばかりなのに、ファンにとって更なる嬉しいサプライズが届くこととなった今回の発表。詳しいルールやスケジュールに関しては今後公開されるとのことなので、今はその日に備えて、着実に実力を磨いておきましょう。

『ポケットモンスターX・Y』は好評発売中。価格はパッケージ版・ダウンロード版ともに4,800円(税込)です。

(C)2013 Pokemon.
(C)1995-2013 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. ニンテンドースイッチ『スーパーマリオ オデッセイ』ルイージと遊べる無料アップデートを配信!

    ニンテンドースイッチ『スーパーマリオ オデッセイ』ルイージと遊べる無料アップデートを配信!

  4. 『スプラトゥーン2』次回アプデでもう少しだけ強化して欲しいブキ8選(Ver.2.2.2時点)

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  6. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  7. ニンテンドースイッチ『協撃 カルテットファイターズ』が配信開始―協力プレイが熱い!

  8. ニンテンドースイッチのLANポート付きドックが2月23日に発売決定―コンパクトサイズの優れもの

  9. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』イカしたオシャレを極めろ!おすすめギア&コーデ8選

アクセスランキングをもっと見る