人生にゲームをプラスするメディア

【CEATEC 2013】パナソニックブースは4Kで『FF XIV』や『Project Cars』を展示

その他 全般

【CEATEC 2013】パナソニックブースは4Kで『FF XIV』や『Project Cars』を展示
  • 【CEATEC 2013】パナソニックブースは4Kで『FF XIV』や『Project Cars』を展示
  • 【CEATEC 2013】パナソニックブースは4Kで『FF XIV』や『Project Cars』を展示
  • 【CEATEC 2013】パナソニックブースは4Kで『FF XIV』や『Project Cars』を展示
  • 【CEATEC 2013】パナソニックブースは4Kで『FF XIV』や『Project Cars』を展示
  • 【CEATEC 2013】パナソニックブースは4Kで『FF XIV』や『Project Cars』を展示
  • 【CEATEC 2013】パナソニックブースは4Kで『FF XIV』や『Project Cars』を展示
  • 【CEATEC 2013】パナソニックブースは4Kで『FF XIV』や『Project Cars』を展示
  • 【CEATEC 2013】パナソニックブースは4Kで『FF XIV』や『Project Cars』を展示
CEATEC 2013では各社がいよいよ登場する4Kテレビを積極的に展示していました。B2Bへの転換を図るパナソニックも、CEATECの会場では「4K WORLD」と題して4Kテレビの様々な活用法を紹介しています。

民生品のコーナーでは10月に発売予定の「4K対応 スマートビエラ TH-L65WT600」が紹介。こちらの製品では世界で初めてDisplayPort 1.2aに準拠。パソコンと接続して4k60pの映像を出力することができます。

会場では『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』のベンチマーク映像の上映、英国のSlightyly Mad Studiosが開発しているリアルレースシム『Project Cars』のレーシングシートでの体験ができました。いずれもPCで処理を行い、DisplayPortを経由してビエラに出力するというデモです。4Kの映像はさすがに綺麗です。

ファンからの出資を募って制作された『Project Cars』は注目を受けている作品で、11月に発売予定。レースゲームの経験が深いチームによる作品ということですが、傍から見ていた印象では、フツーのレースゲームという印象も。デモの箇所が、シンプルなコースだったという可能性もありますが。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『モンハン』のやりすぎで彼女に嫌われる

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『モンハン』のやりすぎで彼女に嫌われる

  2. 『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

    『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

  3. 『ゼノブレイド2』セイレーンのプラモ&ヒカリのフィギュアが発表!

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』の「ガーディアン」がねんどろいどに―「ピッ…!」という機械音が聞こえてきそう

  5. 『スプラトゥーン』ガールがfigma化!―パーツ交換で『2』バージョンに

  6. 『FGO』つままれシリーズ第3弾が発売決定、「Dr.ロマン」や「ぐだ子」もラインナップ

  7. 死にゲー名作『Bloodborne』のfigma化第2弾「時計塔のマリア」が発表!

  8. 米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

アクセスランキングをもっと見る