人生にゲームをプラスするメディア

【BEST OF TGS AWARD 2013】ハードウェア部門受賞は"史上最小のプレイステーション"「PlayStation Vita TV」

その他 フォトレポート

【BEST OF TGS AWARD 2013】ハードウェア部門受賞は
  • 【BEST OF TGS AWARD 2013】ハードウェア部門受賞は


東京ゲームショウに出展されたタイトルの中から、インサイド/Game*Sparkの編集、ライターが注目タイトルを選出する「BEST OF TGS AWARD」。ハードウェア部門の受賞はソニー・コンピュータエンターテインメントの「PlayStation Vita TV」に決定しました。

「PlayStation Vita TV」はテレビに接続して、PSVitaのゲームタイトルを遊ぶことのできるデバイスで、僅か110gのボディにはPSVitaのカードスロットが用意され、パッケージゲームを遊べるほか、膨大な数のゲームアーカイブス(過去に発売されたゲーム)をダウンロードして遊ぶ事も出来ます。さらに、TSUTAYA TV、ニコニコ動画、スカパー!オンデマンド、huluなど各種動画配信サービスにも対応。テレビをより面白くするデバイスです。2月発売予定のプレイステーション4と連携してリモートプレイも可能にします。



■選んだ主な担当者のコメント

土本学 / インサイド編集長
「お手軽、お値打価格でありながら、リビングにゲームを中心とした輪を作り出す可能性を秘めたデバイス。お茶の間のゲーム復権を担って欲しい。」

臥待 弦(ふしまち ゆずる)/ ライター
「個人的には、アクションにせよRPGにせよ大きな画面で楽しみたいので、「PSVitaをテレビ画面で楽しめれば」と切望していた自分には、まさに最適の一品。」

ishigen / ライター
「携帯機で普段ゲームをプレイしない自分が次世代据え置き機よりも注目しているゲーミングハード。OuyaなどのAndroidゲーム機も模索したリビングを中心とする小型据え置き路線。成功させることができるか非常に楽しみ。」

Ten-Four / ライター
「大画面で朧村正とカグラが出来る!」
対応タイトル一覧

森元行 / スタッフ
「低価格という部分に期待。昔ゲームをしていたユーザーを取り戻す良いフック。大画面でVITA等のゲームをプレイできるという部分で、既存ゲーマーにも何気に支持される可能性も有りそう。というか、エンターテインメントの形を変える起爆剤になればと。」

「PlayStation Vita TV」は11月14日発売予定で、価格は9480円(税別)です。

ノミネート作品
・プレイステーション4 (株式会社ソニー・コンピューターエンタテインメント)
・Xbox One (日本マイクロソフト株式会社)
・新型PlayStation Vita (株式会社ソニー・コンピューターエンターテインメント)
・PlayStation Vita TV (株式会社ソニー・コンピューターエンターテインメント)
・ひかりTV (株式会社NTTぷらら)
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. バラエティ番組「しくじり先生」に高橋名人が登場! 「実はゲームが超下手」と語る名人が実行した“妙案”とは…

    バラエティ番組「しくじり先生」に高橋名人が登場! 「実はゲームが超下手」と語る名人が実行した“妙案”とは…

  2. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  3. 「のんのんびより」新作アニメ制作決定!原作11巻の帯で発表

    「のんのんびより」新作アニメ制作決定!原作11巻の帯で発表

  4. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  5. 10周年を記念する「仮面ライダー電王」変身ベルトが登場! 280種以上の台詞&4曲のBGMを収録

  6. 【昨日のまとめ】『はねろ!コイキング』5月23日配信、固すぎな「あずきバー」をかき氷にするマシン、モザイクだらけの『限界凸城 キャッスルパンツァーズ』サイト…など(5/22)

  7. ソニック&テイルスのハンドスピナーの疾走感がスゴい!―ただシール貼っただけなのに…

  8. 「初音ミク」などの痛車120台が集結! 奥伊吹にて5月28日に実施─昨年は『スプラトゥーン』の痛車も

  9. モザイクだらけの『限界凸城 キャッスルパンツァーズ』ティザーサイト公開、10万クリックを突破すると…!?

  10. 『ゼルダの伝説 BotW』実物大ガーディアンナイフをDIY!LEDがカッコイイ

アクセスランキングをもっと見る