人生にゲームをプラスするメディア

「アトラス」のスポンサーはセガサミーに内定か・・・複数報道

ゲームビジネス その他

日本経済新聞ブルームバーグは、「アトラス」ブランド抱えるインデックスのスポンサーにセガサミーホールディングスが内定したと報じました。

携帯電話向けコンテンツ配信で急成長したインデックスは、M&Aを通じて事業を拡大、最盛期には売上高が1000億円を超えましたが、買収事業の利益貢献は薄く、苦戦を強いられてきました。一時は日本振興銀行グループとの協力関係で経営再建を図りましたが、同行の破綻もあり頓挫していました。

M&Aした事業を次々に売却していったインデックスですが、同社が合併を後押ししたタカラトミーの傘下(もともとはタカラ傘下)にあったアトラスは継続して保有し、2010年には完全子会社化。その後は「アトラス」ブランドによる家庭用ゲーム事業、インデックス本体によるソーシャルゲーム事業やモバイル関連事業を営み、ゲームが主力となってきました。

特に「アトラス」ブランドは、「ペルソナ」シリーズのメディアミックス展開や、依然として高い人気を続けている「真・女神転生」シリーズなどで現在でも高い評価を受けています。

しかし、本年6月に循環取引を用いた粉飾決算の疑いで証券等監視委員会の強制捜査を受け、自主再建を断念。同月、民事再生手続の開始を申し立て、スポンサー企業の選定を行ってきました。

8月には第1次入札を実施し、多数の入札と2次入札に向けた候補数社を選定したことを明らかにしていました。スポンサー企業については本日午後にも発表と報道されています。
《編集部》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

    今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  2. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  3. 【CEDEC 2012】ソーシャルゲームを牽引するgloopsが取り組むデータマイニングによる改善とは

    【CEDEC 2012】ソーシャルゲームを牽引するgloopsが取り組むデータマイニングによる改善とは

  4. 【台北ゲームショウ2016】台湾ナンバーワンのMadheadが贈る新作『時空之門』は日本でも配信予定

  5. 世界が認めた開発力、欧米を中心に『UFC Undisputed』シリーズが大ブレイク中のユークスに迫る!・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第14回

  6. 【UNREAL FEST EAST 2017】堀井氏がSwitch版『DQXI』の最新情報をポロリ!? ここだけのエピソードが満載だった『DQXI』基調講演

  7. ドラコレスタジオ兼吉氏が語る 「メイド・イン・ジャパン」で世界を目指すコナミのソーシャルコンテンツ

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  10. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

アクセスランキングをもっと見る