人生にゲームをプラスするメディア

【徒然ゲーム音楽語り】第7回「テイルズ・オブ・ファンタジア オリジナルサウンドトラック 完全版」はまさにエターナル・ミュージック

その他 全般

シンプルなジャケットには世界地図が。
  • シンプルなジャケットには世界地図が。
  • ゲームで再生できる全曲を収録したボリューム2枚組
  • 制作陣のコメント
  • ボーナストラック「Happy Happy!」の譜面も。
  • 『テイルズ・オブ・ファンタジア フルボイスエディション』
  • 懐かしのハードを引っ張り出して…
「ファフロツキーズ」を知っているでしょうか。

魚や蛙など空から降るはずのないものが降ってくる超常現象で、一説ではそれらは大気圏にある「無重力の海」から時を超えて降ってくるとされています。ゲーム音楽の海も、時を超え世界を超え、あっと驚くようなものを降らせる海になるように、今回も「徒然ゲーム音楽語り」通常運行です。第7回は『テイルズ・オブ・ファンタジア』より「テイルズ・オブ・ファンタジア オリジナルサウンドトラック 完全版」をお届けします。

「テイルズ・オブ・ファンタジア オリジナルサウンドトラック 完全版」は1999年に発売された『テイルズ・オブ・ファンタジア』唯一のサウンドトラックです。PS版用音源をサウンドクリエイター・滝沢淑行氏がリメイクしたもので、ゲームのBGMにするための制約上削ってしまった部分や音を、生楽器も使って生まれ変わらせた作品。ボーナストラックには特に人気の高い精霊戦BGM「FIGHTING OF THE SPIRIT」のアレンジバージョンとアーチェのテーマをボーカライズした「Happy Happy!」が収録されています。

■収録曲
[Disc1]
1.DECISIVE
2.THE STREAM OF TIME
3.DEFIANCE
4.HARMONIOUS MOMENT
5.HYDROPOLIS
6.VIGOROUS TOWN
7.SERENE WEATHER
8.MYSTIC FOREST]
9.FREEZE
10.UNDERGROUND WAY
11.MINT
12.DESOLATE ROAD
13.SYLPH
14.RETALIATION
15.MORLIA GALLERY
16.FIELD OF SUNSET
17.MARTEL
18.ARCHE
19.TASTEFUL
20.GOOD WINE MAKES A GOOD BLOOD
21.LAKE ON YMIR
22.TRIUMPH
23.ABYSS OF THOR
24.OPEN FIRE
25.THREATENING SKY
26.AVIATORS
27.BURNING TOWER
28.PERVERSE RELIGION
29.FULFILL MISSION
30.HURRY UP
31.BE ABSENTMINDED
32.TAKE UP THE CROSS
33.GO A STEP FURTHER
34.OVERCOME DIFFICULTIES
35.CONCLUSION
36.WHO IS GOOD OR EVIL?
37.RISING A CURTAIN
38.THE SECOND ACT
39.FINAL ACT

[Disc2]
1.OLIVE VILLAGE
2.AWAKENING
3.EUCLID
4.PREMONITION
5.AS TIME GOES ON
6.PENETRATE
7.EMERGENCY
8.RESURRECTION
9.DARK CAVE
10.BRIGHT MOONLIGHT NIGHT
11.OASIS
12.MID GALDS
13.ARY
14.CASTLE OF THE DHAOS
15.FOREST OF THE TREANT
16.UNICORN
17.CAVE OF ILLUSION
18.BITING COLD
19.MYSTERIOUS JAPON
20.GO OVER ADVERSITY
21.FIGHTING OF THE SPIRIT
22.SUZU
23.CONTRACT
24.HONOR
25.AH MY GOD…
26.TOMORROW IS A HOLIDAY
27.I MISS YOU…
28.GOOD-BY FRIENDS
29.RECOVERY
30.LONELY TWILIGHT
31.HARVEST FESTIVAL
32.PIANON LESSON6
33.RALLY X ROUND START
34.RALLY X
35.RALLY X ROUND CLEAR
36.RIDGE RACER
37.FIGHTING OF THE SPIRIT[BONUS TRACK]
38.Happy Happy![BONUS TRACK]



■『テイルズ・オブ・ファンタジア』はどんなゲーム?
『テイルズ・オブ・ファンタジア』は『テイルズ・オブ』シリーズの第1作目にして、シリーズで最も多く移植・リメイクがされている作品でもあります。公式ジャンルは「伝説のRPG」。
原作となるSFC版が1995年に発売してから、1998年にPS版、2003年にGBA版、2006年PSPフルボイスエディション版、2010年にPSPクロスエディション版という変遷を辿ってきました。移植版ではシステムやアイテム等の変更だけでなく、音楽もPSP版を除くすべてのハードごとに編曲されており、聴こえ方にも違いが出ているのが特徴的です。

■作曲家・桜庭統氏
『テイルズ・オブ・ファンタジア』に始まり、『レジェンディア』『イノセンス』を除くすべてのシリーズ作品で音楽を担当しています。作風は幅広く、バンド経験を活かしたプログレ系からオケサウンド、ロック、ポップスなど多彩なジャンルでアニメやゲームのBGMを手掛けるかたわら、キーボーディストとしても楽曲やライブイベントに参加。ゲーム『テイルズ・オブ・ファンタジア』の中の酒場にも、ピアニスト・サクラバとして登場しており、話しかけると1曲演奏してくれます。

代表作品:『黄金の太陽』シリーズ、『エンドオブエタニティ』、『DARK SOULS』、アニメ「幻想魔伝 最遊記」

■レビュー
一言で表すなら「転生する1枚」。本作の一番の特徴は、木管楽器や弦楽器といった生楽器を使用した大胆なリメイクです。ゲーム音源と同一のものではありませんが、ゲームBGMとして目立ってはいけなかった部分を引き立たせたり、飾りを増やしたりすることでよりダイナミックになったサウンドが魅力です。今回はGBA版とPSP版のサウンドモードを使って聴き比べをしてみました。右耳にPSPのイヤホン、左耳にCDプレイヤーのイヤホンと、再生開始がコンマ1秒ずれると耳が大変なことになる方法でも比べてみましたが、ぴったりと同じ音として聴こえる箇所、各旋律のボリュームバランスが違う箇所、新しい音・なくなった音・移調など細かい発見が多々あり、「ゲームファンはこの違いを聴け!」の煽りどおり、好きな楽曲なればなお、聴き比べという楽しみ方があります。GBA版は、PSP版やアレンジCDから聴くと非常にシンプルですが、それでも変わらない音・増えた音・音色の違いなどを改めて発見しつつ、懐かしさに浸れるサウンドです。もちろん単体で聴いても聴きごたえは抜群。ゲーム本体で聴く懐かしいテイストとは別に、オーケストラルなサウンドをスピーカーでのびのびと楽しみたい2枚です。

■いちおしの一曲(試聴)
【いちおし戦闘BGM】
Disc1/Track25「THREATENING SKY」
ミッドガルズの上空戦の音楽です。ミッドガルズの戦禍、クレスとアーチェのみで挑まなければならないこの戦闘は、ストーリー的にもバトル的にもかなりの緊張感を強いられます。駆け上がるイントロに変拍子が加わり、勇ましいメロディーへとスピード感のある展開で緊張感を高める曲です。特に目立つのが、55秒から入ってくるメインメロディーの電子音。これは原曲では数秒前から繋いでいるベース旋律がボリュームバランス的にも強く出ているゆえ、さりげなく重なって聴こえるメロディーですが、今作のアレンジでは音も高くなり完全に前に出てきます。鋭い音が強すぎると感じる場合もあるかもしれませんが、原曲では潰れがちで綺麗に拾えなかった音がクリアに聴こえてくる点が新鮮です。

【いちおしダンジョンBGM】
Disc1/Track23「ABYSS OF THOR」
古代都市「トール」で流れます。「トール」は最初海底に沈んでいて、タイムワープとともに海面に浮上してくるのですが、その様相はずっと海底のように薄明るい青に照らされていて神秘的です。廃墟と化していながら、高層ビルの名残があったり、カードキーシステムがあったり、無機質なラボラトリーがあったりと高度文明を誇った都市を表現するように、音楽も3つの単音が規則的に並ぶイントロから淡々と始まります。下からさりげなく支える荘厳な低音や控えめな管楽器の旋律を加えて少し盛り上がると、また何事もなかったかのように単音のパターンに戻っていく、流水のように静かな曲です。原曲にかなり忠実で、最初から最後まで全くタイミングをずらすことなくCDと別の音源を同時に聴くことができますが、ゲーム音源は低音に厚みがあり、アレンジの方は、特にアルペジオが聴きやすくなっているという違いがあります。また盛り上げ部分も、アレンジの方がやや大げさです。

【いちおし街BGM】
Disc2/Track3「EUCLID」
未来の「ユークリッド」です。「ユークリッド」はクレスたちの元の時代では、召喚士・クラースが住んでいた小さな村ですが、転移先の未来では魔法研究所や城もある都市に発展しています。軽快に刻むマーチ・ドラムに重ねて、ハイテンポの陽気なメロディーが活気あふれる「ユークリッド」を盛り立てます。「ユークリッド」は武闘大会が行われていることもあり、マーチ・ドラムやトランペット、コミカルなウッドブロックやアクセントで引き締める大太鼓など鼓笛隊をイメージするような楽器の音がたくさん聴こえる勇ましい曲です。アレンジではウッドブロックの音が弦を弾くような音に変わり、中盤のメロディが変わるところではエフェクトがゲーム音源より強くかかって、電子色の濃いかすんだ音になっています。裏でずっと流れている16分音符の飾りも、アレンジだと拾いやすくなります。

『テイルズオブ』の原点を新鮮な切り口で楽しめる「テイルズ・オブ・ファンタジア オリジナルサウンドトラック 完全版」は現在好評発売中。価格は、3,100円(税込)です。


■筆者プロフィール
井口宏菜
インサイド編集部にて修行中の身。好きなものは音楽と女の子と女性、ゆえにiPodのバッテリーがなくなると活動を一時停止する。初めてプレイしたテイルズシリーズが『ファンタジア』だったため、後のシリーズ作品のフリーランプレイに苦闘。

(C)バンダイナムコゲームス
《井口 宏菜》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. リュウが変形ロボに!?『ストリートファイターII』×「トランスフォーマー」シリーズ発売決定

    リュウが変形ロボに!?『ストリートファイターII』×「トランスフォーマー」シリーズ発売決定

  2. 【特集】編集部が選ぶ「影がうすい空気ゲームキャラ」10選

    【特集】編集部が選ぶ「影がうすい空気ゲームキャラ」10選

  3. 【祝】11月22日はセガサターンの誕生日!―セガ公式Twitterに祝福のリプライが多数届く

    【祝】11月22日はセガサターンの誕生日!―セガ公式Twitterに祝福のリプライが多数届く

  4. 【昨日のまとめ】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始、スクエニの今後の展望「大型タイトルを順次発表」、『FGO』異端なるセイレムの情報をおさらい…など(11/21)

  5. 【特集】あの安室奈美恵だって出てたんだぜ…青春を捧げたセガハードが集結ー忘れられない“伝説”を、もう一度!

  6. グッスマ、『FGO』フィギュア展示会を11月24日より開催―「マンガで分かるFGO マフィア梶田」を限定販売

  7. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  8. スクウェア・エニックス社長が明かす今後の展望─今年度末からE3にかけて大型タイトルを順次発表、Nintendo Switchにも意欲

  9. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】手を舐めるやつがボードゲーム会に来る

  10. 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

アクセスランキングをもっと見る