人生にゲームをプラスするメディア

【徒然ゲーム音楽語り】第4回『ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー』―繋ガルナガルナガルナガルナガル・・・

その他 全般

ボックスにはアニエス
  • ボックスにはアニエス
  • アニエスとティズが描かれた扉を開くと・・・
  • トラックリストが。さらに
  • クリスタルとパーティが!
  • カルディスラ
  • ノルエンデの大穴
  • エシャロット号/クリスタル
  • トラックリスト
海と空、蒼と白の境界線は何処なのでしょうか。世界に広く繋がるゲーム音楽の海を渡る「徒然ゲーム音楽語り」、第4回は「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」をお届けします。

「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」は2012年10月10日に発売されました。ボックス入りの凝った仕様で、ディスク収納にはちょっとした仕掛けもあるという、内容も含め遊びに富んだ作品です。ブックレットやCDケースにはゲーム中に登場する国々やキャラクターの美麗なイラストが使用されています。

収録曲数はDisc1,2合わせて47曲というボリュームですが、当初音楽担当となったRevo氏に依頼される予定だったのは20曲だったそうです。しかしRevo氏自らの「全部は書かせてくれないんですか?」という作曲への思い入れにより、ラスボス戦のBGMが3種類になったり、ゲーム内の昼時間と夜時間でフィールドBGMが違う秒数から再生されたりといった工夫がゲームに反映されることになりました。

■『BDFF』はどんなゲーム?
2012年10月11日にスクウェア・エニックスから新作RPGとして発売されました。魔物に取りつかれたクリスタルを解放して世界を救う「王道ファンタジーRPG」で、舞台も「ルクセンダルク」という西洋風の世界です。故郷を襲った異変で弟を失った主人公・ティズ、風のクリスタルの巫女・アニエス、エタルニア公国の空挺騎士団員・イデア、記憶を失った不思議な男・リングアベルの4人は、クリスタルの異変によって様相を変えてしまった様々な国を巡り、魔物や人と戦いながら、結末へ向かっていきます。


■収録曲
[Disc1]
1.希望へ向う序曲
2.永遠の刹那
3.その祈りの向うに
4.四つの物語
5.祈り
6.はじまりの国 ☆
7.眠りに落ちて…
8.光と影の地平
9.戦いの鐘
10.勝利の歓び
11.森の静寂
12.虚ろな月の下で ★Vocalized Version
13.来訪者
14.敵影襲来
15.彼の者の名は… ★Vocalized Version
16.見果てぬ夢
17.敵地潜入
18.花が散る世界 ★Vocalized Version
19.海原を駈ける船
20.砂と大時計の国 ☆
21.木漏れ日
22.暗闇の洞穴
23.戦いの果てに ★Long Version
24.君は僕の希望 ★Vocalized Version
25.風の行方 ★Vocalized Version
26.雛鳥 ★Vocalized Version
27.愛の放浪者 ★Vocalized Version

[Disc2]
1.追憶は郷愁の調べ
2.水晶の闇
3.水晶の煌き
4.風が吹いた日 ★Piano solo Version
5.艶花の国 ☆
6.他愛もない出来事
7.緊迫の時
8.沈みそうな国 ☆
9.内戦の国 ☆
10.大空を翔ける艇
11.公国の御旗の下に
12.不死の国 ☆
13.巫女の祈り ★Strings Quartet Version
14.邪悪なるもの
15.闇のオーロラ
16.邪悪なる戦い
17.邪悪なる飛翔
18.地平を喰らう蛇
19.希望へ向う譚詩曲 ★Long Version

★…「ルクセンダルク小紀行」「ルクセンダルク大紀行」にアレンジで収録
☆…「ルクセンダルク大紀行」にメドレーアレンジで収録


■サウンドクリエイター Revo氏
ゲームのBGMを手掛けるのは『BDFF』が初。メインの活動として主宰する幻想楽団「Sound Horizon」は、緻密なストーリーと楽曲構成、「語り」という手法で構築する独自の世界観と、その世界を最大限再現するコンサート・パフォーマンスで「物語音楽」という形式を確立しています。『BDFF』と同時に始動した、他作品とのコラボで様々な音楽活動をする「Linked Horizon」は、現在放映中のアニメ「進撃の巨人」のOPでも話題を呼んでいます。Revo氏の楽曲は、掛詞やライムなど言葉遊びの要素を盛り込んだ意味深な歌詞と、重厚なコーラスやクラシカルな展開、ロック調の重いサウンド、J-POPのキャッチーさなど複数のジャンルが融合したフュージョン・サウンドが特徴的です。その音楽性はSound Horizonだけでなく、Linked Horizonやゲーム・アニメの楽曲でもぶれることなく発揮されています。

他作品:「リヴァイアサン 終末を告げし獣」、「Dream Port」(作曲家・梶浦由記さんとのコラボ)、「GUNSLINGER GIRL Image Album「Poca felicita」」

■「ルクセンダルク紀行」について
2012年8月、9月に発売されたシングル「ルクセンダルク小紀行」とアルバム「ルクセンダルク大紀行」は、『BDFF』のBGMをVocalized ver.やLong ver.、メドレー形式などでアレンジした大型連動企画です。「大紀行」のTrack2「ルクセンダルク紀行」は作中の国々のBGMをボーカライズアレンジしたメドレーで、11分超の大曲。またパーティーメンバー4人の必殺技BGMにもすべて歌詞が付き、キャラクターのバックグラウンドや物語の中での心情の変化などについて、より共感を深めることのできるアルバムとなっています。さらに「ルクセンダルク大紀行」初回限定盤のボーナストラックはピコピコ戦闘曲メドレー。自身もゲーム好きだというRevo氏らしい、ゲーマーのツボをがっしり捕えたサービスです。

■レビュー
一言で表すなら「繋がる一枚」。「ルクセンダルク小紀行」「ルクセンダルク大紀行」のようにサントラCDの外にも『BDFF』の世界は広がっていますが、サントラ内での変奏やリンクもまた秀逸です。Disc1/Track4の「四つの物語」は、クリスタル解放後「水晶の煌き」→カルディスラ王国「はじまりの国」→リングアベル必殺技曲「愛の放浪者」→ボス戦「彼の者の名は…」→エタルニア公国の六人会議「公国の御旗の下に」→ティズ必殺技曲「君は僕の希望」→イベント「花が散る世界」がメドレーになっていて、酒場風のジャズアレンジになった小粋な「愛の放浪者」は特に必聴。Disc2/Track18の「地平を喰らう蛇」は本サントラ随一の大曲で、「希望へ向う譚詩曲」や4人の必殺技BGMの旋律が組み込まれていたり、戦闘の合間に挿入されるイベントに合わせて曲調も展開したりと、至るところに音楽的な仕掛けが施されています。Disc1/Track8フィールド曲「光と影の地平」とED「希望へ向う譚詩曲」を中心に、要所要所で使われているメロディラインを探してみるのも一興です。

■いちおしの一曲(試聴)
【いちおし戦闘BGM】
Disc1/Track15「彼の者の名は…」
対エタルニア公国軍幹部のボス戦BGMです。戦闘曲の中でも特に緊張感の高い一曲。張りつめたバイオリンの音と、出だしからドコドコと疾走するベースラインは途中入れ替わりながら主旋律を演出し、戦闘が長引いても飽きない展開です。ストリングスの動きは後半でぐっと激しくなり、ボス戦ということも相まってプレイヤーを一層熱くさせます。

【いちおし国BGM】
Disc2/Track12「不死の国」
エタルニア公国で流れます。エタルニア公国は白魔法による医療が発達している国で、雪に覆われた幻想的な地です。降雪を思わせる「シャン」という鈴の音とエコーを伴う高音の旋律は綺麗ですが、儚げでもあり、「ルクセンダルク紀行」の歌詞を読むとその無常さは倍増です。全体としてミドルテンポの静かな曲ですが、1分22秒からの盛り上がりは壮大なものがあり、嘶く笛の音が切なさを引き立てます。ちなみに「不死の国」は、Revo氏が唯一リテイクを出された曲という逸話も。

【いちおしダンジョンBGM】
Disc1/Track21「木漏れ日」
ユルヤナの森の仕立て屋で流れます。終始穏やかな、心休まる曲。ピアノをメインとしたクセのない音色でゆったりとしつつ、1分11秒からストリングスが入るところは一気に音も増え、感動的な展開です。またメインメロディの運び方に「沈みそうな国」と重なる部分があり、ここにもリンクが隠れています。曲順としては前後に「砂と大時計の国」「暗闇の洞穴」と個性の強い曲が入っていることもあり、オーソドックスなRPGらしさの際立つ曲のひとつです。


「ルクセンダルク小紀行」「ルクセンダルク大紀行」と合わせて聴くとさらに楽しい「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」は、好評発売中。価格は3,300円(税込)です。

第5回は番外編再び、音ゲースペシャルをお届けします。更新は8月13日を予定していますので、お楽しみに。



■筆者プロフィール
井口宏菜
インサイド編集部にて修行中の身。好きなものは音楽と女の子と女性、ゆえにiPodのバッテリーがなくなると活動を一時停止する。つい最近「進撃の巨人」のサウンドトラックを購入した。

(C) 2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
MAIN CHARACTER DESIGN: Akihiko Yoshida.
《井口 宏菜》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』11月24日のアプデ内容が公開、『シノビリフレ』配信日決定、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』キャンプ場のテーマはどれを選んだ?…など(11/22)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』11月24日のアプデ内容が公開、『シノビリフレ』配信日決定、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』キャンプ場のテーマはどれを選んだ?…など(11/22)

  2. 【特集】あの安室奈美恵だって出てたんだぜ…青春を捧げたセガハードが集結ー忘れられない“伝説”を、もう一度!

    【特集】あの安室奈美恵だって出てたんだぜ…青春を捧げたセガハードが集結ー忘れられない“伝説”を、もう一度!

  3. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  4. リュウが変形ロボに!?『ストリートファイターII』×「トランスフォーマー」シリーズ発売決定

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. あなたと相性ピッタリの“どうぶつ”は?「どうぶつの森 ポケットキャンプ占い」が“いいね”7千超えで人気沸騰

  7. 【祝】11月22日はセガサターンの誕生日!―セガ公式Twitterに祝福のリプライが多数届く

  8. AC向け2D対戦格闘『ミリオンアーサー アルカナブラッド』が稼働開始!―ゲーセン初心者に向けたガイドも公開中

  9. スクエニ社員が『FF』の世界に転生!? 衝撃の新連載が「月刊少年ガンガン」8月号よりスタート

  10. GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定!「2017 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト

アクセスランキングをもっと見る