人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC2013】『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』が挑戦したものとは? 「日本人のためのMMORPGの開発」

スクウェア・エニックスが運営するWii/Wii U向けオンラインRPG『ドラゴンクエスト X 目覚めし五つの種族 オンライン』。9月26日にはWindows版も発売される人気タイトルです。

任天堂 Wii
【CEDEC2013】『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』が挑戦したものとは? 「日本人のためのMMORPGの開発」
  • 【CEDEC2013】『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』が挑戦したものとは? 「日本人のためのMMORPGの開発」
  • 【CEDEC2013】『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』が挑戦したものとは? 「日本人のためのMMORPGの開発」
  • 【CEDEC2013】『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』が挑戦したものとは? 「日本人のためのMMORPGの開発」
  • 【CEDEC2013】『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』が挑戦したものとは? 「日本人のためのMMORPGの開発」
  • 【CEDEC2013】『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』が挑戦したものとは? 「日本人のためのMMORPGの開発」
  • 【CEDEC2013】『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』が挑戦したものとは? 「日本人のためのMMORPGの開発」
  • 【CEDEC2013】『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』が挑戦したものとは? 「日本人のためのMMORPGの開発」
  • 【CEDEC2013】『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』が挑戦したものとは? 「日本人のためのMMORPGの開発」
スクウェア・エニックスが運営するWii/Wii U向けオンラインRPG『ドラゴンクエスト X 目覚めし五つの種族 オンライン』。9月26日にはWindows版も発売される人気タイトルです。

CEDEC2013では本タイトルのディレクターであるスクウェア・エニックスの藤澤仁氏ーが、「日本人のためのMMORPGの開発」と題して講演を行いました。

藤澤氏は、『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』(PS2)のシナリオライティングを手がけ、その後『ドラゴンクエストX』のスタッフとして勧誘されました。しかし、MMORPGのプレイ経験が無く、興味もなかった藤澤氏は「自分が遊びたくないものは作れない」と一度お断りしたそうです。

しかし、自分がMMORPGをプレイすることによって見えてきた問題点と、チャレンジャーとして開発に臨める環境、そして共に開発するスタッフの強い勧誘により、ディレクターの就任を決めたとのことです。

ディレクター就任にあたり、藤澤氏が決めていたことは「『ドラゴンクエストX』で、MMORPGというジャンルを日本でメジャーにしよう」という目標。世界のゲーム市場に比べて、日本ではMMORPGというジャンルはそれほど普及していません。この『ドラゴンクエスト』というタイトルをもってしても普及できないとしたら、それはもう日本ではMMORPGはプレイされない、という程の決意を持って臨んだ、と藤澤氏は力強く語りました。

そのために藤澤氏が目指したのは、「日本人のためのMMORPG」を開発することです。『ドラゴンクエストX』発表後にはユーザーからさまざまな意見が寄せられましたが、藤澤氏が特に意識したのは「オンラインゲームだったらやらない」という意見です。藤澤氏は、ここからユーザーの持つ3つの「心理的制約」を見出しました。

まずは「難しそう、めんどくさそう」ということ。オンラインゲームになれば、インターフェイスやゲームスタイルなどが変わってしまい、これまでのように遊べないという意見です。これに対しては、「いつものドラクエと同じ」を心がけ、メニュー画面や画面の作りなどを極力変えないように心がけたそうです。また、オンラインゲームでは非常に珍しいことですが、エンディングまでの全てのシナリオが実装されています。

次に「人と一緒に遊びたくない」という意見です。この意見に対しては、「サポート仲間」システムで、AI操作の仲間を加えて冒険できるという対策がされています。このAIも随時更新され、1人の冒険がより快適になるようにアップデートされていくとのことです。

最後の意見は「ゲームを止められなくなってしまう恐怖」です。昨今、ゲームに依存して社会生活が送れなくなってしまう、という極端な例が報道されており、一部のユーザーには「ゲームは怖い」という印象が植え付けられています。その対策として、プレイしていない時間がボーナスになる「元気玉」システムや、キャラクターをほかのユーザーに貸し出して経験値やゴールドをかせいでくる「サポート仲間」システムが実装されています。

もちろん、オンラインゲームならではの楽しみがないわけではありません。リアルタイムで進行するバトルでは「移動干渉」によってパーティープレイが楽しめますし、自分のキャラクターは人間とほかの種族の両方の姿を持っています。こうして、オンラインゲームの楽しみを奪わず、ドラクエらしさも兼ね備えた『ドラゴンクエストX』が生み出されたのです。

このほかにも、サーバー間のキャラクター移動が非常に簡単なことや、ジェスチャーによるコミュニケーションなど、さまざまなシステムが「日本人に合わせたMMORPG」という観点からデザインされていることを、藤澤氏は語ってくれました。その結果が、今日まで続く『ドラゴンクエストX』の盛況なのでしょう。


最後に藤澤氏は、自らの体験を振り返って、「新しいことをやると笑われたり、時にはうまくいかないこともあるでしょう。でも、みんなが新しいことをやれば、必ずどれかがヒットします。そうして、日本のゲームからヒット作を生み出し、活性化させていきましょう」という言葉で講演を締めくくりました。
《恩田竜太郎》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』名前の上にある王冠は“強豪”の印!立ち回りにも影響するかも

    『スプラトゥーン2』名前の上にある王冠は“強豪”の印!立ち回りにも影響するかも

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. 『ダイパ』や『あつ森』は要注意!? 2台目スイッチ、遊び方やセーブ管理の注意すべきポイント

    『ダイパ』や『あつ森』は要注意!? 2台目スイッチ、遊び方やセーブ管理の注意すべきポイント

  4. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  5. 『ポケモンSV』にヒスイポケモン参戦決定!?時を超えた絆に「胸アツ」の声!

  6. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新御三家はだれを選ぶ?2,000人以上が投票したアンケート結果発表!

  7. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

  8. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  9. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』御三家はだれを選ぶ?ニャオハ、ホゲータ、クワッスの人気を調査【アンケート】

  10. 『Apex Legends』にもオススメ!ニンテンドースイッチでDiscordを使用してボイスチャットする方法・必要機材まとめ

アクセスランキングをもっと見る