人生にゲームをプラスするメディア

『ポケモン』公式Wi-Fi大会で1500人以上が不正なポケモンを使用 ― 運営者の調査で発覚

ニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』公式Wi-Fi大会「2013 Glovbal Shadown」参加者のうち、1558名が不正ポケモンを使用していたことが調査で明らかになりました。

任天堂 DS
ポケモングローバルリンクの報告書
  • ポケモングローバルリンクの報告書
ニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』公式Wi-Fi大会「2013 Glovbal Shadown」参加者のうち、1558名が不正ポケモンを使用していたことが調査で明らかになりました。

「ポケモングローバルリンク」の発表によると、大会終了後に参加者のバトルボックスに登録されたポケモンのチェックを、今回はこれまで以上のレベルで実施しており、その結果このような多数の不正が発覚したということです。

これらの不正なポケモンは、通常のゲームプレイでの入手や、イベントや特典として公式にプレゼントされたものではなく、不正な外部ツール(スマートフォンアプリ)によってデータ作成や改ざんによって作られています。

こうした無許諾のツールについては、6月28日に株式会社ポケモン、任天堂が共同で声明を発表しており、株式会社ポケモンが運営する大会において使用が発覚した場合、「発覚した時点で失格とし、今後開催される全ての大会への参加もお断りさせていただきます。」とされていました。

なお、各カテゴリーにおける内訳は、ジュニア(2002年以降生まれ)が68人、シニア( 1998年以降)は335人、そしてマスター(1997年以降)1155人となっており、年齢が高くなるほど不正なポケモンを使用する人数も増えていることがうかがえますが、低年齢の参加者の場合は両親が不正に関与している可能性も高く、そのモラルが問われます。

不正が発覚した参加者は、先の発表どおり、今大会のランキングから除外されると共に、ランキング掲載者に提供予定の『ポケットモンスター X・Y』のテスト大会参加権利も対象外となるとのこと。

「ポケモングローバルリンク」では、引き続き世界中のプレイヤーが『ポケットモンスター』シリーズでのポケモンバトルを楽しめる健全な環境を提供できるよう、不正行為の撲滅に努めていくとしています。

(C)2012 Pokemon.
(C)1995-2012 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  2. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  5. 『スマブラSP』特定のスピリッツが出現しやすい「スピリッツイベント」12月14日より開催! “メガネキャラ”ゲットのチャンス

  6. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  7. 『スマブラSP』今作のCPUは過去最強!?あなたのCPUに対する評価はどれくらい?【アンケート】

  8. 『スマブラSP』に『ペルソナ5』のジョーカーが追加コンテンツとして参戦!【TGA 2018】

  9. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  10. PS4/スイッチ新作『スーパーロボット大戦T』2019年3月20日に発売決定!【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る