人生にゲームをプラスするメディア

「CEDEC 2013」会場で「CEDEC CHALLENGE」を実施 ― デジタルスカルプトのスピードチャレンジ紹介やネットワークセキュリティコンテストなど

ゲームビジネス 開発

CEDEC運営委員会は、「CEDEC 2013」にて、コンペティション企画「CEDEC CHALLENGE」を実施すると発表しました。

「CEDEC 2013」は、コンピュータエンターテインメント開発者向けのカンファレンスで、「BE BOLD ! (ビイ・ボールド) 」をテーマに「パシフィコ横浜」にて開催されます。会期は、8月21日~23日。会期当日会場では、コンペティション企画「CEDEC CHALLENGE」が実施される予定です。

昨年は、「エンジニアリング」「ゲームデザイン」「サウンド」の3分野の企画を実施。2013年は、エンジニアリング分野で昨年まで行われていた「超早碁九路盤AI 対決」に代わって、参加者が開発したAIプログラム同士が戦う「ゲームAI プログラミングコンテスト 2013 in CEDEC」が実施されます。さらに、「ビジュアル・アーツ」「オンライン・ネットワーク」の2つの分野の新企画が用意されています。

ビジュアル・アーツ分野では、デジタルスカルプトのスピードチャレンジを紹介する「スカルプト・マイスター!」を実施。オンライン・ネットワーク分野では、NPO 法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が開催するセキュリティコンテスト「SECCON 2013」の最初の地方大会「SECCON 2013 横浜大会」を、CEDEC会場のホワイエにて「CEDEC CHALLENGE」として共催します。「CEDEC CHALLENGE」各セッションの概要は以下の通りです。

■ゲームAI プログラミングコンテスト 2013 in CEDEC (エンジニアリング分野・公募)
詳細情報:http://cedec.cesa.or.jp/2013/event/challenge/ai.html

大好評を博したゲームAIのプログラミングコンテスト「JavaChallenge 2012」のゲームをベースに、学生だけでなく社会人の方も対象としたゲームAI のプログラミングコンテストです。事前の公募、予選を勝ち抜いた参加者が、自ら開発したAIプログラムでの戦いにより、AI プログラミングの腕を競います。あわせて、コンテストを通して学生やゲームエンジニア同士の交流促進も図ります。

■スカルプト・マイスター! (ビジュアル・アーツ分野)
詳細情報:http://cedec.cesa.or.jp/2013/program/VA/12737.html

本年7月、株式会社ボーンデジタルにて、各社のスカルプト・マイスター達が、2 時間という制約の中で、デジタルスカルプトのスピードチャレンジを繰り広げました。このセッションでは、参戦アーティスト4 名がパネルディスカッションの形式で、業界トップクラスのスカルプトテクニック、スカルプト・マイスター達のフィロソフィーまで余すことなく紹介します。

■PERACON2013~ペラ企画コンテスト2013~ (ゲームデザイン分野)
詳細情報:http://cedec.cesa.or.jp/2013/event/challenge/gd.html

「PERACON2013~ペラ企画コンテスト2013~」は、事前に設定されたテーマに沿った企画コンセプトをA4用紙1枚にまとめて競う、CEDEC参加者であれば誰でも参加できる「コンセプトシートコンテスト」です。

2011年から始まったペラコンは、プロアマ混戦の企画コンテストとして、プロのゲームデザイナーでも一度は優勝したいイベントに成長してきました。コンセプトシートというスタイルも、日本のゲーム企画の根底であるコンセプトワークを磨く、教育用の演習としても利用されるようになり成果を上げています。

本年は、若いゲームクリエイターを応援するという趣旨から、堀井雄二氏、薗部博之氏、水口哲也氏、中裕司氏、松野泰己氏、須田剛一氏をはじめ、“高橋名人”こと高橋利幸氏など多くの著名ゲームデザイナーが特別審査委員に名を連ねています。審査に伴う貴重な評価コメントが期待されます。

提出形式は、A4用紙1枚。15秒ほどで内容が理解できるものであれば、ことば、イラスト、図式など表現は自由です。プランナーやゲームデザイナーなど企画職の方々に、日頃のしがらみや業務の足かせにとらわれないフリースタイルの無差別級で、自由な発想から生まれた企画を、自由な表現で競い合っていただくものです。 作品は審査員によって評価され、優秀作品は最終日のセッションで表彰されます。

■サウンド大喜利!各社対抗ライブサウンドエフェクト制作 (サウンド分野)
詳細情報:http://cedec.cesa.or.jp/2013/program/SND/12260.html

昨年度好評であったサウンド大喜利の第2弾です。6名の挑戦者(サウンドクリエイター)が、その場で示された「お題(テキスト)」に対してサウンドエフェクトを作成します。お題(複数を予定)をどのように解釈して、どのような音で返してくるのか・・・業務で培われたテクニックや、クリエイター毎のアプローチの違いなど、普段は見られない制作シーンを目の前で存分にご覧いただきます。

■SECCON x CEDEC CHALLENGE (オンライン・ネットワーク分野)
SECCON は、NPO法人「日本ネットワークセキュリティ協会」(略称:JNSA)が開催する、IT セキュリティの技術や知識を競う日本最大のセキュリティコンテストです。

SECCON×CEDEC CHALLENGEは、CEDECの共催により「SECCON 2013」の最初の地方大会「SECCON 2013 横浜大会」として実施されます。出題範囲は、フォレンジック、暗号、ネットワーク、Web、プログラミングなど幅広い分野におよびます。
主催するJNSAでは、8月5日(月)よりSECCON2013 公式ホームページにて、参加者を募集しています。

昨今のゲーム業界においても、オンラインゲームのセキュリティやWebの脆弱性についての関心が高まりつつある状況ですが、本共催の狙いは、「実際にハッカーはどのように考えているのか」「システム防衛の勘所」などについて、実演を見る事で、セキュリティの重要性を再確認し、また、ゲーム開発現場におけるセキュリティ活動の糧にして頂くことにあります。


「CEDEC CHALLENGE」は、エキスポパスを含むすべての受講パスで受講可能です。興味のある方は、パシフィコ横浜へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

(c) 2013 CESA All rights reserved.
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

    リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

  3. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  4. RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編

  5. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  6. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  7. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  8. 【GDC2012】GDCチョイスアワードは『スカイリム』が受賞!アワードレポート

  9. トミー、「ポケモン」ぬいぐるみに針混入、検針検査を実施へ

  10. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

アクセスランキングをもっと見る