人生にゲームをプラスするメディア

スクエニ、第1四半期業績を発表 ─ 家庭用タイトルが低調する一方、ブラウザ・スマートフォン用タイトルが堅調に推移し黒字に

その他 全般

スクウェア・エニックス・ホールディングス
  • スクウェア・エニックス・ホールディングス
スクウェア・エニックス・ホールディングスは、本日8月6日に平成26年3月期 第1四半期決算を公開しました。

同社が発表した平成26年3月期第1四半期の連結累計業績は、売上高は240億8,300万円(前年同期比3.3%減)、営業利益は6億8,900万円(前年同期11億6,300万円の営業損失)、経常利益は14億9,800万円(前年同期20億4,900万円の経常損失) でした。売上高は微減、営業利益と経常利益においては改善され黒字となりました。

デジタルエンタテインメント事業において、当期間内に大型新作タイトルの発売がなく家庭用ゲーム機向けソフト販売が低調に推移する一方、ブラウザ・スマートフォンなどをプラットフォームとしたコンテンツに関しては『戦国IXA』『拡散性ミリオンアーサー』『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族オンライン』が堅調に推移し、売上高が115億7,700万円(前年同期比2.1%増)、営業利益が13億1,800万円(前年同期1億1,100万円の営業損失)となり、全体的な改善を後押ししました。

またアミューズメント事業も、既存店の売上高が前年同期を上回るなど好調な業績を示し、当事業における当第1四半期連結累計期間の売上高は97億1,900万円(前年同期比2.6%減)となり、営業利益は8億5,900万円(前年同期5,000万円の営業損失)となり、こちらも順調に推移しました。

なお、昨今のゲーム事業の環境変化を踏まえた開発方針の変更に伴い、第1四半期において開発中のゲームタイトルについて見直しを行い、コンテンツ評価損約16億円を特別損失として計上したことを主要因として、四半期純損失は、4億9,300万円(前年同期は20億7,700万円の四半期純損失)となりました。

スマートフォン、タブレットPCなどのスマートデバイスが急速に普及する大きな変革期にあり、この環境変化を踏まえて事業構造の改革を進め、新たな収益基盤を確立し収益性を改善する取り組みを強力に進めたいとしています。

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ8選、フリルドレスな「渋谷 凛」新作フィギュア、『モンハン:ワールド』武器14種の紹介動画…など(7/27)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ8選、フリルドレスな「渋谷 凛」新作フィギュア、『モンハン:ワールド』武器14種の紹介動画…など(7/27)

  2. フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

    フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

  3. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  4. AC向け2D対戦格闘『ブレイブルー セントラルフィクション』新OP映像公開! 8月3日の大型アプデに備えよう

  5. 劇場版「ガルパン」知波単学園のアヒルのスリッパが登場―「ワンフェス」で先行販売も!

  6. 【特集】ちょいフェチ!『ゲームに登場するメガネキャラ』10選

  7. ステージに向かう「渋谷 凛」の新作フィギュアが登場―白と青を基調にしたフリルドレスのクオリティが高すぎる…!

  8. イベント「POKEMON×ISETAN」を伊勢丹新宿店にて開催! 8月2日よりカフェラウンジの予約受付を開始

  9. “ねんどろいど”の顔を自分好みにチョイス! 新サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」開始

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る