人生にゲームをプラスするメディア

スクエニ、第1四半期業績を発表 ─ 家庭用タイトルが低調する一方、ブラウザ・スマートフォン用タイトルが堅調に推移し黒字に

その他 全般

スクウェア・エニックス・ホールディングス
  • スクウェア・エニックス・ホールディングス
スクウェア・エニックス・ホールディングスは、本日8月6日に平成26年3月期 第1四半期決算を公開しました。

同社が発表した平成26年3月期第1四半期の連結累計業績は、売上高は240億8,300万円(前年同期比3.3%減)、営業利益は6億8,900万円(前年同期11億6,300万円の営業損失)、経常利益は14億9,800万円(前年同期20億4,900万円の経常損失) でした。売上高は微減、営業利益と経常利益においては改善され黒字となりました。

デジタルエンタテインメント事業において、当期間内に大型新作タイトルの発売がなく家庭用ゲーム機向けソフト販売が低調に推移する一方、ブラウザ・スマートフォンなどをプラットフォームとしたコンテンツに関しては『戦国IXA』『拡散性ミリオンアーサー』『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族オンライン』が堅調に推移し、売上高が115億7,700万円(前年同期比2.1%増)、営業利益が13億1,800万円(前年同期1億1,100万円の営業損失)となり、全体的な改善を後押ししました。

またアミューズメント事業も、既存店の売上高が前年同期を上回るなど好調な業績を示し、当事業における当第1四半期連結累計期間の売上高は97億1,900万円(前年同期比2.6%減)となり、営業利益は8億5,900万円(前年同期5,000万円の営業損失)となり、こちらも順調に推移しました。

なお、昨今のゲーム事業の環境変化を踏まえた開発方針の変更に伴い、第1四半期において開発中のゲームタイトルについて見直しを行い、コンテンツ評価損約16億円を特別損失として計上したことを主要因として、四半期純損失は、4億9,300万円(前年同期は20億7,700万円の四半期純損失)となりました。

スマートフォン、タブレットPCなどのスマートデバイスが急速に普及する大きな変革期にあり、この環境変化を踏まえて事業構造の改革を進め、新たな収益基盤を確立し収益性を改善する取り組みを強力に進めたいとしています。

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

    「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

  2. ローソン新商品「食べマスモッチ 星のカービィ」食レポ―小さいクセに腹持ち良いぞ!

    ローソン新商品「食べマスモッチ 星のカービィ」食レポ―小さいクセに腹持ち良いぞ!

  3. 【昨日のまとめ】『アズールレーン』「再登場して欲しい期間限定艦は誰?」結果発表、駆逐艦「不知火」の改造実装、『スプラトゥーン2』Ver.3.0.0を4月25日より配信…など(4/24)

    【昨日のまとめ】『アズールレーン』「再登場して欲しい期間限定艦は誰?」結果発表、駆逐艦「不知火」の改造実装、『スプラトゥーン2』Ver.3.0.0を4月25日より配信…など(4/24)

  4. 【特集】世界地図で見るオープンワールドゲーム早見表

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 「レディ・プレイヤー1」は映画というポップカルチャーを体現した作品だった―CGの向こう側に見えるオタクたちの「オアシス」【レビュー】

  7. 【特集】歴代『死にゲー』総まとめ!―レトロから最新作までジャンル別に網羅

  8. ファンの愛に溢れたハイクオリティすぎる『オーバーウォッチ』コスプレ集!

アクセスランキングをもっと見る