人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、3月期第1四半期『バイオハザード』『ドラゴンズドグマ』など売れ行きは伸びるも、増益に結び付かず

カプコンは、2014年3月期第1四半期の連結業績を発表しました。

ゲームビジネス 市場
カプコン、3月期第1四半期『バイオハザード』『ドラゴンズドグマ』など売れ行きは伸びるも、増益に結び付かず
  • カプコン、3月期第1四半期『バイオハザード』『ドラゴンズドグマ』など売れ行きは伸びるも、増益に結び付かず
カプコンは、2014年3月期第1四半期の連結業績を発表しました。

発表によると、売上高174億5700万円(前年比6.2%減)、営業利益7億2300万円(前年比72.9%減)、経常利益11億5100万円(前年比47.9%減)、四半期純利益は8億2800万円(37.3%減)となりました。

パッケージゲームの売れ行きに関しては、マルチプラットフォームで展開した『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』は計画通りの推移、PS3/Xbox360用『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』は底堅い売れ行き、オンラインゲーム『モンスターハンター フロンティアG』は健闘、台湾で配信を開始したブラウザゲーム『鬼武者Soul』は順調な滑り出しとされています。

しかしながら、パッケージソフトの販売単価が低下したこと、モバイルコンテンツで有力タイトルが欠けたことなどを原因として、デジタルコンテンツ事業の売上高は124億5400万円(前年比9.4%減)、営業利益が4億2300万円(前年比82.4%減)の減収減益となりました。

2014年3月期の業績予想については、2013年5月8日に発表された業績予想から変更はないとのことです。

(C)CAPCOM
《井口 宏菜》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

    VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

  2. プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!

    プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!

  3. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

    任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

  4. 令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

  5. SIEがオリジナルIPのAAAタイトルを開発中―新興スタジオと共同開発を進めていることを発表【SUMMER GAME FEST】

  6. ハドソン、100万個を売ったあの「シュウォッチ」を復刻!連射せよ!

  7. 今週発売の新作ゲーム『ディビジョン2』『ONE PIECE WORLD SEEKER』『BLADE ARCUS Rebellion from Shining』他

  8. 【CEDEC 2012】「Too Japanese」な日本ゲームは海外で評価されないのか ― 『GRAVITY DAZE』ヒットの理由

  9. 台湾のゲームユーザー数は人口の半分以上!?世界が注目する台湾ゲーム市場の実態に迫る

  10. Forbes世界のビリオネア、山内氏は4600億円で226位

アクセスランキングをもっと見る