人生にゲームをプラスするメディア

必殺技が3つに対してディストーションが6つ!?『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』体験会レポート

アークシステムワークスは、7月27日に大阪・日本橋の上新電機ディスクピア日本橋にて『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』の世界初の先行体験会を実施しました。

ソニー PS3
先行体験会
  • 先行体験会
  • 参加者に配布されたポストカード
  • 『XBLAZE CODE:EMBRYO』のポストカードも
  • 会場の様子
  • アーケードコントローラーも用意されました
  • テルミはいますが、カグラがいません
  • テルミのコマンド表
  • しよんこTシャツを着たスタッフが整理券を配布
アークシステムワークスは、7月27日に大阪・日本橋の上新電機ディスクピア日本橋にて『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』の世界初の先行体験会を実施しました。

『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』は、現在アーケードで稼働中の本作をPS3に移植したもので、家庭用版では「ユウキ=テルミ」と「カグラ=ムツキ」がプレイアブルキャラクターに追加。今回の体験会では、「テルミ」を世界最速でプレイできるROMが用いられました。


開始30分前から、既に列が出来ていた真夏の上新電機ディスクピア日本橋店内。出入口が近いためか、はたまたファンの熱気か…どちらにしろ、非常に熱い環境の中で体験会はスタートしました。店内は待機列に並ぶ人で埋め尽くされ、皆「テルミ」のコマンド表を必死に見ては、仲間たちとコンボについて意見を述べ合っていました。

「テルミ」の特徴としては、必殺技が3つに対してディストーションが6つ。さらにディストーションのとある技は、5000代後半から6000代のダメージ(テルミvsテルミの場合)を与えます。また、「ハザマ」の「ドライブ攻撃(ウロボロス)」は、移動や遠距離攻撃・空中コンボなどに使えましたが、「テルミ」の場合は「ウロボロス」から「フォースイーター」に変更され、「ハザマ」とは全く違う動きを繰り出すように。そしてなんといっても、よりかっこよく、より派手に、より壊れたキャラクターに仕上がっていました。


新キャラクターのコンボレシピを考えるのも、新作の楽しみですので、より詳しい情報はご自身の目で確かめてみては如何でしょうか。なお「テルミ」は予約特典となっていますので、発売と同時に使用を考えている人は予約必須です。

『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』は2013年10月24日発売予定。価格は、通常版が6,800円(税別)、限定版(Limited Box)は9,800円(税込)です。


■BLAZBLUE CHRONOPHANTASMAとは
『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』は、様々なメディアで展開する『BLAZBLUE』シリーズの最新作です。これまでの『BLAZBLUE』から一部システムを変更し、特に「オーバードライブ」システムの採用により一発逆転の展開や、よりいっそうスピーディーで奥深い戦闘が楽しめるようになります。

アーケード版では、物語の舞台を「第十三階層都市“カグツチ”」から「第二次魔道大戦(イカルガ内戦)」が起こった「連合階層都市“イカルガ“」へ移り、「アマネ」「バレット」「アズラエル」「イザヨイ」の4名が新プレイアブルキャラクターとして参戦し、物語は新たな展開を迎え新たな戦いの序章が描かれましたす。

家庭用版『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』では、さらなる新プレイアブルキャラクター「カグラ=ムツキ」と「ユウキ=テルミ」を追加。アーケード版のエンディング後に残された多くの謎が、家庭用のストーリーモードで明らかにされ、より深くユーザーが物語に入り込めるように「ストーリーモード」、「ネットワークモード」の仕様に大幅なリニューアルを図っています。

(C) ARC SYSTEM WORKS
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『Ghost of Tsushima』インプレ―リアルな「蒙古襲来」、往年の時代劇を再現した「黒澤モード」も熱い

    『Ghost of Tsushima』インプレ―リアルな「蒙古襲来」、往年の時代劇を再現した「黒澤モード」も熱い

  2. 『パワプロ2020』打席に立った寧々さんが描く巨大なアーチは、僕の溜息をも抱いて青空に消えていったんだ─ありえたかもしれない十羽野高校野球部の夏

    『パワプロ2020』打席に立った寧々さんが描く巨大なアーチは、僕の溜息をも抱いて青空に消えていったんだ─ありえたかもしれない十羽野高校野球部の夏

  3. PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキオン』はエクストラ機体も初期から参戦!ゲームバランスはアーケード版最終環境を移植【特別番組まとめ】

    PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキオン』はエクストラ機体も初期から参戦!ゲームバランスはアーケード版最終環境を移植【特別番組まとめ】

  4. 新作バトルロイヤル『ハイパースケープ』オープンベータの内容に迫る!スピーディな試合展開に注目【プレイレポ】

  5. 『Ghost of Tsushima』先行プレイレポ―きっとあなたも三船敏郎、剣戟活劇ここにあり!

  6. 緑に支配された人工物ってワクワクしない?『The Last of Us Part II』で廃墟探索【観察特集】

  7. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  8. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  9. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  10. 『モンハン:アイスボーン』アルバトリオンの初見クリア率は約11%! 初戦の狩猟結果&先駆者たちのアドバイスを紹介【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る