人生にゲームをプラスするメディア

和田氏の新作3DSタイトル『ホームタウンストーリー』 ゲームの主要素は「深い人間ドラマ」

任天堂 3DS

和田氏の新作3DSタイトル『ホームタウンストーリー』 ゲームの主要素は「深い人間ドラマ」
  • 和田氏の新作3DSタイトル『ホームタウンストーリー』 ゲームの主要素は「深い人間ドラマ」
  • 『Hometown Story』
トイボックスの和田康宏氏が手掛ける新作3DSタイトル『ホームタウンストーリー』は、『牧場物語』にあった結婚概念よりも、一層豊富で深い人間ドラマに焦点をあて、それにインタラクトできる内容となるようです。

先日のE3にも出展され、海外での注目度も高い『ホームタウンストーリー』。和田氏は、本作がフォーカスするキャラクターとの関わり合いについて、『牧場物語』を比較対象にあげて海外サイトのインタビューに回答しています。

氏は、『牧場物語』では作物を育てたり動物を世話するといった主要素のほかに「結婚」というものがあり、それがいわばゲームのゴールのようなものにもなっていたと発言。ですが、人間関係はなにも結婚だけでなく、男と男、父と息子だったりもする。『ホームタウンストーリー』では、結婚の代わりにバラエティ豊富な人間関係をもたせたかったとコメントしています。本作でも結婚はできるものの、ゲームの一部にすぎず、結婚対象となるキャラクターは各性別ごとに3人だけになるようです。

また、好感度をあげるのにアイテムをプレゼントするというのも、まるで賄賂のようでおかしいと感じていたらしく、『ホームタウンストーリー』ではそうする必要はなくなっているとのこと。結婚できるキャラクターが減ったかわりに、より深いストーリーをもち、プレイヤーがそれにインタラクトできる30を超えるキャラクターが存在する事も明らかにしています。

氏は、別の海外サイトのインタビュー記事でも、『ホームタウンストーリー』と『どうぶつの森』の最も大きな違いとしてNPCの強い特性を挙げ、各キャラクターがもつ深い人間ドラマは比較できないものになると述べています。

徐々にゲームの全容が明らかになりつつある『ホームタウンストーリー』。日本向けのトレーラー映像も現在制作中とのことで、さらなる続報が楽しみです。

3DSソフト『ホームタウンストーリー』は、発売日・価格ともに未定です。
《Ami》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

    「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

  2. 『スプラトゥーン2』あんなに仲が良かったシオカラーズが…、ふたりのストーリー第一話が公開

    『スプラトゥーン2』あんなに仲が良かったシオカラーズが…、ふたりのストーリー第一話が公開

  3. 『ポケモン サン・ムーン』オリジナルデザインの2DSが12月に登場!本体は爽やかなライトブルー

    『ポケモン サン・ムーン』オリジナルデザインの2DSが12月に登場!本体は爽やかなライトブルー

  4. 【特集】ニンテンドースイッチでゲームキャプチャをやってみた

  5. 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

  6. 『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

  7. 「ニンテンドー2DS」New3DSからの引越しは非対応、対応周辺機器などに関する「Q&A」が公開

  8. 2DSの通常販売が決定! 9月15日にリリース、カラーは5色を用意

  9. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  10. 新ハード「ニンテンドー2DS」2月27日発売! 初代『ポケモン』を同梱、価格は9,980円

アクセスランキングをもっと見る