人生にゲームをプラスするメディア

1フレーム単位で調整された『パペッティア』 ─ 製作秘話が明かされる動画第3幕「アクション」篇公開

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション3ソフト『パペッティア』の舞台裏を語る動画シリーズ第3幕「アクション」篇を公開しました。

ソニー PS3
迫力あるボス戦!
  • 迫力あるボス戦!
  • 魅力ある世界観に見とれてしまいます
  • プロデューサーの水谷崇氏
  • 『パペッティア』魔法劇場の舞台裏 バナー
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション3ソフト『パペッティア』の舞台裏を語る動画シリーズ第3幕「アクション」篇を公開しました。

『パペッティア』は、「舞台」などからインスパイアを受けて製作されているアクションゲームで、ユーザーのリビングを劇場に見立てたような独特の演出や世界観などに注目が集まる、プレイステーション3期待の一本です。

主人公は、人形にされてしまった少年「クウタロウ」。魔法のハサミ「カリバス」を駆使し、敵に立ち向かったり、エアカットというアクションで様々な場所を移動したりと、多彩なアクションを見せてくれます。

今回公開された動画では、クウタロウやカリバスを使ったアクションなどについて、裏話が明かされました。クリエイティブ・ディレクターのギャビン・ムーア氏は、「カリバス」を使う時の楽しさやハサミ独特の「音」の心地よさを熱く語りました。

また、プログラマーの貞満政紀氏は、エアカットを際立たせるために少しだけ物足りないジャンプを作りつつも、レスポンスとして良いモノを作らなければいけないという課題に対し、クウタロウのアクションを1フレーム単位で調整したと明かしました。動きがもたつけばストレスになり、素早すぎると味気ないモノとなるその狭間を、極限まで突き詰めたアクションを構築しているようです。

そしてクウタロウ自身の動きにもこだわり、リード・アニメーターの川孝平氏は、人形なので人間には出来ないようなギミックを取り入れながらも、8歳の少年という年頃を意識して動作を作り上げたとのことです。

この他にも、数多くのクリエーターがそれぞれの立場で、『パペッティア』の舞台裏を語っているので、興味のある方はチェックしてください。



ここまでで3回を数えた魔法劇場の舞台裏は、今回で終わりとのことです。残念ですが、また別の形で『パペッティア』の続報が訪れることでしょう。その時を期待しながら、幕間の小休憩というのも一興かもしれません。


『パペッティア』は、2013年9月に発売予定で価格は未定です。

(C)Sony Computer Entertainment Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4『ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮』は本格ローグライクRPG! ADVパートでは特別なグラフィックも

    PS4『ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮』は本格ローグライクRPG! ADVパートでは特別なグラフィックも

  2. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

    尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  3. 100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

    100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

  4. 『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

  5. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  6. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  7. 「ツインスティック」商品化のクラウドファンディング、半日かからず達成!『バーチャロン』3作品の移植決定が支援を後押し

  8. 『モンハン:ワールド』世界大会を終えた各国の選手に色々聞いてみた―辻本P&徳田D総括も

  9. 『デビル メイ クライ 5』15分に及ぶプレイ動画が海外メディアより公開【gamescom 2018】

  10. PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

アクセスランキングをもっと見る