人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2013】『アサシンクリード4 ブラック・フラッグ』のマルチはシリーズ集大成、自由自在にルールを作成

任天堂 Wii U

ブースの様子
  • ブースの様子
  • ブースの様子
  • ブースの様子
  • ブースの様子
  • GAME LAB
  • キャラクターセッティング
  • ゲームプレイの様子
  • ゲームプレイの様子
ユービーアイソフトの今年の目玉の一つが『アサシンクリード4 ブラック・フラッグ』です。E3 2013の同社ブースではシングルキャンペーンモードの実演デモと、マルチプレイヤーモードの体験が可能となっていました。ここでは、マルチプレイヤーの感触をお伝えします。

『アサシンクリード』の人気の理由の一つともなってきたマルチプレイヤーモード。本作はその集大成として、「GAME LAB」というシステムが搭載され、プレイヤーは200以上の項目から成るゲームシステムやスコアリングシステムを自由に設定し、好みの種類のルールを作成、そのルールでマルチプレイヤーで楽しめるようになりました。作成したルールは友達と共有することも可能です。

ブースでは「WANTED」というルールで8人のマルチプレイヤーを体験できました。これは過去にもあったルールで、ターゲット(8人の自分を除く7人のうちの一人)が指定されるので、そのターゲットを探し、暗殺すると得点が貰えるというもの。今回は8分間で得点を競いました。

画面に表示されるコンパスの向きにいるターゲットを探して殺すのですが、同時に自分も誰かのターゲットにされています。襲いかかるアサシンから逃れつつ、自分のターゲットを探す必要があります。これが中々難しい。ターゲットを見つけたと思ったら背後からやられてしまう、そんなケースが何度かありました。焦る余り、ターゲットの手前の一般人を暗殺してしまったり・・・(10秒のペナルティが与えられる)。

今回遊んだステージは港町のマップで、高低差がある作りとなっていました。草木の生えた斜面を走ったり、建物の屋根の上に登ったり、降りたり、そう広くは無いものの、表情豊かなマップを体験することができました。暗殺されまくりの8分間でしたが、楽しいひとときでした。



《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチのLANポート付きドックが2月23日に発売決定―コンパクトサイズの優れもの

    ニンテンドースイッチのLANポート付きドックが2月23日に発売決定―コンパクトサイズの優れもの

  2. インドぞうを倒しまくりそうなポケモン10選

    インドぞうを倒しまくりそうなポケモン10選

  3. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

    【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  4. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  5. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  6. 家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  9. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  10. 『スプラトゥーン2』次回アプデでもう少しだけ強化して欲しいブキ8選(Ver.2.2.2時点)

アクセスランキングをもっと見る