人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2013】任天堂が今年度中にF2Pゲームの提供を計画中

世界最大のゲームショー、E3に参加中の任天堂・岩田聡社長が行ったアナリスト向けの会見の中で、同社は今年度中にF2Pタイトルの提供を計画していることが明らかになりました。

任天堂 その他
世界最大のゲームショー、E3に参加中の任天堂・岩田聡社長が行ったアナリスト向けの会見の中で、同社は今年度中にF2Pタイトルの提供を計画していることが明らかになりました。

これは任天堂の将来のデジタルビジネスへの取り組みの一環として述べられたものです。今後ダウンロード販売がますます隆盛を極める中、デジタルビジネスを拡大するための取り組みのひとつとして、任天堂としては初めての試みとなるFree to Play(F2P)型のソフトの供給体制を、早くも今年度中(2014年3月末日まで)に立ち上げるとしています。

実はこれまでも任天堂はF2P型のゲームについて興味があることを明らかにしており、今年4月にも投資家へ向けた会見の中で岩田社長は、F2Pタイトルや月額課金型モデル、あるいは電子マネーでの小額支払いのモデルなどを模索中であることを述べています。

F2Pのゲームはスマホやタブレットの専売特許だと受け止められている中、もし任天堂ハードで実現すれば画期的なことになりますが、岩田社長はそうしたタイトルにはマリオやポケモンなどの任天堂のキャラクターは登場しないことも示唆しています(David Gibson氏)。

とすればやはり、無料ゲームの中核はインディーズゲームでしょうか? 最近、任天堂が積極的にインディーズデベロッパーに接触を図っているという報告がもたらされていることも、これを裏付けているように思われます。
《小寺信夫》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンユナイト』意外と差が出る「ゴール」の豆知識!土壇場で勝てるシュート技術を身につけよう

    『ポケモンユナイト』意外と差が出る「ゴール」の豆知識!土壇場で勝てるシュート技術を身につけよう

  2. 『スマブラSP』最後の追加ファイターは誰がいい?3位「2B」、2位「バンダナワドルディ」…人気作品が勢揃い

    『スマブラSP』最後の追加ファイターは誰がいい?3位「2B」、2位「バンダナワドルディ」…人気作品が勢揃い

  3. 『モンハンライズ』に登場して欲しいモンスターは?ミラボレアス、イビルジョーを抑えたのは“和風”なアイツ

    『モンハンライズ』に登場して欲しいモンスターは?ミラボレアス、イビルジョーを抑えたのは“和風”なアイツ

  4. 『あつまれ どうぶつの森』フータに「さかなクン」が鋭い指摘! 魚知識の豊富さで人気動画が再注目

  5. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  6. 『ポケモンユナイト』上級者がやってる「だっしゅつボタン」活用術!あらゆる面で大活躍

  7. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  8. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  9. 『モンハンライズ』で手強いモンスターは?読者が選んだ投票結果ー苦しめられたハンターの生の声をお届け

  10. 元ドット職人が教える『あつまれ どうぶつの森』マイデザインお役立ちテクニック!描き方の初歩から独特な「なめらか補正」まで幅広く解説

アクセスランキングをもっと見る