人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2013】任天堂が今年度中にF2Pゲームの提供を計画中

任天堂 その他

世界最大のゲームショー、E3に参加中の任天堂・岩田聡社長が行ったアナリスト向けの会見の中で、同社は今年度中にF2Pタイトルの提供を計画していることが明らかになりました。

これは任天堂の将来のデジタルビジネスへの取り組みの一環として述べられたものです。今後ダウンロード販売がますます隆盛を極める中、デジタルビジネスを拡大するための取り組みのひとつとして、任天堂としては初めての試みとなるFree to Play(F2P)型のソフトの供給体制を、早くも今年度中(2014年3月末日まで)に立ち上げるとしています。

実はこれまでも任天堂はF2P型のゲームについて興味があることを明らかにしており、今年4月にも投資家へ向けた会見の中で岩田社長は、F2Pタイトルや月額課金型モデル、あるいは電子マネーでの小額支払いのモデルなどを模索中であることを述べています。

F2Pのゲームはスマホやタブレットの専売特許だと受け止められている中、もし任天堂ハードで実現すれば画期的なことになりますが、岩田社長はそうしたタイトルにはマリオやポケモンなどの任天堂のキャラクターは登場しないことも示唆しています(David Gibson氏)。

とすればやはり、無料ゲームの中核はインディーズゲームでしょうか? 最近、任天堂が積極的にインディーズデベロッパーに接触を図っているという報告がもたらされていることも、これを裏付けているように思われます。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』Ver.3.0の注目ブキ10選、大型アプデをこのブキで乗りこなせ!

    『スプラトゥーン2』Ver.3.0の注目ブキ10選、大型アプデをこのブキで乗りこなせ!

  2. 『スプラトゥーン2』Ver.3.0でチェックしておきたいギアパワー9選

    『スプラトゥーン2』Ver.3.0でチェックしておきたいギアパワー9選

  3. 任天堂、平成30年3月期 決算を発表─売上高は1兆円超え、スイッチは1,500万台を販売、『オデッセイ』1,000万本の大台に

    任天堂、平成30年3月期 決算を発表─売上高は1兆円超え、スイッチは1,500万台を販売、『オデッセイ』1,000万本の大台に

  4. 任天堂の君島社長が6月28日付で退任―新代表取締役社長は古川俊太郎氏に内定

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  8. 『DEEMO』を“リアル鍵盤”でプレイ!? 『Nintendo Labo』のピアノ型Toy-Conを組み合わせた技術テスト動画を披露

  9. 『ポケモン US・UM』幻のポケモン「ゼラオラ」の詳細が判明! バトルビデオ公開&模擬戦でのバトルも

  10. 『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その1!シューター&マニューバー&スペシャルウェポン編

アクセスランキングをもっと見る