人生にゲームをプラスするメディア

スクエニ、クラウドファンディング有効活用を模索 ― 何の情報も与えず発売日を待たせる時代ではない

スクウェア・エニックスは、ユーザーとの関係をより濃密に築くことを主眼に、ゲーム開発者向けクラウドファンディングであるKickstarterやSteam Greenlightを今後活用していく方針を表しています。

ゲームビジネス 市場
スクエニ、クラウドファンディング有効活用を模索 ― 何の情報も与えず発売日を待たせる時代ではない
  • スクエニ、クラウドファンディング有効活用を模索 ― 何の情報も与えず発売日を待たせる時代ではない
スクウェア・エニックスは、ユーザーとの関係をより濃密に築くことを主眼に、ゲーム開発者向けクラウドファンディングであるKickstarterやSteam Greenlightを今後活用していく方針を表しています。

同社がウェブ上でリリースした財務報告書の中で、新社長の松田洋祐氏は「ユーザーに何の情報も与えないまま発売日を待たせる時代ではない」と発言し「Kickstarterはクラウドファンディングの用途以外にも、ユーザーとの相互関係を築くことができ、開発中のタイトルをマーケットに結びつけることができると信じています」と、新たなプロモーションのアイディアを語っています。

またValve社が運営するSteam GreenlightとEarly Accessについても「頻繁にユーザーと接触することで市場のニーズを把握できる非常に興味深いもので、有効な活用方法を考えています」と述べています。

クラウドファンディングの新たな活用を模索するスクウェア・エニックスが今度どのような具体的なアプローチを仕掛けてくるのか注目が集まると共に、この指針は2013年3月期の連結決算の報告で苦戦が伝えられている同社が、新体制のもとでドラスチックな改革を図る手始めの一歩ではないかとも受け止められています。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』『Travis Strikes Again: No More Heroes』『鬼武者』他

    今週発売の新作ゲーム『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』『Travis Strikes Again: No More Heroes』『鬼武者』他

  2. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  3. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  4. 【CEDEC 2013】ゲームメーカーが求める人材像とは?CEDEC2013業界研究フェアでバンダイナムコスタジオとグリーの人事担当が対談

  5. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  6. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  7. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  8. 2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン

  9. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  10. 新作音ゲー『オンゲキ』が稼働前に体験できる「おためしプレイ会」が開催!

アクセスランキングをもっと見る