人生にゲームをプラスするメディア

サイバーノイズ、独自のグラフィック技術最新ソフト「Live2D Cubism」を法人向けに販売開始

ゲームビジネス その他

サイバーノイズ、独自のグラフィック技術最新ソフト「Live2D Cubism」を法人向けに販売開始
  • サイバーノイズ、独自のグラフィック技術最新ソフト「Live2D Cubism」を法人向けに販売開始
サイバーノイズが、マンガ、アニメ、イラストなどの2Dのコンテンツを2Dならではの魅力を保ちながら立体的かつインタラクティブに表現できる独自のグラフィック技術「Live2D」の最新版ソフト「Live2D Cubism(キュビズム)」を法人向けに販売を開始した。

「Live2D Cubism」は、ラスターデータで準備された原画からLive2Dモデルを構築し動かすツールセットで、モデリングを行うModelerとモデルデータに演技(アニメ)を加えるAnimatorからなる「Live2D Cubism Editor」、Live2Dモデルを各プラットフォームでリアルタイムに動かすための描画エンジンである「Live2D Cubism SDK」から構成されているプロ向けのハイエンドツール。

同社では今回の販売開始を記念し、5月31日まで「Live2D Cubism Editor」の購入申し込みをした人の初年度の年間アップグレードサポート(52,500円)を無料とするキャンペーンを実施する。

なお、今夏には個人や教育機関向けにも提供を開始するほか、英語版のリリースも予定しているとのことで、また法人向け発売に伴いCG関連ソフトウェア販売の株式会社ボーンデジタルとの販売協力を開始し、国内のCG 関連企業や教育機関に向けた販売網を拡充するとしている。

copyright (C) 2013 cybernoids ltd. all rights reserved.
《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

    AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

  2. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  3. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

    「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  4. 「BitSummit Volume 6」総来場者数が発表―10,740人と過去最高に!

  5. 『モンハン』一緒に寝たい!「寝そべりぬいぐるみ」登場

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  8. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  9. ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較・・・SIG-Indie第10回勉強会

  10. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

アクセスランキングをもっと見る