人生にゲームをプラスするメディア

GTアカデミー出身オルドネス選手インタビュー「日本のSUPER GTに出場したい」

ソニー PS3

GTアカデミー出身オルドネス選手インタビュー「日本のSUPER GTに出場したい」
  • GTアカデミー出身オルドネス選手インタビュー「日本のSUPER GTに出場したい」
  • GTアカデミー出身オルドネス選手インタビュー「日本のSUPER GTに出場したい」
  • GTアカデミー出身オルドネス選手インタビュー「日本のSUPER GTに出場したい」
  • GTアカデミー出身オルドネス選手インタビュー「日本のSUPER GTに出場したい」
グランツーリスモと日産自動車のコラボレーションで誕生した「GTアカデミー」は、『GT』をプレイするゲーマーから未来のレーサーを発掘しようという、バーチャルなグランツーリスモから誕生した現実世界のプロジェクトです。

2008年のスタート以降、予選への参加者が累計200万人を超え、大会の優勝者は日産を代表してトップレベルのモータースポーツに参戦しています。2013年のGTアカデミーも、イギリス・シルバーストーンで開催された「グランツーリスモ」15周年記念イベントにおいて、『グランツーリスモ6』の体験版を通じて開催されることが発表されました。

GTアカデミー出身でレーシングドライバーとして活躍するルーカス・オルドネス選手に各メディアがインタビューし、グランツーリスモの魅力について話しを聞きました。

―――グランツーリスモで人生が変わってしまいましたが、率直な感想をお聞かせください。

GTアカデミーの前は普通のスペインの学生でした。一般の学生からプロのレーサーになることができ夢が叶いました。プロのレーサーとして5年間やってきて、今回「GTアカデミー」を広めることに参加できて光栄です。

―――ゲーマーからレーサーになる上で苦労したことは?

ゲームの世界でしたら視覚や指先から情報を感じることになりますが、本当のレーサーは視覚だけではなく、全身で情報を感じることになります。全身で感じた情報に対応して、クルマをコントロールすることに反映しなければならないのが難しいところです。

―――ゲーマーであったことに良かったことはありますか?

普通のプロレーサーもシミュレーターで練習しているのですが、私はGTを通じてずっとやってきたことなので、バーチャルから現実の動きに変換することは得意だと思います。現在もそうですが、将来のプロレーサーの練習の一つがシミュレーターによるトレーニングになると思いますので、良い方向にいると思います。

―――GTのなかで一番好きなクルマは?

GT-Rは、バーチャルでもリアルでも両方経験して1番好きなクルマでした。GTアカデミーでは、レーシングの勉強をしたクルマでしたし、最近スペインのレースでもGT-Rで一番の成果を出せることが出来ました。将来は、日本のSUPER GTに出場してGT-Rをドライブすることと、自分のクルマとしてGT-Rを持つことが夢ですね。

―――ゲームパッドでもプレイしたりしますか?

最初はゲームパッドでやってましたけど、GTアカデミーのためにステアリングホイールに切り替えました。前に、山内さんと話した時に気づきましたが、ステアリングホイールを動かすためのソフトにもパワーがあることを感じましたね。他のレーシングゲームもやってみましたが、やっぱりGTに近いものはないです。

―――新しい『GT6』をドライブして違いはありましたか?

今朝、初体験しましたが、物理的な部分やクルマの姿勢など、走り方の部分でだいぶ進んでいることが感じられました。最終版が出来たら本当にヤバいと思います。
《椿山和雄》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『GUNDAM VERSUS』期間限定生産版特典にて「ガンダム・バルバトスルプス」参戦決定!モード紹介PVや新たな参戦機体も判明

    『GUNDAM VERSUS』期間限定生産版特典にて「ガンダム・バルバトスルプス」参戦決定!モード紹介PVや新たな参戦機体も判明

  2. 各兵科の特徴がわかる『地球防衛軍5』3rdPV!―「モテたい」って理由でEDFに入隊できるもんなの…?

    各兵科の特徴がわかる『地球防衛軍5』3rdPV!―「モテたい」って理由でEDFに入隊できるもんなの…?

  3. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

    【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  4. ヴァンが早口言葉に挑戦!?動画・120秒でわかる『FFXII ザ ゾディアック エイジ』第2弾が公開

  5. 【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

  6. PS Vita『俺達の世界わ終っている。』2017年秋発売! 「変態」「中二」「残念」など7つの罪を持つ面々が登場

  7. 『ねぷねぷ☆コネクト』配信時期を変更、2017年6月に─延期のおわびにゲーム内アイテムを用意

  8. バンダイナムコ、一人称スリラーADV『GET EVEN』を2017年に配信─PS4/STEAMにて展開

  9. 『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』の発売予定日が決定、ティザーサイトが公開に―予約特典情報なども

  10. PS4/PS3『GUILTY GEAR Xrd REV 2』発売開始―6月1日にはSteam版の配信も

アクセスランキングをもっと見る