人生にゲームをプラスするメディア

「第15回FUKUOKAゲームインターンシップ」募集開始 ― ゲーム企業の現場でプロが直接指導

ゲームビジネス その他

「第15回FUKUOKAゲームインターンシップ」ポスター
  • 「第15回FUKUOKAゲームインターンシップ」ポスター
  • 「第15回FUKUOKAゲームインターンシップ」バナー
福岡ゲーム産業振興機構は、「第15回FUKUOKAゲームインターンシップ」の参加者を5月16日から募集すると発表しました。

15回目の開催となる「FUKUOKAゲームインターンシップ」は、実際に企業内でゲーム作成について学び、体験するインターンシップです。ゲームクリエイターを目指す方に福岡、九州のゲーム企業のことを知ってもらい、ゲーム作成の流れや求められる能力を学んで、今後の進路選択に役立ててもらうこと、および企業が優れた人材を発見し、育成、獲得することを目的としています。

応募対象は、ゲームクリエーターを本気で目指している18歳以上の方です。福岡県外からの参加者には宿泊費の一部を助成。選考方法は、応募者の希望をふまえてマッチングを行い、書類選考後に各受入予定企業にて面接等を実施して決定予定です。

■第15回FUKUOKAゲームインターンシップ 実施概要
・募集期間:2013年5月16日~2013年6月14日
・実施期間:7月下旬~8月下旬
・応募対象:ゲームクリエイターを本気で目指している年齢18歳以上の方

■受入予定企業
【GFF加盟企業】
・ガンバリオン
・サイバーコネクトツー
・システムソフト・アルファー
・デジタルハーツ
・ペガサスジャパン
・レベルファイブ
【その他受入予定企業】
・タウンファクトリー

■実施コース
・プログラマーコース
・デザイナーコース
・プランナーコース
・デバッグプレイヤーコース
*参加希望コースおよび希望企業に応じて、自主制作された作品を提出

「第15回FUKUOKAゲームインターンシップ」は、ゲーム企業の現場に入り、実際にその仕事を体験できるチャンスになるものです。これまでに、FUKUOKAゲームインターンシップを通じて誕生したゲームクリエーターは25名。新たなる1名になりたいという方は、インターンシップに応募してみてはいかがでしょうか。

なおFUKUOKAゲームインターンシップブログでは、第14回FUKUOKAゲームインターンシップの体験者レポートも掲載されているので併せてご覧ください。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  2. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 【e-Sportsの裏側】e-Sportsはビジネスとして成り立つのか?―サイバーエージェントグループ社長が語る未来

    【e-Sportsの裏側】e-Sportsはビジネスとして成り立つのか?―サイバーエージェントグループ社長が語る未来

  4. 任天堂は昨年一年間で4,962,523の海賊版を摘発

  5. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  6. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  7. 任天堂、年初来最高値に顔合わせ(テクノバーン)

  8. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  9. ValveのKim Swift氏が退社―インサイドのインタビューにも答える

  10. 【CEDEC 2014】同人・インディーズゲームの戦い方、国内市場・海外市場・メディアミックス

アクセスランキングをもっと見る