人生にゲームをプラスするメディア

『Angry Birds』のRovio、サードパーティ製ゲームのパブリッシャー事業を開始

Rovio Entertainmentが、今後自社製のゲームだけでなく他社が開発したゲームの配信も行うパブリッシング事業を行うと発表した。『Rovio Stars』というブランド名で様々なゲームアプリを配信していく。

ゲームビジネス その他
『Angry Birds』のRovio、サードパーティ製ゲームのパブリッシャー事業を開始
  • 『Angry Birds』のRovio、サードパーティ製ゲームのパブリッシャー事業を開始
Rovio Entertainmentが、今後自社製のゲームだけでなく他社が開発したゲームの配信も行うパブリッシング事業を行うと発表した。『Rovio Stars』というブランド名で様々なゲームアプリを配信していく。

これまでRovioは人気ゲームアプリ『Angry Birds』シリーズやそのスピンオフタイトル『Bad Piggies』、自分で”ピタゴラスイッチ”のような仕掛けを作るゲーム『Amazing Alex』、ドリームワークスの新作映画とタイアップしたゲームアプリ『The Croods』といった自社開発タイトルを多数リリースしてきた。



しかし今後ば独立系ディベロッパーや小規模なスタートアップを支援する意味も込めてパブリッシング事業を開始するという。既に第2弾・第2弾配信タイトルも決定しており、近日中にNitrome Ltd.,が開発したバイキングをモチーフとした物理パズルゲーム『Icebreaker: A Viking Voyage』と5 Antsが開発した中世モチーフのアドベンチャーゲーム『Tiny Thief』をリリースする。
《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  2. グラビアVRの圧倒的没入感を支える技術とは、「トキメキメテオ」の撮影を手がける株式会社シータに訊いた

    グラビアVRの圧倒的没入感を支える技術とは、「トキメキメテオ」の撮影を手がける株式会社シータに訊いた

  3. バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

    バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

  4. 子供たちが3Dプリンターでオリジナルキーホルダーを制作、ネクソンらが「みらいクリエイターズプロジェクト」開催

  5. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  6. 英国政府、ゲームのレーティング制度を欧州基準のPEGIに統一へ〜BBFCは反対声明

  7. 【週間売上ランキング】『スマブラX』の初週は82万本!(1/28-2/3)

  8. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  9. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  10. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

アクセスランキングをもっと見る