人生にゲームをプラスするメディア

信長のもたらした「創造」の先をリアルに体感 ― 『信長の野望・創造』発表会(前編)

コーエーテクモゲームスは、5月14日に『信長の野望』シリーズ最新作の発表会を神奈川・コーエーテクモゲームス日吉本社で開催しました。

ソニー PS3
『信長の野望』シリーズ最新作発表会
  • 『信長の野望』シリーズ最新作発表会
  • 最新作をはじめ、さまざまな事業展開が発表に
  • 会場内には武将の家紋も
  • ゼネラル・プロデューサーのシブサワ・コウ氏
  • シリーズ最新作『信長の野望・創造』
  • 『信長の野望・創造』メインビジュアル
  • 最新作のプロデューサー・小笠原賢一氏
  • コンセプトは新時代の創造
コーエーテクモゲームスは、5月14日に『信長の野望』シリーズ最新作の発表会を神奈川・コーエーテクモゲームス日吉本社で開催しました。

■30周年を迎えた『信長の野望』シリーズ
まずはコーエーテクモゲームスのゼネラル・プロデューサーであるシブサワ・コウ氏が登壇。「1983年3月30日に『信長の野望』を発売してから、おかげさまで30周年を迎えることができました。本作は発売後、口コミで広がりながら年末にヒットしたという経緯があります。こうしてお客さまに育てていただきながら、現在はコエーテクモゲームスを代表する主力タイトルとなりました。ファンの皆さまから30年間も熱いご声援をいただけたのは、新しいチャレンジや技術、切り口を取り入れて、今までにない面白さを提供していこうと取り組んできた成果だろうと感じています」と、ファンに対する感謝を述べました。

ここで、シブサワ氏より『信長の野望』シリーズの30周年記念作品であり、最新作のタイトル『信長の野望・創造』が発表に。戦国時代、織田信長は創造と破壊を繰り返しながら新たな時代を切り開こうとしました。本作では、この「創造」の面をクローズアップ。信長が何を考え、どうしたいと思って行動してきたのかをプレイヤー自身が同じ気持ちになって采配をふるい、新しい時代作りにまい進できるゲームシステムを鋭意製作中とのことです。

■よりリアルに、ダイナミックに進化した『信長の野望・創造』
続いて『信長の野望・創造』の小笠原賢一プロデューサーより、最新作についてのプレゼンテーションが行われました。本作では、織田信長が目指した革新的な世界をプレイヤーが実現するという「新時代の創造」がコンセプトとなっており、とくに「リアリティ」「ダイナミック」「ドラマティック」という3点に重点を置いています。

本作では、フル3Dのメインマップを大きく刷新。現実に存在したものと近い形で表現しており、プレイヤーは当時の戦国大名のような一段高い視点で城下町や領国を把握できるようになりました。シームレスな視点により、町や国が発展していく様子を詳細に眺めることも可能です。

また、合戦では当時の戦いをよりリアルさを追求し、多面作戦によるダイナミックな展開を再現。兵力の集め方や配分を重視した仕組みで、内政や外交、地理的要因を総合的に判断して有利な戦況を作り出すことが重要となりました。複数の城から同時に出陣した兵力を運用するスタイルで、より大きな視点での戦況把握が必須となります。そのため、登場する城もシリーズ最多となる300以上を用意したとのこと。

さらに、従来では歴史の事象をイベントとして「見る」形を取っていましたが、今回はクエスト形式で「参加する」というスタイルを採用しました。当時の状況をよりドラマティックに体感しながら、プレイヤー自身の手で新しい時代を切り開く喜びを感じられそうです。幅広いニーズに応えるべく、発売後に武将や地域、勢力へ継続的にダウンロードコンテンツも順次配信となります。

『信長の野望・創造』はPC/PS3で、2013年に同時発売を予定。価格などの詳細は決定次第発表となります。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『The Last of Us』シリーズの開発会社が20年以上前に作った名作ゲーム『クラッシュ・バンディクー』を今振り返る!

    『The Last of Us』シリーズの開発会社が20年以上前に作った名作ゲーム『クラッシュ・バンディクー』を今振り返る!

  2. PS5版へのアップグレードは中古ディスクでも可能ー気になる後方互換についてもSIEに確認

    PS5版へのアップグレードは中古ディスクでも可能ー気になる後方互換についてもSIEに確認

  3. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

    リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  4. 『FF7 リメイク』クラウドのカッコいい&かわいいセリフ10選! よく観察するとクラウドの本性が見える?

  5. 『モンハン:アイスボーン』特殊個体「氷刃佩くベリオロス」がサプライズ発表! 今秋には第5弾の大型アップデートも

  6. シリーズ最新作『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』正式発表―PS4/XB1向けに10月2日発売【UPDATE】

  7. PS5で鮮明に蘇るリメイク版『デモンズソウル』のココに期待!よりリアルになる「ヒル溜まり」や、「竜の神」への新たな戦い方が出たりして

  8. 『The Last of Us Part II』19歳の少女・エリーはどのように変化したのか?前作と共に振り返るスーパーガールの成長記録

  9. 基本無料のPS4『バトオペ2』は今から始めても大丈夫!3つの動きさえ覚えれば、新兵でも立派な戦力に

  10. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

アクセスランキングをもっと見る