人生にゲームをプラスするメディア

「LINE」の四半期売上高は約58億円、前四半期と較べて92%の大幅な伸び

ゲームビジネス その他

NHN Japan 代表取締役社長 森川亮氏
  • NHN Japan 代表取締役社長 森川亮氏
LINE株式会社は、主力事業であるスマートフォン向けメッセンジャーアプリ「LINE」事業の業績について初めて開示しました。

それによれば、第1四半期(1~3月)の売上高は58億2000万円で前四半期と比較して92%の増加。主要な売上としてはゲーム課金(構成比約50%)、スタンプ課金(約30%)があり、公式アカウント、スポンサードスタンプなどが続きます。地域別では日本が約80%であるとのこと。

この数字は外部監査人による監査を行なっておらず、社内で暫定的に集計したものだとしています。

収支については明らかにされていませんが、東洋経済が以前、LINE株式会社として分割される以前のNHN Japan全体としては赤字となっていると報じています。

12年12月期の売上高は259億円と、前期比1.7倍に伸長した。この規模は上場するネット企業と比較した場合、飲食店情報サイトのぐるなびや、「ニコニコ動画」のドワンゴなどに匹敵する。一方で、営業損益は7億円の損失と、前期の営業黒字3.6億円から一転して赤字となった。
(東洋経済オンライン 2013/4/2)


「LINE」の登録ユーザーは日本以外でもタイ、台湾、スペイン、インドネシアなど海外にも広がり、4月末には全世界で1億5000万人を突破。今後もアジア地域、スペイン・南米地域でのマーケティングを強化し、「LINEマンガ」「LINE占い」やショッピング、音楽など多彩なコンテンツと幅広いゲームの提供を通じてグローバルなスマートフォンプラットフォームを構築していきたいとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

    暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  3. 【CEDEC 2014】GDCの講演は怖くない!みんなも公募にチャレンジしよう

    【CEDEC 2014】GDCの講演は怖くない!みんなも公募にチャレンジしよう

  4. ゲーム会社の歴史が一目瞭然の「ゲーム会社フローチャート」

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  9. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  10. 米で未成年者への暴力的ゲーム販売を禁じた法律に違憲判決

アクセスランキングをもっと見る