人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、円安効果で最終黒字を確保・・・今期は公約通り「営業利益1000億円」目指す

ゲームビジネス その他

任天堂が24日、発表した平成25年3月期の連結業績は、売上高6354億2200万円(△1.9%)、営業損失364億1000万円(-)、経常利益104億8200万円、純利益70億9900万円でした。

前期はニンテンドー3DS向け『Newスーパーマリオブラザーズ2』が642万本を販売したほか、国内のみで発売された『とびだせ どうぶつの森』が300万本を突破。ハードは1395万台、ソフトは4961万本を販売しました。年末に発売となったWii Uは『NewスーパーマリオブラザーズU』が215万本、『Nintendo Land』が260万本と健闘したものの、年明け以降は失速し、ハードが345万台、ソフトが1342万本に留まりました。Wiiはハードが398万台、ソフトが5061万本でした。

売上高は前期から微減の6354億円、Wii Uの採算が厳しいことから364億円の営業赤字を計上。ただし、年末から為替相場が円安に振れていることから395億円の為替差益が発生。経常利益は104億円、純利益は70億円となりました。ただし、いずれも前回予想を下回りました。

今期は国内でヒットした『とびだせ どうぶつの森』を世界各国で発売するほか、シリーズ最新作『ポケットモンスター X・Y』を全世界で発売。パッケージソフトのダウンロード版の販売についても特に海外で積極的に推進していくとのこと。Wii Uについても、有力タイトルを今年後半から来年にかけて集中的・積極的に展開する計画。

今期業績は公約の通り、売上高9200億円、営業利益1000億円、経常利益900億円、純利益550億円を目指します。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

    インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  2. そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

    そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  5. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  6. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  7. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  8. 2017年の「日本長者番付」が発表―コエテク襟川夫妻が40位に初ランクイン

  9. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  10. マシュのトレーニングをサポート!「FGO VR feat.マシュ・キリエライト」体験レポ

アクセスランキングをもっと見る