人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、円安効果で最終黒字を確保・・・今期は公約通り「営業利益1000億円」目指す

ゲームビジネス その他

任天堂が24日、発表した平成25年3月期の連結業績は、売上高6354億2200万円(△1.9%)、営業損失364億1000万円(-)、経常利益104億8200万円、純利益70億9900万円でした。

前期はニンテンドー3DS向け『Newスーパーマリオブラザーズ2』が642万本を販売したほか、国内のみで発売された『とびだせ どうぶつの森』が300万本を突破。ハードは1395万台、ソフトは4961万本を販売しました。年末に発売となったWii Uは『NewスーパーマリオブラザーズU』が215万本、『Nintendo Land』が260万本と健闘したものの、年明け以降は失速し、ハードが345万台、ソフトが1342万本に留まりました。Wiiはハードが398万台、ソフトが5061万本でした。

売上高は前期から微減の6354億円、Wii Uの採算が厳しいことから364億円の営業赤字を計上。ただし、年末から為替相場が円安に振れていることから395億円の為替差益が発生。経常利益は104億円、純利益は70億円となりました。ただし、いずれも前回予想を下回りました。

今期は国内でヒットした『とびだせ どうぶつの森』を世界各国で発売するほか、シリーズ最新作『ポケットモンスター X・Y』を全世界で発売。パッケージソフトのダウンロード版の販売についても特に海外で積極的に推進していくとのこと。Wii Uについても、有力タイトルを今年後半から来年にかけて集中的・積極的に展開する計画。

今期業績は公約の通り、売上高9200億円、営業利益1000億円、経常利益900億円、純利益550億円を目指します。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  3. 今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

    今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

  4. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  5. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  6. スマホゲームはブラックオーシャン、挑戦者の一人として戦う・・・ガンホー・オンライン・エンターテイメント森下一喜社長

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  9. 元米国任天堂の荒川實社長とリンカーン会長がAIAS生涯功労賞を受賞

  10. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい」

アクセスランキングをもっと見る