人生にゲームをプラスするメディア

『ドンキーコング リターンズ3D』パッケージデザインをチェック、Wii版と同じアートワークを採用

ドンキーコング&ディディーコングが活躍するニンテンドー3DSソフト『ドンキーコング リターンズ3D』のパッケージデザインが決定しました。

任天堂 3DS
『ドンキーコング リターンズ3D』パッケージ
  • 『ドンキーコング リターンズ3D』パッケージ
  • 『ドンキーコング リターンズ』パッケージ
ドンキーコング&ディディーコングが活躍するニンテンドー3DSソフト『ドンキーコング リターンズ3D』のパッケージデザインが決定しました。

『ドンキーコング リターンズ』は、かつてスーパーファミコンで発売された『スーパードンキーコング』シリーズの流れを継承した2Dアクションゲーム。Wiiでは『Wiiであそぶ ドンキーコング ジャングルビート』が存在しますが、こちらはタルコンガを使って遊ぶゲームキューブ版の移植ということで、Wiiの為に作られたという視点から見ると『ドンキーコング リターンズ』はファン待望の完全新作でした。

スーパーファミコン版同様、決してやさしくない難易度は健在。3DS版は携帯機ということで、難易度を調整したイージーモードを搭載しており、初めての人でも楽しめる内容に仕上がっています。

パッケージアートはWii版と同じデザインを採用。ただWii版はジャングルをイメージした緑色の帯だったのに対し、3DS版は普通の3DSソフトと同じ白になっています。ニンテンドーネットワーク対応マークは無いことから、インターネットを使った仕様は無いこともあわせて確認できますね。

なお、任天堂が過去作を3DSに移植するのは『ゼルダの伝説 時のオカリナ』(N64)、『スターフォックス64』(N64)に続いて3タイトル目。据置機で遊べた名作がこうして携帯機で手軽に遊べるようになり、かつて遊んだ人はもちろん、オリジナル版を遊んだことが無かった人にももう一度アプローチができるのは良いこと。3DSで2Dアクションを楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

『ドンキーコング リターンズ3D』は、2013年6月13日に発売予定で価格は4800円(税込)です。

(C)2010-2013 Nintendo
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

    『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  2. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

  8. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  9. 『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」はヒーロー派が多数!【読者アンケート】

  10. 『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

アクセスランキングをもっと見る