人生にゲームをプラスするメディア

経営不振のジンガ、CEOの年俸は1ドルに・・・取締役会には著名ベンチャーキャピタリストも

ゲームビジネス その他

写真提供:Getty Images
  • 写真提供:Getty Images
  • 取締役会に加わるジョン・ドーア氏
  • ピンカス氏の年俸は1ドルへ
経営不振が続いているジンガ。同社がSEC(アメリカ証券取引委員会)に提出した最新資料によれば、マーク・ピンカスCEOは年俸を1ドルにしたようです。また、業績達成時等のボーナスも辞退するとのこと。

Facebookプラットフォーム上のソーシャルゲームで急成長したジンガ。多くの買収を繰り返し、ラインナップを拡充してきましたが、規模の拡大に収益が追い付かず、一部スタジオのレイオフやタイトルの運営中止を行い、再度成長軌道に乗ろうと試行錯誤を行なっています。1億人を超えるユーザーを記録した『ファームビレ』の続編の成功は最近の明るい話題ですが、依然として先行きは不透明です。

ピンカス氏以外の経営幹部の年俸は42万5000ドル~50万ドルで、業績達成時のボーナスも97万ドル~180万ドルの間で設定されています。

また、ジンガでは著名ベンチャーキャピタリストで、クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズのパートナーであるジョン・ドーア氏を取締役会に迎えると発表。同氏はグーグルやアマゾンの取締役会に名を連ねるほか、現在はフリップボード(Flipboard)も支援します。プレスリリースの中でドーア氏は「既にジンガは数億人のユーザーに楽しみを提供してきましたが、ソーシャルゲームの世界はまだ始まったばかりです。素晴らしいジンガのチームと次の成長を導くことを楽しみにしています」とコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. 年齢制限に「禁断の果実効果」−年齢制限でゲームを禁じることが逆効果に?

  5. 「逆転裁判 オーケストラアルバム」MIDIデータ音源配信についてのお詫び

  6. 2017年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 【CEDEC 2014】「野生の研究者」のパワーで社会を変える!ニコニコ学会βがめざすも

  8. 【Wii Uアンケート Wiiの扱い篇】データ引っ越しをする人は60% ― 引っ越し後のWiiの扱いも公開

  9. 2017年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. DMMの動画・電子書籍にペイパル決済が導入―期間中ペイパルで支払うと10%のポイントバック

アクセスランキングをもっと見る