人生にゲームをプラスするメディア

『ファンタジーライフ』ハッピー自慢コンテスト開催 ― きせかえ部門優勝者には投稿作品のフィギュアを制作

レベルファイブは、ニンテンドー3DSソフト『ファンタジーライフ』において、ユーザー参加型の「ファンタジーライフ ハッピー自慢コンテスト」を開催すると発表しました。

任天堂 3DS
「きせかえ部門」タイトル:魔女っ子気取り
  • 「きせかえ部門」タイトル:魔女っ子気取り
  • 「マイルーム部門」タイトル:ガーデンウェディング
  • 「日常の1コマ部門」一言コメント:うちの息子達がご迷惑をおかけしました……
レベルファイブは、ニンテンドー3DSソフト『ファンタジーライフ』において、ユーザー参加型の「ファンタジーライフ ハッピー自慢コンテスト」を開催すると発表しました。

『ファンタジーライフ』ハッピー自慢コンテストとは、本作を遊んでいるユーザーにゲーム画面の写真を投稿してもらい、「ファンタジール」での生活を最もエンジョイしている住民を決定するコンテストです。

コンテストは「きせかえ部門」「マイルーム部門」「日常の1コマ部門」の3つの部門に分かれていて、本日からは最もおしゃれをエンジョイしているアバターを決める「きせかえ部門」の応募受付が始まっています。

「きせかえ部門」の優勝者には、そのアバターをそっくり再現した世界に1つだけのフィギュアがプレゼントされます。応募ハッシュタグは「#FLcontest1」です。このハッシュタグをつけて是非応募してみましょう。

他2部門の優勝賞品は後日公開とのことです。

応募期間
きせかえ部門:4月3日(水)~4月17日(水)
あなたのアバターを自由にきせかえて、メニュー画面を開いた状態を写真に撮り、コーディネートのタイトルを添えて応募してください。
※タイトルも含めて審査を行います

マイルーム部門:4月17日(水)~5月1日(水)
様々な家具で模様替えをしたあなたのマイルームの写真を撮り、インテリアのタイトルを添えて応募してください。
※タイトルも含めて審査を行います
※屋根裏部屋、豪邸、別荘など、撮影するマイルームの種類は問いません

日常の1コマ部門:5月1日(水)~5月15日(水)
「ファンタジール」でのあなたの日常の1コマを写真に撮り、その写真の魅力を引き立てるような一言コメントと一緒に応募してください。
※ひと言コメントも含めて審査を行います
※バトル中、会話中など、撮影するシーンは問いません

応募方法
Twitterより、お一人さま難解でも応募いただけます。ただし、1回のツイートにつき1応募のみとさせて頂きます。
1:「@L5_fantasylife」アカウントをフォロー
:各部門の応募用ハッシュタグ(必須)をつけて、写真とタイトル(一言コメント)をツイート

撮影方法
ニンテンドー3DSの画面を携帯電話のカメラなどで撮影してください。撮影詳細は公式サイトをご確認ください。

『ファンタジーライフ』は、好評発売中で価格は5,800円(税込)です。

(C)LEVEL-5 Inc.
ILLUSTRATION/(C)YOSHITAKA AMANO
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

    『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  4. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  9. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  10. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

アクセスランキングをもっと見る