人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2013】iOSからの変換ソリューションも提供、マルチプラットフォーム開発環境「Marmalade」

ゲームビジネス その他

【GDC 2013】iOSからの変換ソリューションも提供、マルチプラットフォーム開発環境「Marmalade」
  • 【GDC 2013】iOSからの変換ソリューションも提供、マルチプラットフォーム開発環境「Marmalade」
  • 【GDC 2013】iOSからの変換ソリューションも提供、マルチプラットフォーム開発環境「Marmalade」
  • 【GDC 2013】iOSからの変換ソリューションも提供、マルチプラットフォーム開発環境「Marmalade」
  • 【GDC 2013】iOSからの変換ソリューションも提供、マルチプラットフォーム開発環境「Marmalade」
  • 【GDC 2013】iOSからの変換ソリューションも提供、マルチプラットフォーム開発環境「Marmalade」
  • 【GDC 2013】iOSからの変換ソリューションも提供、マルチプラットフォーム開発環境「Marmalade」
英国のMarmalade社が展開する「Marmalade」は今後日本でも普及が期待できそうなクラスプラットフォーム開発環境です。GDC 2013のブースにて、ビジネス開発担当の副社長を務める中村靖氏にお話を聞きました。

「Marmalade」はiOS、Android、Windows Phone 8、BlackBerry、Windows PC、そして一部のスマートテレビに対応したクロスプラットフォームの開発環境です。C++/HTML5/Luaでプログラムを記述し、それぞれのプラットフォーム向けのネイティブバイナリを生成してくれます。『Need for Speed Shift』『Cut The Rope』『Draw Something』など徐々に採用事例が増えています。Unityとの比較で言うと、C++という標準的な言語で記述できることや、ネイティブバイナリを生成するのでファイルサイズを小さくできることが特徴になるそうです。

特徴となっている対応プラットフォームの多さについては今回の展示でも大きく取り上げられていて、最近追加されたWindows Phone 8でのデモが行われていました。また、LGのスマートテレビ向けにも開発が可能ということで、実際に「Marmalade」を用いて作られたエレクトロニック・アーツ/PopCapの『Plants V.S. Zombie』が紹介されていました。

今回新たに発表されたソリューションが「Marmalade Juice」。これは、iOSの「Objective-C」で作成されたプロジェクトを「Marmalade」にインポートするためのソリューション。iOSのネイティブコードで書かれたゲームを他のプラットフォームに移植するのは一苦労ですが、いったん「Marmalade」に移行することによって、様々なプラットフォームでの展開が容易になります。中村氏によれば、ここにきてiOS以外の成長によってクロスプラットフォームが求められるケースが増えていて、そうした場合に過去の遺産を活用できるということでニーズが高いようです。

既に日本向けのビジネスも開始していて、問い合わせはも増えているそう。「Unityに非常に注目が集まっていますが、もっと作り込みたい、より多くのプラットフォームをサポートしたいという方に興味を示していただくケースが増えています」とのこと。日本語のウェブサイトも開設され、やり取りも日本語で行えます。ご興味の方は是非チェックしてみてください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

    VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  3. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  4. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  5. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  6. バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

  7. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  8. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  9. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  10. 【DEVELOPER’S TALK】新世代への期待感を裏切らない『龍が如く』シリーズ総合監督 名越稔洋氏に聞く PS4『龍が如く 維新!』インタビュー(前編)

アクセスランキングをもっと見る