人生にゲームをプラスするメディア

コードマスターズ、『Race Driver Grid 2』を2013年夏日本で発売

コードマスターズは、日本語版『Race Diver Grid 2』をPS3/Xbox 360向けに今夏リリースすると発表しました。

ソニー PS3
コードマスターズ、『Race Driver Grid 2』を2013年夏日本で発売
  • コードマスターズ、『Race Driver Grid 2』を2013年夏日本で発売
  • コードマスターズ、『Race Driver Grid 2』を2013年夏日本で発売
  • コードマスターズ、『Race Driver Grid 2』を2013年夏日本で発売
  • コードマスターズ、『Race Driver Grid 2』を2013年夏日本で発売
  • コードマスターズ、『Race Driver Grid 2』を2013年夏日本で発売
  • コードマスターズ、『Race Driver Grid 2』を2013年夏日本で発売
  • コードマスターズ、『Race Driver Grid 2』を2013年夏日本で発売
  • 『Race Driver Grid 2』メインビジュアル
コードマスターズは、日本語版『Race Diver Grid 2』をPS3/Xbox 360向けに今夏リリースすると発表しました。

本作は海外で昨年8月に正式アナウンスされていたタイトルで、『Race Driver』シリーズの中でもアーケード色の強い『Race Driver: Grid』の続編となります。

巻き戻し機能「フラッシュバック」など前作の作風を引き継ぎつつ新要素や改良を施した『Grid 2』は、進化したEGOエンジンによる緻密なダメージ表現の向上や映画のようなカメラワーク、きらびやかなライティングやノイズ表現など迫力あるレーシングが魅力のタイトル。今作では更にハンドリングシステム「TrueFeel」が搭載されており、アーケードゲームのような手軽されたシミュレーターのような挑戦しがいのあるリアルなハンドリングを楽しむことが可能。またマルチプレイヤーモードも存在し、最大12人でのオンライン対戦とローカル画面分割プレイが搭載されています。

・アルファロメオ ジュリエッタやメルセデ ベンツ SL65 AMGなど、クラシックからモダンまで、自動車の歴史に名を残す、最高クラスのマシンを収録
・レッドブル・リンクやパリの市街地などの魅力的なロケーションをはじめ、アメリカ・ヨーロッパ・アジアの3大陸を舞台に、公式レースで使用されるサーキットや市街地、険しい山道など、多種多様な開催地で究極のレースに挑戦
・「TrueFeel?」ハンドリングシステムにより、アーケードゲームのような誰でも遊べる手軽さとシミュレーターのような挑戦し甲斐のあるリアルさの間の、絶妙なバランスによる操作感を実現
・プレイヤーは、新人ドライバーとなって小さなレースから実績を上げ、華々しい超大型レースに参加するといった、スターダムにのし上がるまでの栄光の軌跡を丸ごと体験可能
・マルチプレイヤーモードでは、画面分割にも対応
・オンラインでは、独自の進行システムの下、条件などをカスタマイズしたオリジナルのレースに参戦でき、またRaceNetのコミュニティイベントにも対応
・進化したEGOエンジンにより、マシンや景色の緻密な描画はもちろん、すさまじいダメージ表現なども驚異的にパワーアップ。さらに、映画のようなカメラワークやコースを煌びやかに彩るライティング、生々しいノイズなど、臨場感あふれるレースの空気感をも再現
・進化したAIとの緊迫した接戦の模様を、ドラマチックに演出されたリプレイで何度でも楽しむことが可能に



日本語版『Race Diver Grid 2』をPlayStation 3/Xbox 360向けに今夏リリース予定。北米ではPC/PS3/Xbox 360向けに5月28日の発売が決定しており、国内も詳細な発売日の発表が待たれるところとなっています。

(C)2013 The Codemasters Software Company Limited ("Codemasters"). All rights reserved. "Codemasters"(R), "Ego"(R), the Codemasters logo and "Race Driver GRID"(R) are registered trademarks owned by Codemasters. "Race Driver GRID 2"(TM), "Codemasters Racing"(TM) and "RaceNet"(TM) are trademarks of Codemasters.All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are being used under license. This game is NOT licensed by or associated with the FIA or any related company. Developed and published by Codemasters.
《石元修司》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』高難易度DLC「THE GHOST SURVIVORS」で生還するための12のコツ

    『バイオハザード RE:2』高難易度DLC「THE GHOST SURVIVORS」で生還するための12のコツ

  2. 『フォートナイト』リスポーンシステムを求める声にプロデューサーが回答、「しばらく検討していた」

    『フォートナイト』リスポーンシステムを求める声にプロデューサーが回答、「しばらく検討していた」

  3. 『バイオRE:2』「ゴーストサバイバーズ」死の運命を生き抜く豆知識7選【特集】

    『バイオRE:2』「ゴーストサバイバーズ」死の運命を生き抜く豆知識7選【特集】

  4. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  5. 【吉田輝和の絵日記】『ファークライ ニュードーン』アメリカ田舎オープンワールドが世紀末ゲーに変貌!

  6. 『バイオハザード RE:2』原作を遊んでたら懐かしすぎるポイント【前編】

  7. 『LEFT ALIVE』14分のゲームプレイトレイラー!ヴァンツァーパートも収録

  8. ロックマンが波動拳?『ストリートファイターV』新コスチュームにリュウの「ロックマン」、さくらの「ロール」など

  9. 『バイオハザード RE:2』原作を遊んでたら懐かしすぎるポイント【後編】

  10. 『バイオハザード RE:2』「ゴーストサバイバーズ」には4人目のキャラがいた!この後ろ姿は…

アクセスランキングをもっと見る