人生にゲームをプラスするメディア

「LINE株式会社」発足、ゲーム事業はNHN Japanへ

ゲームビジネス その他

「LINE株式会社」発足、ゲーム事業はNHN Japanへ
  • 「LINE株式会社」発足、ゲーム事業はNHN Japanへ
  • LINE株式会社 ロゴ
NHN Japanが4月1日付けでLINE株式会社に商号変更した。旧NHN Japanで運営していたWebサービス事業「LINE」「livedoor」「NAVER」を引き続き運営する。

LINE株式会社では、「LINE」を機軸事業とし国内外でのサービス展開・プラットフォーム展開の加速化を図っていく。また「NAVER」においてはキュレーションサービス「NAVERまとめ」を主体として既成のサービス概念にとらわれない革新的サービスの推進を図るとともに、「livedoor」ではブログサービス事業をはじめポータル・ニュース事業の更なる成長を目指すとのこと。

また、子会社であるジェイ・リスティングも同日より「LINE Business Partners株式会社」に商号変更し、従来のインターネット広告事業やディレクトリ型検索事業に加え、LINE@などLINE事業におけるパートナー拡大の強化を図る。

なお、旧NHN Japanで運営していたゲームに関する事業は新たに設立する「NHN Japan株式会社」に承継いする。2月の発表ではゲーム事業を承継する新設会社名を「Hangame株式会社(仮称)」とし、代表をLINE株式会社 代表取締役社長の森川亮氏が兼務するとあったが、旧NHN Japanは2003年よりゲームを主力事業として展開してきた経緯から、引き続き「NHN Japan株式会社」を商号として用い、新たに加藤雅樹が代表取締役社長に就任することとなったという。
《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

    サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  2. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  3. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

    【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  4. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  5. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  6. 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015

  7. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  8. 板垣伴信氏、ヴァルハラゲーム代表取締役CTOを退任

  9. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  10. 【CEDEC 2013】現実世界を取り込んで効率的なモデリングを実現、リアリティキャプチャー

アクセスランキングをもっと見る