人生にゲームをプラスするメディア

海洋堂が『Z.O.E』ビックバイパーをリボルテック化 ― 高速移動状態にも変形可能

海洋堂は、リボルテックヤマグチ最新作「ビックバイパー」を5月15日に発売します。

その他 玩具
リボルテックヤマグチNO.132 ビックバイパー
  • リボルテックヤマグチNO.132 ビックバイパー
  • 海洋堂が『Z.O.E』ビックバイパーをリボルテック化 ― 高速移動状態にも変形可能
  • 海洋堂が『Z.O.E』ビックバイパーをリボルテック化 ― 高速移動状態にも変形可能
  • 海洋堂が『Z.O.E』ビックバイパーをリボルテック化 ― 高速移動状態にも変形可能
海洋堂は、リボルテックヤマグチ最新作「ビックバイパー」を5月15日に発売します。

ビックバイパーは、オービタルフレームとよばれる戦闘用機動兵器を操作してプレイするハイスピード・ロボットアクションゲーム『ZONE OF THE ENDERS』シリーズに登場するレオ・ステンバックが駆る最新鋭可変LEVです。

『ZONE OF THE ENDERS Z.O.E』および『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』は、KONAMIのアクションゲームで『メタルギア』シリーズを手がけた小島秀夫氏プロデュース作品です。メカニックデザインは『メタルギア ソリッド』シリーズのアートディレクターとして活躍する新川洋司氏が担当。2012年、『HD EDITION』として新たに発売され話題を呼びました。

今回、そのビックバイパーがリボルテックヤマグチシリーズにて登場しました。

この商品では、攻撃時のエフェクトパーツを両腕に取り付けてアクション再現可能。さらに、腰パーツを差替えて姿勢とウィングの向きを調整し、高速移動状態へ変形が可能となっています。また、両腕をマニピュレーター付きのオプションハンドにも交換することが可能で、浮遊状態で飾れるディスプレイスタンドも付属しています。

■商品仕様
サイズ:全高約135mm
可動箇所:全24箇所
ジョイント使用数:全19個
・10mmジョイント3
・8mmジョイント×2
・6mmジョイント×10
・6mmWジョイント×4
セット内容一覧:
・本体
・マニピュレータ付き交換ハンド×2
・腕用エフェクトパーツ×2
・高速移動状態用腰部品(接続パーツ)×1
・ディスプレイスタンドセット×1
・リボコンテナ×1

「リボルテックヤマグチNO.132 ビックバイパー」は、5月15日発売予定で価格は3,980円(税込)です。

(C)Konami Digital Entertainment
《ひびき》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『メタルギアソリッド』がボードゲーム化!E3 2019でプレイお披露目予定

  2. 『スマブラSP』や『ポケモン ピカ・ブイ』にも使える! ペイパルの“500円クーポン”でDLソフトをお得にゲット

  3. 「ひなビタ♪」ライブで輝く彼女たちを支えたLive2Dはいかにして作られたか―alive2018セッションレポート

  4. マクロミル、「eスポーツは日本で浸透するのか?」調査結果を発表─ゲームのプレイ率は75%。種類は「スマホゲーム」がダントツ

  5. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

アクセスランキングをもっと見る