人生にゲームをプラスするメディア

アニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」最新映像が解禁 ― メインスタッフも明らかに

その他 全般

「超次元ゲイム ネプテューヌ」本格始動 公式サイトオープンにスタッフ情報やPV公開
  • 「超次元ゲイム ネプテューヌ」本格始動 公式サイトオープンにスタッフ情報やPV公開
  • MF文庫J小説表紙 つなこ描きおろし
  • 「超次元ゲイム ネプテューヌ」本格始動 公式サイトオープンにスタッフ情報やPV公開
  • 「超次元ゲイム ネプテューヌ」本格始動 公式サイトオープンにスタッフ情報やPV公開
  • 電撃マオウコミカライズ告知イラスト(c)2013 アイディアファクトリー・コンパイルハート/ネプテューヌ製作委員会
守護女神たちの友情と絆を描いたPS3用の大人気ゲーム『超次元ゲイム ネプテューヌ』のアニメ化が話題を呼んでいる。テレビシリーズの放送開始は夏からとなるが、早くも情報発信を活発化させている。
4月1日には公式サイトがオープン、あらすじやメインスタッフ、PVなどを公開した。さらにノベライズなどの関連情報も伝える。夏の放映に向けて準備万端だ。

気になるスタッフは『ベン・トー』や『魔法少女まどか☆マギカ』などに参加してきた、向井雅浩さんが監督を務める。シリーズ構成・脚本にヤスカワショウゴさん、キャラクターデザインに竹知仁美さんといったメンバーが加わる。アニメ制作は、『ジョジョの奇妙な冒険』のdavid productionとなっている。こちらも注目だ。
架空のゲームハードをヒロインに見立て、ゲイムギョウ界を舞台にする異色の人気ゲーム「超次元ゲイム ネプテューヌ」が、どの様にアニメ化されるのか注目だ。
さらに公式サイトで見逃せないのが、第1弾PVである。アニメ コンテンツ エキスポ 2013のイベントステージで先行上映された動画が、公開された。いち早く、作品の世界を垣間見ることが出来る。

さらに今回のアニメ版がノベライズされることも決まった。MF文庫Jにて刊行される。これはアニメのストr-リーからのスピンオフ小説となる。
タイトルは「超次元ゲイム ネプテューヌ TGS 炎の二日間」で価格は税込609円。第1巻は5月25日に発売を予定している。テレビ放映に先駆けて、作品の世界観を体験出来そうだ。
すでに4月27日に発売される「電撃マオウ」(アスキー・メディアワークス刊)6月号にて、スピンオフコミカライズ「超次元ゲイム ネプテューヌ はろーにゅーわーるど」の連載開始も発表されている。ゲームからアニメ、マンガ、小説と多彩な展開を遂げる。



『超次元ゲイム ネプテューヌ』
http://nep-anime.tv/

[メインスタッフ]
監督: 向井雅浩
シリーズ構成・脚本: ヤスカワショウゴ
キャラクターデザイン: 竹知仁美
キーアニメーター: 森幸子
キーアニメーター: 山田真也、谷川政輝
音響監督: 明田川仁 
音響制作: マジックカプセル 
編集: 廣瀬清志
アニメーション制作: david production

MF文庫J 公式サイト
http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/

「超次元ゲイム ネプテューヌ」本格始動 公式サイトオープンにスタッフ情報やPV公開

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

    「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

  2. 「セガサターン体組成計」発売するも即品切れ状態に―セガの中の人も購入できず

    「セガサターン体組成計」発売するも即品切れ状態に―セガの中の人も購入できず

  3. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』Ver.3.0の注目ブキ10選、iOS/Android『PUBG MOBILE』5月中旬より配信、『アズレン』高難易度クエスト攻略のススメ…など(4/25)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』Ver.3.0の注目ブキ10選、iOS/Android『PUBG MOBILE』5月中旬より配信、『アズレン』高難易度クエスト攻略のススメ…など(4/25)

  4. カプコン、コーエーテクモから提訴されていた審決取消訴訟に勝訴

  5. ローソン新商品「食べマスモッチ 星のカービィ」食レポ―小さいクセに腹持ち良いぞ!

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 「レディ・プレイヤー1」は映画というポップカルチャーを体現した作品だった―CGの向こう側に見えるオタクたちの「オアシス」【レビュー】

  9. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  10. 12年ぶり完全新作「ゾイドワイルド」発表!2018年6月より展開、スイッチでのゲーム化も予定

アクセスランキングをもっと見る