人生にゲームをプラスするメディア

アニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」最新映像が解禁 ― メインスタッフも明らかに

その他 全般

「超次元ゲイム ネプテューヌ」本格始動 公式サイトオープンにスタッフ情報やPV公開
  • 「超次元ゲイム ネプテューヌ」本格始動 公式サイトオープンにスタッフ情報やPV公開
  • MF文庫J小説表紙 つなこ描きおろし
  • 「超次元ゲイム ネプテューヌ」本格始動 公式サイトオープンにスタッフ情報やPV公開
  • 「超次元ゲイム ネプテューヌ」本格始動 公式サイトオープンにスタッフ情報やPV公開
  • 電撃マオウコミカライズ告知イラスト(c)2013 アイディアファクトリー・コンパイルハート/ネプテューヌ製作委員会
守護女神たちの友情と絆を描いたPS3用の大人気ゲーム『超次元ゲイム ネプテューヌ』のアニメ化が話題を呼んでいる。テレビシリーズの放送開始は夏からとなるが、早くも情報発信を活発化させている。
4月1日には公式サイトがオープン、あらすじやメインスタッフ、PVなどを公開した。さらにノベライズなどの関連情報も伝える。夏の放映に向けて準備万端だ。

気になるスタッフは『ベン・トー』や『魔法少女まどか☆マギカ』などに参加してきた、向井雅浩さんが監督を務める。シリーズ構成・脚本にヤスカワショウゴさん、キャラクターデザインに竹知仁美さんといったメンバーが加わる。アニメ制作は、『ジョジョの奇妙な冒険』のdavid productionとなっている。こちらも注目だ。
架空のゲームハードをヒロインに見立て、ゲイムギョウ界を舞台にする異色の人気ゲーム「超次元ゲイム ネプテューヌ」が、どの様にアニメ化されるのか注目だ。
さらに公式サイトで見逃せないのが、第1弾PVである。アニメ コンテンツ エキスポ 2013のイベントステージで先行上映された動画が、公開された。いち早く、作品の世界を垣間見ることが出来る。

さらに今回のアニメ版がノベライズされることも決まった。MF文庫Jにて刊行される。これはアニメのストr-リーからのスピンオフ小説となる。
タイトルは「超次元ゲイム ネプテューヌ TGS 炎の二日間」で価格は税込609円。第1巻は5月25日に発売を予定している。テレビ放映に先駆けて、作品の世界観を体験出来そうだ。
すでに4月27日に発売される「電撃マオウ」(アスキー・メディアワークス刊)6月号にて、スピンオフコミカライズ「超次元ゲイム ネプテューヌ はろーにゅーわーるど」の連載開始も発表されている。ゲームからアニメ、マンガ、小説と多彩な展開を遂げる。



『超次元ゲイム ネプテューヌ』
http://nep-anime.tv/

[メインスタッフ]
監督: 向井雅浩
シリーズ構成・脚本: ヤスカワショウゴ
キャラクターデザイン: 竹知仁美
キーアニメーター: 森幸子
キーアニメーター: 山田真也、谷川政輝
音響監督: 明田川仁 
音響制作: マジックカプセル 
編集: 廣瀬清志
アニメーション制作: david production

MF文庫J 公式サイト
http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/

「超次元ゲイム ネプテューヌ」本格始動 公式サイトオープンにスタッフ情報やPV公開

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

    USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

  2. 「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

    「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

  3. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  4. USJの『モンスターハンター・ザ・リアル』が半端なかったレポ!AR技術でハンターになってきました編~

  5. 『FGO』ジャンヌ・ダルク、気高き聖女をフィギュア化! 高潔、可憐な姿を1/7スケールで

  6. 『Fate』あたたかい日常と、美味しい食事... 「衛宮さんちの今日のごはん」最新PV公開&配信日決定

  7. 【昨日のまとめ】USJ『ファイナルファンタジー XRライド』&『モンハン・ザ・リアル』レポ、『PUBG』に蔓延るチート問題、『FGO』ジャンヌをフィギュア化…など(1/20)

  8. 「余のメガネを見よ!」ネロ・クラウディウスをイメージした眼鏡が発売決定─「原初の火」をデザイン

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る