人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2013】オートデスク、ブランドを刷新 「折り紙」をモチーフにした新ロゴも策定

ゲームビジネス その他

折り紙をモチーフにした新ロゴ
  • 折り紙をモチーフにした新ロゴ
  • 【GDC 2013】オートデスク、ブランドを刷新 「折り紙」をモチーフにした新ロゴも策定
  • 【GDC 2013】オートデスク、ブランドを刷新 「折り紙」をモチーフにした新ロゴも策定
  • 【GDC 2013】オートデスク、ブランドを刷新 「折り紙」をモチーフにした新ロゴも策定
  • 【GDC 2013】オートデスク、ブランドを刷新 「折り紙」をモチーフにした新ロゴも策定
  • 【GDC 2013】オートデスク、ブランドを刷新 「折り紙」をモチーフにした新ロゴも策定
  • 【GDC 2013】オートデスク、ブランドを刷新 「折り紙」をモチーフにした新ロゴも策定
  • 【GDC 2013】オートデスク、ブランドを刷新 「折り紙」をモチーフにした新ロゴも策定
3Dアニメーションツール最大手のオートデスクは、コーポレートおよび製品ブランドを刷新し、日本の「折り紙」をモチーフにした新ロゴの制定も行うと発表しました。

オートデスクは1982年創業。土木・建築・機械業界向けの「AutoCAD」で成長し、3Dアニメーションツールの「Maya」や「3ds Max」は業界標準としてゲーム、アニメーション、映画など幅広い分野で利用されています。同社の製品は様々な業界の「作り手」に欠かせない道具となってきましたが、クリス・アンダーソン氏の提唱する"Maker"に代表されるような、世界の広がりに対応して更に領域を拡大していく姿勢を明確にするものです。

「オートデスクは常に最先端の技術を取り入れ、お客様に提案してきました。テクノロジーの進化によって、非常に水準の高い技術が一部の人だけのものではなくなり、仕事のスタイルもそれに応じて変化を続けています。私たちは今後も広がる世界に合わせて変化していくつもりです」とオートデスク株式会社の広報・池田一臣氏は述べました。

新たに制定されたコーポレートロゴでは、「Autodesk」の「A」を折り紙をモチーフにしてデザイン。折り紙はクリエイティブであると同時に数学的な幾何学模様を描きます。「A」は折り紙を3回折ったデザインで、これは同社の顧客セグメント「業務用、コンシューマー、教育向け」や「パートナー、お客様、オートデスク」を表すものだということです。

今年も2014年バージョンの「Maya」「3ds Max」「Softimage」「MotionBuilder」などがリリースされますが、それぞれの製品のロゴやイメージも折り紙をモチーフに変更されています。製品イメージは流体をイメージして、それぞれの製品で制作されています。メディア&エンターテイメントの製品は主にブルーを基調としています。

2014年バージョンはWindows 8が正式サポートされる一方、過去の32bit OSはサポート対象外に。動作するプラットフォームはWindows 7もしくは8の64bit環境のみということになります。主な価格は「Maya 2014」と「3ds Max 2014」が53万5500円、「Softimage 2014」が57万7500円、「MotionBuilder 2013」が61万4250円など。出荷開始は4月12日の予定。同日には秋葉原でロンチセミナーが開催され、Ustreamなどで中継も行われる予定。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  2. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  3. サイバーコネクトツー松山社長に聞くゲーム業界を盛り上げる宣言!・・・CC2訪問(前編)

    サイバーコネクトツー松山社長に聞くゲーム業界を盛り上げる宣言!・・・CC2訪問(前編)

  4. 体感型筐体「VR センス」がいち早くプレイできる店舗が登場、『超 真・三國無双』など対応タイトルも発表

  5. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  6. 今週発売の新作ゲーム『地球防衛軍5』『龍が如く 極2』『デッドライジング 4 SE』『L.A.ノワール』『エージェンツ オブ メイヘム』他

  7. 今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

  8. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  9. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  10. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

アクセスランキングをもっと見る