人生にゲームをプラスするメディア

【PAX EAST 2013】超人大統領が大暴れ!『セインツロウIV』ゲームプレイインプレッション

『Metro: Last Light』と『Dead Island: Riptide』の試遊デモが多数設置され、ゲーマーたちでごった返すPAX EastのDeep Silverブースで、まだ発表されて間もないTHQの遺産『Saints Row 4』はクローズドシアターのみでの展示。

ソニー PS3
【PAX EAST 2013】超人大統領が大暴れ!『セインツロウIV』ゲームプレイインプレッション
  • 【PAX EAST 2013】超人大統領が大暴れ!『セインツロウIV』ゲームプレイインプレッション
  • 【PAX EAST 2013】超人大統領が大暴れ!『セインツロウIV』ゲームプレイインプレッション
  • 【PAX EAST 2013】超人大統領が大暴れ!『セインツロウIV』ゲームプレイインプレッション
  • 【PAX EAST 2013】超人大統領が大暴れ!『セインツロウIV』ゲームプレイインプレッション
『Metro: Last Light』と『Dead Island: Riptide』の試遊デモが多数設置され、ゲーマーたちでごった返すPAX EastのDeep Silverブースで、まだ発表されて間もないTHQの遺産『セインツロウIV』はクローズドシアターのみでの展示。セインツのリーダーが遂に大統領となり、エイリアン侵略によって異空間と化したスティールポートでのカオス満点のゲームプレイを、開発者の解説入りで見ることができました。

アンクル・サム風の衣装で町に降り立った大統領がまず最初にとった行動は、おもむろにダッシュし、通行人に殴るかかること。老若男女かまわず急所攻撃でひるませ、前作そのままのフェイスクラッシャーで華麗にフィニッシュ。これも大統領の特権なのでしょうか。

次に新たな武器を紹介。 アナウンストレイラーでも一瞬登場した“Inflate-O-Ray”は、文字通りターゲットの頭を風船のように膨らませて爆死させるという危険な爽快感を持った武器。破裂する瞬間は大変キュートな見た目になります。“Dubstep Gun”は照射した人間が強制的にダブステップのリズムで踊りだしてしまうおバカウェポン。一緒に車までバウンスしてしまうのにはオーディエンスも爆笑の渦でした。

今作では武器の見た目をカスタマイズできるようになり、その一例として、ロケットランチャーを某メキシコ映画よろしくギターケースに変えられたりと遊び心がたっぷり。他にもスーパーファミコンのスーパースコープ風デザインなど奇抜な見た目が存在。

一方、前作から引き継がれる“アクティビティ”を充実させる要素のひとつとして、主人公が巨大メカに搭乗してエイリアンを蹴散らす“メックスーツメイヒム(Mechsuit Mayhem)”が紹介されました。

『セインツロウIV』で最大のウリと言えるのが“スーパーパワー”。今作の主人公は大統領であると同時に超人でもあるのです。車を跳ね飛ばすほどのスピードで走ったり、高層ビルを飛び越えるようなジャンプを繰り出したり、空を滑空してビルの屋上にいる敵の集団に着地攻撃をしかけたりするのはお手のもので、敵を凍結させて粉砕できる “アイスブラスト”、宙に浮かせて投げ飛ばす“テレキネシス”といった能力も使用可能。まさにヒーロー映画やアラレちゃんを思わせるゲームプレイが楽しめ、本作のオープンワールド性がより生かされている印象も受けます。

“スーパーパワー”や新兵器でセインツのリーダーが無敵になったわけではなく、空を覆う巨大な母艦から送りだされるエイリアンの敵も出現。人間の姿に変身して突然襲い掛かってきたりと手ごわい存在で、大型のボスクラスエイリアンも映像の最後に登場しました。

プレゼンテーションは非常に短い内容だったものの、セインツロウ特有の笑いと豪快さを満載したゲームプレイがいっそう強調されているのを確認。しかし、ゲームエンジンやキャラクターの動き、全体の雰囲気を見る限り、一部で指摘される『セインツロウ3.5』というレッテルは、例え開発者がお蔵入りしたDLCからの使い回しを否定していても、残念ながら拭いきれない印象。続編と呼ぶのにふさわしいレベルまで内容を充実させ、ゲームプレイの独立性や新鮮味を出せるかは、今後の開発如何かもしれません。

『セインツロウIV』は北米で2013年8月20日にリリース予定。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. 「キムタクを動かせる」想像できない未来を実現した『JUDGE EYES』―名越総合監督と細川Pに訊く【TGS2018】

    「キムタクを動かせる」想像できない未来を実現した『JUDGE EYES』―名越総合監督と細川Pに訊く【TGS2018】

  3. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  4. PS VR、最近はどうですか?―SIEWWS・吉田修平氏インタビュー【TGS2018】

  5. うまくなりたいと思えば初心者卒業!? TGS会場で『DOA6』新堀プロデューサーを直撃【TGS2018】

  6. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  7. キャラのパンツは毎日変わる!?『夏色ハイスクル』の学園生活について、理事長にインタビューした

  8. 【吉田輝和のTGS絵日記】PSVRリズムアクション『Beat Saber』気分はジ◯ダイの騎士!

  9. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  10. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る