人生にゲームをプラスするメディア

AMDアワード授賞式、ゲーム業界からは『どうぶつの森』『ドラクエX』『パズドラ』の開発者が登壇

ゲームビジネス その他

任天堂『とびだせ どうぶつの森』からは京極あやディレクターが登壇
  • 任天堂『とびだせ どうぶつの森』からは京極あやディレクターが登壇
  • 京極あや氏
  • 『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』で受賞したスクウェア・エニックスの齊藤陽介氏
  • 齊藤陽介氏
  • 『パズル&ドラゴンズ』の山本大介プロデューサー(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)も登壇
  • ゴールデンボンバーのメンバーも登場!
  • 記念撮影の様子
デジタルメディア協会(AMD)は、「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'12/第18回AMDアワード」の授賞式を東京・赤坂の明治記念館で開催しました。ゲーム業界からは、『とびだせ どうぶつの森』『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』『パズル&ドラゴンズ』の3作品の代表者が登壇しました。

大賞/総務大臣賞はアニメ映画の「おおかみこどもの雨と雪」、AMD理事長賞はEPUB 3が受賞しました。残念ながらゲーム関連のコンテンツは授賞に至りませんでしたが、『とびだせ どうぶつの森』のディレクターを務める京極あや氏(任天堂)、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』のプロデューサーである齊藤陽介(スクウェア・エニックス)、『パズル&ドラゴンズ』プロデューサーの山本大介氏(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)の3名が登壇し、「優秀賞」受賞の喜びを語りました。

「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー」は、優秀なデジタルコンテンツ等の制作者を表彰するもので、年間コンテンツ賞「優秀賞」は、2012年1月1日~12月31日の間に、日本国内において発売・発表・注目されたデジタルコンテンツ、デジタル技術を駆使して制作されたデジタルコンテンツが対象となっています。

各優秀賞受賞コンテンツは既報のとおりです。

■年間コンテンツ賞「優秀賞」の授賞作品10作品
1:EOS C300/キャノン
2:EPUB 3/IDPF(国際電子出版フォーラム)
3:宇宙兄弟プロジェクト/コルク&講談社モーニング編集部
4:おおかみこどもの雨と雪/「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会/スタジオ地図
5:ゴールデンボンバー/ユークリッド・エージェンシー
6:しゃべってコンシェル・しゃべってキャラ/NTTドコモ
7:とびだせ どうぶつの森/任天堂
8:ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン/スクウェア・エニックス
9:「NEXT A-CLASS」キャンペーン/博報堂/AOI Pro.Inc/Production I.G., Inc.
10:パズル&ドラゴンズ/ガンホー・オンライン・エンターテイメント
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

    【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【海外ゲーマーの声】任天堂・岩田聡が逝去 ― ユーザーフォーラムに多数の追悼コメント届く

  5. クリエイターズファイル 任天堂竹内高さん(Gpara.com)

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  8. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  9. 「DXライブラリ」がPS Vita/PS4に対応!既存ゲームの移植や新規開発をスムーズに

  10. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『.hack//G.U. Last Recode』『Spintires: MudRunner』他

アクセスランキングをもっと見る