人生にゲームをプラスするメディア

『Angry Birds』のRovioが日本事務所設立 ― キャラクター本格展開スタート

『Angry Birds』はシリーズ累計ダウンロード数17億を突破し、世界中で人気を集めている大ヒット作だ。フィンランドのRovio Entertainment Ltd.が産み出した本作のキャラクターは、今や世界一有名な「鳥」と言えるまでに成長を遂げた。

ゲームビジネス その他
『Angry Birds』のRovioが日本事務所設立 ― キャラクター本格展開スタート
  • 『Angry Birds』のRovioが日本事務所設立 ― キャラクター本格展開スタート
スマートフォン向けアクションパズルゲーム『Angry Birds』(アングリーバード)はシリーズ累計ダウンロード数17億を突破し、世界中で人気を集めている大ヒット作だ。フィンランドのRovio Entertainment Ltd.(ロビオ・エンターテイメント)が産み出した本作のキャラクターは、今や世界一有名な「鳥」と言えるまでに成長を遂げた。

この『Angry Birds』のキャラクターが日本市場に本格進出する。このほど東京・渋谷にロビオ・エンターテインメント日本事務所が設立され、アンティ・ソンニネン氏が代表に就任した。日本でも人気のゲームのキャラクターグッズやアニメなどを幅広く展開することを目指す。

第1弾として、3月9日からは、はずれなしのキャラクターくじ「みんなのくじ Angry Birds」を全国のローソンや書店にて発売開始した。くじの価格は1回500円。A賞からF賞までのいずれかが当たる仕組みで、全13種類のグッズを用意している。

Rovioは日本市場での本格的な活動開始について、「より多くの人にAngry Birdsの世界を楽しんで欲しい、幅広いPR活動を行っていく」としている。とりわけ今回の発売開始したくじは日本独特のマーケティング手法であり、全世界が注目していると話す。

今後も、関連商品の充実、アニメーション、マンガ出版など、幅広いエンタテインメントを展開するという。ソーシャルゲームで人気のキャラクターの認知度拡大を目指す。

『Angry Birds』は、2009年12月にフィンランドのRovio EntertainmentがiPhone)向けに開発したアクションパズルゲーム、その後Android版、PC版も開発され、シリーズ累計ダウンロード数は全世界で17億を超える。

3月11日にはキャラクターが活躍するアニメ作品『Angry Birds TOONS』も発表されたばかりだ。2016年夏には3DフルCGアニメーション映画『Angry Birds』の公開も予定されている。今後はゲームだけでなく、映画やキャラクターの活躍も期待される。
《アニメ!アニメ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  2. Unrealはここまできた!驚異の最新デモをチェック・・・「Unreal Japan News」第18回

    Unrealはここまできた!驚異の最新デモをチェック・・・「Unreal Japan News」第18回

  3. 話題の“ゼロ距離エンターテインメント”がいよいよ本領発揮!Oculus Quest 2配信ソフト『ユージェネ VR Live β』体験会をレポート

    話題の“ゼロ距離エンターテインメント”がいよいよ本領発揮!Oculus Quest 2配信ソフト『ユージェネ VR Live β』体験会をレポート

  4. 「にじさんじ」運営のANYCOLORが上場―時価総額は約1,652億円越えの大躍進!

  5. メタバースってなあに? 『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

  6. 【DEVELOPER'S TALK】ミク好きが作ったミク好きのための『初音ミク -Project DIVA-』開発秘話

  7. 『The Last of Us Part 3』のストーリーの大筋は存在するが現在は制作していない―ディレクターがポッドキャストで発言

  8. 【昨日の人気記事チェック】宮本茂氏、ゲーム開発者が選ぶヒーロー第1位に選ばれる(6月16日)

  9. 米ジョージア州、州内で開発されたゲーム等に減税措置

  10. 日本一ソフトウェアの成長戦略が公開 ─ コンシューマビジネスの改善と「NEW BRAND」の設立を目指す

アクセスランキングをもっと見る