人生にゲームをプラスするメディア

『Castlevania –Lords of Shadow– 宿命の魔鏡』を遊んできた!プレス体験会では体験版の配信も発表

コナミは2月26日、東京・銀座のヴァンパイアカフェで『悪魔城ドラキュラ』シリーズ最新作である、ニンテンドー3DSソフト『Castlevania –Lords of Shadow– 宿命の魔鏡』のプレス体験会を開催しました。ゲームの体験はもちろん、3月18日から始まるコラボメニューも登場!

任天堂 3DS
ヴァンパイアカフェの主「ローズ男爵」
  • ヴァンパイアカフェの主「ローズ男爵」
  • 待望の新作!
  • 怪しげな雰囲気である・・・
  • 個室で食事とゲームをプレイしました
  • 筆者のシート
  • 本作開発MercurySteamのデイブ・コックス氏
  • 右:ローズ男爵<br>左:佐藤健次氏(コナミデジタルエンタテインメント)
  • 素敵なコラボメニューの詳細は別記事でご紹介します!
コナミは2月26日、東京・銀座のヴァンパイアカフェで『悪魔城ドラキュラ』シリーズ最新作である、ニンテンドー3DSソフト『Castlevania –Lords of Shadow– 宿命の魔鏡』のプレス体験会を開催しました。ゲームの体験はもちろん、3月18日から始まるコラボメニューも味わうことができました。

まるで血を思わせるかのような赤を基調とした店内の配色はまるで異世界、まさにヴァンパイアの館といった印象でした。さらに、不気味なオブジェや、怪しいシャンデリアなど、「非日常」という言葉がふさわしい店舗は、ゲームの世界観にもぴったりでした。

そんなヴァンパイアカフェで開催された体験会は、コナミの担当者もドラキュラのコスプレで登場する凝りようで、期待は高まるばかり。まずは、前作『Castlevania –Lords of Shadow–』に引き続き本作の開発を務めたデイブ・コックス氏のビデオレターが放送されました。

本作は既報の通り、前作から25年後を描いた作品で、前作主人公のガブリエル・ベルモンドの息子であるトレバー・ベルモンドを操作し、親子二代の物語を体験していきます。3人称視点でのアクションゲームだった前作ですが、本作はシリーズの原点ともいえる「横視点スクロール」で描かれています。前作で初めて海外メーカーが開発を務めたことが話題を集めましたが、本作では「横スクロール」も初めて海外スタジオが手掛けることになりました。

このことについてコックス氏は「古き良き時代のファミコンやスーパーファミコン作品を意識して開発した」とコメントし、「日本のファンに受け入れられるか、非常に楽しみ」と語りました。海外・欧州のクリエイターが制作する横スクロール作品が、果たしてどのような仕上がりになっているのか、ぜひ注目していきたいところです。

ビデオレターの放送後は、ヴァンパイアカフェの主である「ローズ伯爵」も登場し、3月18日から4月30日までの期間限定コラボメニューが発表されました。こちらのメニューや店内の雰囲気は別記事で詳しくお伝えしますのでお楽しみに。

美味しいメニューに舌鼓をうった後は、3時間ほどプレイすることができました。ここからはゲームのプレイインプレッションをお伝えします。

まず、横スクロール作品ということだけあって、非常に懐かしい印象を受けました。お馴染みのロープアクションは健在で、その動きにも懐かしさを感じざるをえませんでしたし、MercurySteamの本作に対するこだわりを垣間見たようにも思います。

ゲームオープニングでは、前作のストーリーが独特のアニメーションで描かれていますが、どこか雰囲気も暗く、筆者が子どもの頃に遊んだスーパーファミコン時代の作品を彷彿とさせます。ゲーム画面も、良い意味で暗く、ゴシックホラーな世界観をしっかりと演出していました。

戦闘については、一言で表すなら「骨太なアクションゲーム」です。システム自体は、近年や前作など3Dアクションシリーズ作の影響も感じますが、やはり横視点ということもあり、古き良き時代の作品を意識させられます。また、経験値とレベルの概念があるので、レベルをあげることで新たなスキルを覚えることができました。序盤は単調な攻撃しかできませんが、徐々にバリエーションが増えていくので非常にやりがいがあります。

ダンジョンは探索型になっており、初回は行けない場所も多く、ロープアクション習得後や謎解き後に戻ってくる必要がある場所もありました。ところが、マップ画面にメモを残せるので、非常に快適です。

どうしても久しぶりの横スクロール作品ということで「懐かしい」という表現をしましたが、戦闘や、細かなUIなどは今の時代にあわせた新しさも感じ、ちょうど良いバランスで両者が釣り合っているという印象です。難易度は常時選択可能でしたが、通常の難易度でも、かなり歯ごたえのあるゲームを楽しめるのではないかと思います。

ユーザーの皆さんも期待されていることと思いますが、体験版も3月上旬に配信される予定とのことですので、是非ダウンロードして遊んでみてください。

『Castlevania –Lords of Shadow– 宿命の魔鏡』は3月20日発売予定で、価格はパッケージ・ダウンロード版ともに4,980円(税込)です。

(C)Konami Digital Entertainment Developed by Mercury Steam
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

    『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. 『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』で配信して欲しいタイトル1位は『MOTHER2』!人気タイトル勢揃いな読者の熱い思いをお届け【読者アンケート】

    『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』で配信して欲しいタイトル1位は『MOTHER2』!人気タイトル勢揃いな読者の熱い思いをお届け【読者アンケート】

  4. 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ

  5. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  6. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  7. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン図鑑完成を目指すときのコツ!400種類コンプを目指そう

  8. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  9. 『あつまれ どうぶつの森』6つのコツを抑えてキノコを集めよう! 大事なのは木の種類と島の環境

  10. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』インパのアクションが爽快通り越して「蹂躙」って感じでキモチイイ!

アクセスランキングをもっと見る