人生にゲームをプラスするメディア

【MWC 2013】日本のスマホアプリ利用状況を分析する「App Analytics Report」FULLER社

ゲームビジネス その他

ブース風景
  • ブース風景
  • スマホアプリの利用状況
  • 配布されていたチラシ
  • 「ぼく、スマホ」はおじさんを育てる
  • 重いアプリはカロリーが高く、消すとおじさんが育つ。スマホは軽くなる
社員のほぼ全てが高専の卒業生だという筑波のベンチャー・FULLER株式会社が、バロセロナで開幕した「Mobile World Congress」でJETRO(日本貿易振興機構)が主宰する「ジャパンパビリオン」にブースを構えていました。

FULLERはスマートフォン向けのアプリを開発している企業で、主力となっているのは、不要なアプリをアンインストールしたり、シャットダウンすることで端末の動作速度やバッテリー消費を抑える「ぼく、スマホ」「AppQuarium」というアプリです。これらは単なるユーティリティではなく、こうした行為を通じて、前者は"魚"、後者は"おじさん"の調子を整えたり、育成したりといったゲーム的要素を組み込むことによって楽しみを与えてくれる作りとなっています。

MWCでは、こうしたアプリで収集した情報を元に、日本におけるスマートフォンのアプリ利用状況をユーザー属性別にまとめた「App Analytics Report for MWC」として1枚のチラシにまとめて配布。例えばアプリの利用時間はゲーマーでは夜型ですが、社交的な人は朝と深夜といった特徴が分かるものとなっています。今後はこうした統計情報をビジネス化したい意向ということで、海外展開も視野に入れ、今回のMWC出展となったようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  2. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

    国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  3. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  4. 迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

  5. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  6. トミー、「ポケモン」ぬいぐるみに針混入、検針検査を実施へ

  7. 【CEDEC 2010】10カ月でPS3タイトルを開発するために・・・『龍が如く』の実例

  8. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  9. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 鎖に繋がれた美しき少女と共に世界に色と音を取り戻せ!VRステージクリア型謎解きゲーム『VoxEl』体験レポート

アクセスランキングをもっと見る