人生にゲームをプラスするメディア

クロスプレイも可能『討鬼伝』ゲーム詳細公開

コーエーテクモゲームスのオメガフォースが手掛ける完全新規のPS Vita/PSPタイトル『討鬼伝』ですが、公式サイトがオープンし、ゲーム内容の詳細情報が公開されました。

ソニー PSV
『討鬼伝』メインビジュアル
  • 『討鬼伝』メインビジュアル
  • ボス鬼 ゴウエンマ
  • ボス鬼 ミフチ
  • 雑魚鬼 ガキ
  • プレイヤーキャラクター 男 太刀
  • プレイヤーキャラクター 女 太刀
  • NPC 桜花(おうか)
  • PS Vita実機画面:ボス鬼「ゴウエンマ」戦 太刀戦闘
コーエーテクモゲームスのオメガフォースが手掛ける完全新規のPS Vita/PSPタイトル『討鬼伝』ですが、公式サイトがオープンし、ゲーム内容の詳細情報が公開されました。

“鬼”との終わらない戦いが続く世界。プレイヤーは特別な力を持つ“モノノフ”と呼ばれる戦士となり、人の世を滅びから守るため、仲間と共に“鬼”との死闘を繰り広げる「迫力の部位破壊ハンティングアクション」の本作。

強大な“鬼”との戦いでは、“鬼”の体の一部を斬り落とし、破壊する爽快感を“部位破壊アクション”として実現。そして、最大4人までのマルチプレイに対応し、PS VitaとPSP間でのクロスプレイや、アドホックモードでの共闘が可能。また、PS Vitaでは、インフラストラクチャーモードにて全国の“モノノフ”たちと共闘が可能です。

■ストーリー 序章
古より、“鬼”と呼ばれる異形の存在と戦う者たちがいた。彼らを称して「モノノフ」(鬼ノ府)という。千年の長きに渡り、「モノノフ」は歴史の影で人の世を守り続けてきた。
しかし、太平の時代の末、突如、大いなる災厄が訪れる。時が歪み、天地が裂け、各地に異界が出現……かつてない大量の“鬼”があふれ出したのである。
多くの土地が“鬼”に飲み込まれる中、「モノノフ」は生き残った人々を里に迎え入れ、“鬼”に立ち向かった。七日七晩……短くも熾烈な戦いの後、かろうじて人間の勢力圏を守り通した。
後に「オオマガドキ」と呼ばれるこの災厄を経て、「モノノフ」は人の世を守り、治める組織として、歴史の表舞台に立つこととなった。
それから八年――いまだ終わらぬ“鬼”との戦いの最前線に、新たな戦士が派遣される。
人の世を滅びから守るため、モノノフたちよ、“鬼”を討て!


■アウトライン
・断ち斬り、貫き、打ち砕け!迫力の部位破壊アクション
プレイヤーが闘う相手には、人間の数倍はあろうかという巨大な“鬼”も登場します。その鬼を倒すには、ただやみくもに攻撃するだけではなく、腕や足などの部位を断ち斬り、貫き、打ち砕くことで破壊する必要があります。刀や弓などバリエーション豊かな武器を上手く使い、仲間のモノノフと連携して鬼を倒しましょう。

・和と歴史に彩られたオリジナル世界!
物語の舞台は、“鬼”の力で時空が歪められた異世界。プレイヤーは鬼を討伐する組織「モノノフ(鬼ノ府)」の拠点の一つ、ウタカタの里に配属された新米モノノフとなり、古代から幕末まで、時空を超えて様々な時代に降り立ちます。コーエーテクモが得意とする“和”と“歴史”に彩られたオリジナルの世界がプレイヤーを待ち受けます。

・主人公を取り巻く仲間たち
新米モノノフとして闘いの世界に入るプレイヤーを待ち受けるのは、数々の“鬼”と戦ってきた百戦錬磨の“ウタカタの里”のモノノフたち。並外れた剣の腕を持ち、組織内で右に出る者がいない“桜花”のほか、魅力的なキャラクターたちを交えてのストーリーが展開します。彼らはプレイヤーとともに戦闘に出るなど、ゲームプレイ中も主人公を支えます。

・全国のモノノフたちと共闘せよ!充実のマルチプレイ機能
本作は、PS VitaとPSP間でのマルチプレイを楽しめる「クロスプレイ」に対応し、最大4人までのマルチプレイが可能です。身近な仲間たちとのアドホック通信による共闘や、インフラストラクチャーモードによる全国のモノノフたちとの協力プレイ(PS Vita版)など、プレイヤーのプレイ環境に合わせてマルチプレイをお楽しみいただけます。

『討鬼伝』は2013年発売予定となっており、価格、CEROレーティング等は現在未定です。

(C) コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【4月21日】─「ゲオアプリ」への応募は明日まで、他2件の受付も展開中

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【4月21日】─「ゲオアプリ」への応募は明日まで、他2件の受付も展開中

  2. 『大神』本日4月20日で15周年─「アマテラス」と「イッスン」の名コンビが“筆しらべ”でナカツクニを救う! 水墨画のような美麗デザインも見惚れるばかり

    『大神』本日4月20日で15周年─「アマテラス」と「イッスン」の名コンビが“筆しらべ”でナカツクニを救う! 水墨画のような美麗デザインも見惚れるばかり

  3. 『NieR Replicant ver.1.22474487139...』原作の海外版『NIER』演出を完全再現!もう1つの「アトラクトムービー」公開

    『NieR Replicant ver.1.22474487139...』原作の海外版『NIER』演出を完全再現!もう1つの「アトラクトムービー」公開

  4. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【4月20日】─「ドン・キホーテ」が新たな抽選受付を開始

  5. 『グラブル ヴァーサス』射撃が得意な「ユーステス」参戦!既存8キャラのバランス調整や不具合修正も実施

  6. 『Apex Legends』新レジェンド「ヴァルキリー」は『タイタンフォール2』の強敵ボスの娘!その父「バイパー」の活躍をご紹介

  7. HDリマスター『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』自分だけの世界地図を作り出していく「ランドメイクシステム」や奥深い戦闘システムの詳細が明らかに

  8. 『モンハン:ワールド』俺たちの相棒「受付嬢」のかわいい姿を見よう! “全DLC衣装”でじっくり楽しむ受付嬢フォトコレクション【ワールド編】

  9. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【4月19日】─新たな抽選販売が2件スタート、「ソフマップ渋谷マルイ店」ほか2店舗も受付を展開

  10. 『原神』日本がモチーフとされる新エリア「稲妻」のコンセプトアート初公開!『崩壊3rd』の「八重桜」に似たキャラも…

アクセスランキングをもっと見る