人生にゲームをプラスするメディア

次世代Xboxはモーションデバイスを同梱か、英誌「EDGE」が詳細を伝える

マイクロソフト Xbox360

写真提供:Getty Images
  • 写真提供:Getty Images
英国の雑誌EDGEは次世代Xboxに関しての詳細を伝えています。Xbox LIVEの重要性がより高まり、進化したKinectが同梱されるようです。

EDGEは実際に次世代Xboxを触ったソースからの情報としながら、以下のような情報を伝えています。

・Xbox LIVEなどオンライン機能が更に強化・拡充
・引き続きディスクでのゲーム販売も行われる
・ディスクは50GBのブルーレイディスク
・ゲームには認証コードが同梱され、認証が必須となり中古は弾かれる
・世間で言われているようなスペック情報は正しい
 CPUはAMD製 8コア x64 1.6GHz
 GPUはD3D11.x 800MHz
 メモリは8GBのDDR3 RAM
・ハードディスク容量はまだ決まっていない
・Kinectを進化させたハードが本体に同梱される
 (ソニーもカメラを進化させた同様のモーションデバイスを用意するとも指摘)

次世代のプレイステーションとXboxはいずれもPCに近いアーキテクチャを持つ一方、EDGEは複数ソースからの証言としてプレイステーションの方が性能を引き出しやすい設計が出来ていると伝えています。また、開発者は次世代Xboxではライブラリを通じてハードウェアにアクセスするしかできず、次世代プレイステーションでは直接ハードウェアを叩くことも許可されているとのこと。また、次世代XboxはOSのオーバーヘッドが大きいものになっているとも指摘されています。

ソニーは20日に「PlayStation Meeting 2013」を開催して次世代プレイステーションをお披露目すると見られています。マイクロソフトとしてもそう遠くない時期に次世代Xboxを披露する日が来ると考えられます。待ち遠しいですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 【特集】なぜ今、Xbox Oneで新作STGをリリースするのか…『雷電V』開発者が語るSTGの過去と未来と変化について

    【特集】なぜ今、Xbox Oneで新作STGをリリースするのか…『雷電V』開発者が語るSTGの過去と未来と変化について

  2. 本気カルシューティング『トラブル☆ウィッチーズ ねぉ!』Xbox LIVE アーケードで今冬に配信決定

    本気カルシューティング『トラブル☆ウィッチーズ ねぉ!』Xbox LIVE アーケードで今冬に配信決定

  3. Xbox One『黄泉ヲ裂ク華』発売延期、2018年夏頃に─ジャンルもダンジョンRPGに変更

    Xbox One『黄泉ヲ裂ク華』発売延期、2018年夏頃に─ジャンルもダンジョンRPGに変更

  4. Xbox One/PC『Project Spark』配信終了、サービス提供もストップ

  5. ハドソン、Kinect対応ソフト第1弾は体感スポーツ『DECA SPORTA FREEDOM』12月16日発売

  6. ハイエンドXB1「Project Scorpio」スペック一部判明!SoCはAMDと共同開発

  7. レア社の名作30本をセットにした『Rare Replay』8月6日発売…『バンジョーとカズーイ』3作品など

  8. 【VRLA2017】マイクロソフト「HoloLens」を使った壮大な宝探しにチャレンジ

  9. Xbox One「Day One Edition」を画像で徹底解説 ― 開封からセットアップ、TV Setupなどを早速試してみた

  10. 【ガチレポ!】第44回 3DS版配信決定!ユル~く楽しいアパート経営タワーディフェンス『メゾン・ド・魔王』を紹介

アクセスランキングをもっと見る